オーナーの好みを最大限反映させつつ妥協しない作り込みを見せる

バイクのカスタムとは千差万別であるが、個人カスタムにしてもショップカスタムにしても、共通するのは“オーナーにとっての理想の形を作り上げること”であることに違いはない。もちろん走行性能を損なうカスタムでは本末転倒なので、良心的なカスタムショップはそのような変更を許容しないことが多いが、安全性や性能に直結しない、たとえばカラーリングやパーツ形状などはオーナーの自由意思が尊重されることがほとんどだ。

カスタムシーン全体から見ると、落ち着いた雰囲気のマシンを製作することで知られるサンクチュアリー本店ではあるが、時折、従来とは違うスタイルのマシンが登場することもある。そのほとんどはオーナーの要望に沿った形なのだが、今回紹介するこのZ1000MkⅡもオーナーの好みを最優先して設定されている。

外観上、高い位置に配置されたように感じるヘッドライト&ビキニカウルはハンドルバーを高くしたことの影響だ。スポーツ走行を志向するならハンドルバーは低くしたいと思う人も多いだろうが、オーナーはツーリングなとでの快適性も重視し、高いハンドルバーを希望。そのハンドルありきでビキニカウルは決定されるので、フロントがかなり高くなった印象だ。そしてフロントが高く見える影響もあってかリヤがローダウンしたかのように見えるのだが、車体のディメンションは同社コンプリートマシン・RCMと同じ。RCMに共通する“かつてのフラッグシップモデルに現代的な走行性能を与える”というコンセプトに揺るぎはない。そのスペックは現代的な走行性能を追求したものだ。

kawasaki Z1000Mk

前後ホイールを17インチとし、現代的なハイグリップタイヤを装着して1970年代のバイク以上の激しい走りができることを目指している。その走りを支えるフレームには同社の補強メニューが加えられ、さらに同社で専用設計したスカルプチャー製ブラケットやスイングアームで車体姿勢を前後17インチ化に適した状態を構築。サスペンションの中核パーツにはオーリンズ製ショックユニットを、そしてハイスピードレンジ化してもなお車体を確実かつ安全に制動できるようブレンボ製キャリパーやマスター、サンスター製ローターを採用している。また先に挙げたホイールもO・Zレーシング製ガスRS-Aとアルミ鍛造製ホイールの最新モデルを採用し軽量化とジャイロ効果低減による旋回性アップをねらった。

エンジンは希少な空冷Z系であることを加味してライフ重視のスペックとするが、吸排気をヨシムラTMR-MIN、ナイトロレーシング製フルチタンエキゾーストで整えることでパワフルな特性を追求。ワインディングはもちろん街中でもストレスフリーな状態を目指した。

ただ、こういったパーツを装着するだけなら単なるデコレーションになってしまうところだが、マシンとしての完成度を高めるため、同社ではフィッティングにもかなりの時間を要している。たとえばビキニカウルだ。基本的にビキニカウルを装着する際には外した状態を想定せず、裏側にステーを追加し、確実に固定できるようにしていることも少なくない。ところがこのマシンではビキニカウルを取り外しての運用も前提とし、ビキニカウルを確実に固定させつつ、外せばそのままの状態でネイキッドとして成立するようにヘッドライトユニットの選定やステー位置を熟考しているという。

ビキニカウルは一例ではあるが、細かい話をすればプラグコードやブレーキホースの角度なども意外なほど時間をかけて決定されている。細かい場所にも時間をかけて取り組むことで全体の統一感や完成度も高まる、というのがサンクチュアリー本店のカスタムマシン製作で共通する哲学だ。このマシンもまた、同社の心尽くしが込められている。


カスタムポイント

kawasaki Z1000Mk

ツーリングでの防風効果アップを期待してZ1Rのビキニカウルを採用する。ただ、もとが希少価値の高いZ1000MkⅡということもあり、気軽にMkⅡに戻せる構造とした。もちろんZ1Rのカウルステーそのままではライトリムなどが残って違和感が生じるので、その点も考慮して装着するように加工されている。違和感ない仕上がりだが、そのためには少なくない苦労と時間が注ぎ込まれているのだ。


