ネオクラシックモデルの筆頭として2016年からヤマハが打ち出す「XSR」シリーズ。そのレトロさとスポーティさが融合した独特のスタイルに魅了されたライダーも多いが、国内ではXSR700、900の大型クラスしか正規販売がされていない。悔し涙を流した普通免許、小型免許のライダーも多いことだろう。

しかし、海外では2021年からライトクラスの「XSR125」が発売されている。日本では原付二種にあたる125ccながら、スタイリングは大型XSRシリーズそのままという、まさに普通免許ライダーにとって垂涎のモデルだ。
そしてこのXSR125、2023年には国内発売と予想されるのだ!

ネオクラシックの125という選択肢

高い経済性とあなどれない機動力で人気の125ccクラスだが、ヤマハは2022年現在、スクータータイプ以外の125ccモデルを国内発売していない。しかしミッション付きモデルの需要が大きいことは、ホンダ「ハンターカブ」の大人気ぶりをみれば明らか。
ホンダはカブに続き「DAX125」も発売を開始し、着実にこのクラスの市場をつかもうとしている。もちろんホンダ以外のメーカーも黙ってはおらず、スズキはフルカウルスポーツの「GSX-R125」をラインナップ。そんな中、ヤマハがこの市場に食い込まないはずがない!

そこでヤマハが投入すると予想したいのは、欧州モデルの「XSR125」だ。XSRシリーズのスタイルをそのままの完成度は非常に高く、小排気量モデルにありがちなチープさはまったくない魅力的なモデルであり、純然たる「ネオクラシック」として国内125ccクラスに殴り込むにはふさわしい存在感を持つ。ユーザーにとって新しい選択肢となることだろう。

 

2023_YAM_XS125SV_EU_SMX_STU_001_03

XSR125は2021年、欧州向けに発表された。XSRシリーズに共通するクラシカルなスタイルに、11kW(15PS)/10,000rpmの出力を発揮する124cc水冷OHC単気筒エンジンを搭載。倒立フォークや6速ミッションを採用し、小排気量ながら操作感を楽しめるモデルとなった。写真は2022年にはグラフィックをさらにクラシックに変更し、スポークホイールを採用した「XSR125 レガシー」

 

2023_YAM_XS125SV_EU_SMX_STU_004_03

2023_YAM_XS125SV_EU_SMX_STU_002_03

 

XSR125 Legacy Action images

ヨーロッパにおいても日本の「小型二輪免許」に該当する「A1」免許区分があり、このため125ccモデルへの需要は高い。日本では通勤・通学で利用するライダーも多い125ccモデルだが、欧州でもその立ち位置は似ているのだ。XSR125の発売時キャッチコピーは「モダン・コミューター」、毎日の通勤をスタイリッシュに、スポーティに楽しもうというコンセプトだ。

 

排気量以上のクオリティに所有感抜群!

まず目を惹くのは、XSRシリーズの上位モデルを踏襲するデザイン。直線基調のタンクやショートシート、ショートサイレンサーといったパーツで、スタイリッシュな独特のシルエットを再現している。しかし注目するべきはその細部の作りこみのクオリティだ。シートはタックロール風のステッチラインが刻まれ、125ccとは思えないツインスパーフレームも非常にレーシー。前後ブレーキにはABSが標準装備され、円形の液晶メーターはブラックアウトされたネガLCDディスプレイに、タコメーターと燃料計、インジケーターをシンプルにまとめている。さらにヘッドライト・テールライトはLEDで、フロントフォークは倒立。手抜きのない高級感に満ちている。

 

2023_YAM_XS125SV_EU_SMX_STA_006_03

単なるレトロデザインに終わらない、マスバランスのまとまったシンプルなデザインは非常にXSRシリーズらしい。カラーリングは欧州では単色を基調としたビビッドなものだったが、「レガシー」モデルではヘリテージなヤマハのモデルをイメージしたグラフィックが追加された。

 

XSR125 Legacy Detail images

シートはタックロール風のステッチ入り。この点は上位XSRシリーズとは異なるが、クラシックな雰囲気はスタイルを壊さない。やや薄めに見えるが、実際の座り心地が気になるところだ。

 

2023_YAM_XS125SV_EU_SMX_DET_007_03

フレームはレプリカモデルのようなツインスパーのデルタボックスフレームだ。材質はスチール製。スタイルもさることながら、クラス以上の剛性を発揮してくれるのだろうか!?

 

2021_YAM_XS125_EU_VRSK_DET_008_03

メーターは黒い背景のネガタイプ液晶だ。タコメーター、燃料計、各種インジケーターランプがすべてまとめられており、スッキリした雰囲気を壊さないデザイン。丸い小型のヘッドライトにもよく似合う。

 

2023_YAM_XS125SV_EU_SMX_DET_009_03

ヘッドライト・テールライトはともにLEDを採用。このためチープさは一切感じられない。惜しいのはウィンカーのみ一般的なバルブを採用している点だが、カスタムの余地があると考えてもいい。

 

2023_YAM_XS125SV_EU_SMX_DET_002_03

倒立フロントフォークを採用。近年のハイレベルなスポーツマシンでは一般的な装備となったが、125ccのコミューターであっても手を抜かないというコンセプトを感じる。

 

