高性能パーツを多用しつつ、ZRXらしいスタイルも残す

レッドを基調としたオリジナルのカラーリングが個性を主張するしゃぼん玉のZRX1100。このモデルもカスタム車の登場が徐々に少なくなりつつあるものの、その仕上がりを見ると、ZRX1100のカスタムの可能性はいまだ健在ということを感じさせる。ホワイトのホイールや大型のラジエター、アップライトに設定されたポジションなど、かつて活躍したNKレーサーをイメージさせるルックスとなっているものの、使用されるパーツは現在主流となっているモノが中心となっていて、その走りは現行カスタムマシンにも決してひけを取っていない。

cp147_shabondama_zrx1100_04

cp147_shabondama_zrx1100_05

より軽快で快適に走ることができるように、カスタムは足まわりを中心に進められている。フロントフォークにはオーリンズを採用し、ホイールをゲイルスピードとすることで軽快なハンドリングを獲得。ブレーキはブレンボのキャリパーにガルファーのウェーブディスクを組み合わせており、制動力の向上はもちろん、足まわりのアピアランスにもこだわって作り込まれている。リヤまわりはフロントと同様オーリンズを採用。リヤホイールはリム幅6・00に変更されており、ワイドなハイグリップタイヤの装着も可能になった。スイングアームはオオニシヒートマジック製のワンオフで、増大したリヤタイヤのグリップをしっかりと受け止めてくれる。

エンジンはスタンダードにとどめつつ、吸排気系を中心に変更することでパワーアップを目指した。オオニシヒートマジック製のエキゾーストシステムを採用し、同社製のショートタイプのサイレンサーと組み合わせることで攻撃的なルックスを構築。なお、このサイレンサーは汎用タイプではなく同店が別注したモノとのこと。キャブレターはケーヒンFCRφ37㎜をチョイスし、ストリートでの使用がメインということでファンネル仕様とはせず、K&Nのパワーフィルターを装着している。ハンドルやステップ、シート(スプリームシート)を採用するなど、ライディングポジションにもこだわって製作することで、ツーリングからスポーツ走行まで、幅広いシーンで快適に走ることができるマシンに生まれ変わっているのだ。

cp147_shabondama_zrx1100_02

cp147_shabondama_zrx1100_03


カスタムパーツギャラリー

 

cp147_shabondama_zrx1100_06

ZRX1100のノーマルのラジエターでは、スポーツ走行や渋滞といったシチュエーションにおいて、やはり不安はいなめない。
そのためこの車両ではアクティブ製のビッグラジエターを導入することによって、あらゆる状況において安定した性能を発揮できるようになったという

 

cp147_shabondama_zrx1100_07

高性能パーツを正確にコントロールするためには、操作系のカスタムも欠かせない。ブレーキマスターはニッシンのラジアルタイプに、スロットルも変更してコントロール性を高めている

 

cp147_shabondama_zrx1100_10

アナログの水温系が追加されたコックピット。メーターパネルはオダックスのELパネルに変更することで視認性が向上している。ハンドルバーはハーディ、アッパーブラケットはNプロジェクトだ

 

cp147_shabondama_zrx1100_08

レッドを基調にホワイトとゴールドのラインをあしらい、個性的なルックスを追求する。ヘッドライトはレイブリックに変更したことで視認性は向上。スクリーンはMRAのスモークタイプとした

 

cp147_shabondama_zrx1100_12

フェンダーレスキットの採用で、テールまわりはスポーティな印象になっている。なお、テールランプは少し奥に追い込んでおり、ウインカーも小型タイプに変更しているためすっきり感が高い

 

cp147_shabondama_zrx1100_13

シートにはスプリームシートを採用することでポジションの適正化を図っている。街乗りやツーリングでの快適性がアップし、ホールド感の向上など、スポーツ走行でもメリットが多いシートだ

 

cp147_shabondama_zrx1100_09

ケーヒンFCRφ37㎜に変更することでのパワーとレスポンス向上をねらった。ストリートでの使用も多いのでファンネル仕様にはせず、K&Nのパワーフィルターを装着して使用している

 

cp147_shabondama_zrx1100_16

エキゾーストシステムはオオニシヒートマジック製を使用する。サイレンサーは別注のショートタイプサイレンサーを組み合わせていて、大胆にカチ上がったフォルムが迫力のリヤビューを作り出す

 

cp147_shabondama_zrx1100_11

リヤショックはオーリンズに変更しており、路面追従性の向上をねらった。ホイールはアルミ鍛造のゲイルスピード・タイプCを採用。カラーをホワイトとして軽快なイメージに仕上げている

 

cp147_shabondama_zrx1100_14

フロントフォークはオーリンズをチョイス。ホイールの変更にともない、より軽快なハンドリングが楽しめるようになった。フェンダーにはカーボンタイプを採用し、スポーティなイメージに刷新された

 

cp147_shabondama_zrx1100_15

190サイズのタイヤを履くことができるようになったため、オオニシヒートマジックのスイングアームを採用して剛性を高めた。バフ掛けによる光沢がカスタムマシンらしい存在感をアピールする

 

cp147_shabondama_zrx1100_17

ステップはアグラスに変更し、ポジションの最適化とともに操作感の向上もねらっている。スプロケットカバーはポッシュのビレットタイプで、ステップとともにエンジンまわりの質感が高まった

 

cp147_shabondama_zrx1100_18

ブレーキはブレンボのキャリパーにガルファーのφ310㎜ウェーブディスクを組み合わせて制動力の強化を追求している。ホワイトのホイールにはレッドのリムストライプをアクセントに加えた

 


「ZRX1100 by しゃぼん玉本店」の主なカスタム内容

エンジン総排気量 1,052cc
キャブレター ケーヒンFCRφ37mm
エアクリーナー K&N
エキゾーストシステム オオニシヒートマジック
電装系 TGナカガワ HIR
ラジエター アクティブ
ホイール (F)ゲイルスピード タイプC 3.50-17
(R)ゲイルスピード タイプC 6.00-17
タイヤ (F)メッツラー スポルテックM5 120/70-17
(R)メッツラー スポルテックM5 190/50-17
Fブレーキ キャリパー:ブレンボ4ポット
ローター:ガルファー ウェーブディスク
マスター:ニッシン ラジアルポンプ
Rブレーキ ローター:ガルファー ウェーブディスク
Fフォーク オーリンズ
Rショック オーリンズ
スイングアーム オオニシヒートマジック
ハンドルバー ハーディ
シート スプリームシート
ステップ アグラス


問い合わせ
しゃぼん玉本店
住  所 : 愛知県日進市藤塚7-55
電話番号 : 0561-72-7050


情報提供元 [ カスタムピープル ]

この記事にいいねする

コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら
 

カワサキ ZRX1100の価格情報

カワサキ ZRX1100

カワサキ ZRX1100

新車 0

価格種別

中古車 12

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

88.2万円

価格帯 63~110万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

87.86万円

価格帯 73~96.19万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す