エンジンはシンプルな水冷4サイクルSOHC124ccのもので、出力は11kW(15PS)/10,000rpmを発揮。この出力は欧州での「小型二種免許」に相当する「A1」免許で運転できる上限だ。そのコンポーネントはXSR125と同じく海外向けに販売されている「YZF-R125」「MT-125」と同一。「VVA(バリアブル・バルブ・アクチュエーション)」を採用した上から下までパワフルなもので、加速から巡行まで幅広い回転数での安定した出力を実現している。また、海外モデルが国内で販売されるにあたって、気になるのは各国独自の「排出ガス規制」による障壁だが、XSR125は「EURO-5」基準をクリアしており、これは国内最新基準の「令和2年排出ガス規制」とほぼ同等だ。つまり国内への輸入・販売に関して特に問題はなく、日本での発売は非常に現実的といえる。

 

XSR125 Legacy Detail images

水冷4サイクルSOHC124ccのエンジン。出力は11kW(15PS)/10,000rpm、これは現行スポーツモデルのスズキ「GSX-R125」と同等であり、パワー的問題はないだろう。また採用されている「VVA」により、様々な回転域での最適なバルブタイミングをコントロール。これはバルブの開放を決定するカムを、回転数に応じて最適なものに切り替える機構だ。

 

2023_YAM_XS125SV_EU_SMX_DET_004_03

サイレンサーはショートスタイル。EUヤマハの公開する走行動画では、静かながら歯切れのよいエキゾーストを披露している。

 

来るか!? ヤマハの125を選べる時代!

こんな魅力的なスペックとクオリティを持つXSR125だが、国内発売を考えると、その対抗馬として考えられるのが同じく海外向けに販売中の「YZF-R125」と「MT-125」だ。
どちらも国内のYZFシリーズ、MTシリーズの末弟にあたるモデルながら、小型二輪免許で運転できるガチンコのフルカウルスポーツ、そしてストリートファイターというカテゴリーも、ネオクラシックと同じく現在の125ccクラスには存在しないもの。エンジンの基本コンポーネントはXSR125と同じであるため、当然排出ガス規制もクリア。国内販売にあたるハードルはなにもないのだ。

どれが来ても国内ユーザーにとってはうれしい限りだが、あるいは同時に登場する可能性もゼロではない。そうなれば現在の「ヤマハの125マニュアルミッションがゼロ」という状況から、一気に魅力的なモデルを選び放題となる。2023年のヤマハの動向には要注目だ!

2022_YAM_YZF-R125SV_EU_BWCM_STU_001_03

YZF-R125は2008年に発売されたが、国内販売はいまだ実現していないモデル。アルミスイングアームやブレンボキャリパーを装備し、フルスペックのスポーツマシンとして話題となった。現在の国内市場ではフルカウルのスポーツマシンはスズキ「GSX-R125」しか存在しないが、国内販売が叶えば強力なライバルとなるだろう!

この記事にいいねする

コメント一覧
  1. やま派 より:

    125かよ⁉️
    がっかり😖⤵️

  2. やま派 より:

    125かよ⁉️
    ガッカリ😵⤵️

  3. 古賀 忠昭 より:

    RZカラーも発売して下さい。待ってます。

  4. 匿名 より:

    どうせなら某輸入販売店も輸入しているXSR155を正規販売して欲しい。

  5. 匿名 より:

    125のオフ車は国内0ぢゃん。そこをなんとか。

  6. ハーツ より:

    待ってました!
    是非、実現してほしい

  7. FZ25 より:

    XSR155を現状で正規輸入出来てないのに125を入れてくるとは思えない。

    他社が売れているから指をくわえて見てるはずが無い? ヤマハの普通二輪クラスの現状考えると、そもそも大排気量以外のクラスにそんな意欲は感じられない。

  8. Kawasaki より:

    空冷を出せよ。水冷なんていらねーわ

  9. 匿名 より:

    ヤマハが2種MTを国内販売しないのは規制というよりコスト面の問題かと思っていましたが、何か動きがあったんですかね?q

  10. 匿名 より:

    XSR155と同じタイ生産とはいえ、欧州向け価格70万とかよ?
    ほぼそのままの仕様で日本導入したとして、いくらで売るのさ。

  11. 匿名 より:

    125だったらクルマのファミリー特約が使えるので節約になるな。
    通勤用のスクーター買いかえるかも。

  12. 匿名 より:

    本当にそう思う

  13. より:

    125ccかよ。!!
    サイコーだぜ

  14. 匿名 より:

    カッコいい!

  15. イシコウ より:

    250出してよ❗️

  16. そばめし より:

    155でいいのに。
    それか250くらいでもいい。
    125は保険安いけど意外と不便。パイパスとかね

  17. ななし より:

    自分は田舎なんで125歓迎
    ホイールはキャストホイールがいいですね

    気になる価格は50万までかな?

    ライバルは4車種44万均一

  18. GUEST より:

    XSR125の2023年に
    国内発売より
    第44回東京モーターショーに出展した。
    レゾネーター125を、
    販売してほしい

  19. 匿名 より:

    どうせならWR125Rのほうがいいと思うが。

    本格的な125オフロードはホンダは出してないし、カワサキのKLX125もなくなった今チャンスだとおもう。

  20. GPX250Rii より:

    販売されたら欲しいかも!!
    ただ極太マフラーをどうにかしたいね(笑)
    シュッとしたマフラーなら個人的に好き!

コメントをもっと見る
コメントを残す