カスタムパーツギャラリー

ミラーは同社で採用例が多いマジカルレーシング製カーボンモデル。軽量かつ走行時のブレがほとんどなく、ブルーミラーの後方視認性が高いと同社デモ高く評価しているパーツの一つだ



ハンドルバーはポッシュのスーパーバイクバー。このハンドルありきでビキニカウルなどの位置関係が決定。よく見るとメーターなどはZ1000MkⅡそのままであり、取り外すとウインカーなどの移設作業不要でZ1000MkⅡに変身



フロントフォークのオーリンス製正立タイプは同社が展開するE×Mパッケージを活用。同社ではフロントフェンダーなどフォーク交換後に必要になるパーツをセット販売しており、調達コストを削減できると人気だ



エンジンはピスタルレーシング製ピストンでボアアップした他、シリンダーはPAMSのESTライナーでボーリング&ホーニングしたり、クランクケースのポンゴングロス加工、バルブシートカット加工など多岐に渡る加工で信頼性をアップ



ステップはシンプルな造形で人気のナイトロレーシング製をチョイス。動作部にはベアリングを内蔵することで快適性も追求した、同社でも定番かつ人気商品の一つ



エキゾーストシステムはナイトロレーシングのフルチタン製。手曲げのエキゾーストパイプとメガホンタイプのコニカルチタンV-Ⅲサイレンサーを組み合わせた



リヤショックはオーリンズ製レジェンドツイン。カスタムシーンでもっとも多用されているリヤショックの一つといえる人気製品で、それだけにセッティングデータも豊富。オーナーに合わせたセッティングをほどこした



ブレーキキャリパーはブレンボ4ポットキャリパーGP4RX、ローターはサンスターのRCMコンセプトと一級品を投入。ライダースキルを問わずブレーキは重要であり、それだけに一級品で確実かつ安全な制動を追求する



アンダーカウルは人気のナイトロレーシングのカーボンモデルをチョイス。車体下部の導風効果を高めるのはもちろんドレスアップとしても有効だ。キチンとレース対応のドレン穴も用意



スイングアームはスカルプチャーで180サイズの最新ラジアルタイヤにも対応。なおレーシングスタンドアックとスタビライザーは追加工したモノだ。ホイールはZRX1200対応のO・Zレーシング製を流用し、将来の拡張性も考慮する


「Z1000MkⅡ by サンクチュアリー本店」の主なカスタム内容

エンジン総排気量 1,045cm3
ピストン ピスタルレーシングφ71mm
キャブレター ヨシムラTMR-MJNφ38mm
エキゾーストシステム ナイトロレーシング
オイルクーラー ナイトロレーシング
点火系 ASウオタニ SPⅡ
ホイール (F)O・Zレーシング ガスRS-A 3.50-17
(R)O・Zレーシング ガスRS-A 5.50-17
タイヤ ピレリ ディアブロ
Fブレーキ キャリパー:ブレンボ ラジアル4ポット
ローター:サンスターφ320mm
マスター:ブレンボ ラジアルポンプ
ホース:アレグリ
Rブレーキ キャリパー:ブレンボ2ポット
ローター:サンスターφ250mm
マスター:ニッシン
ホース:アレグリ
Fフォーク オーリンズ
ブラケット スカルプチャー
Rショック オーリンズ
スイングアーム スカルプチャー
ハンドルバー ポッシュ スーパーバイクバー
ビキニカウル Z1R
ステー:ワンオフ
シート デイトナ RCMコンセプト
アンダーカウル ナイトロレーシング
問い合わせ
サンクチュアリー本店
住  所 : 千葉県柏市大井554-1
電話番号 : 047-199-9712
Webサイト :  http://www.ac-sanctuary.co.jp/


情報提供元 [ カスタムピープル ]

この記事にいいねする

コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら
 

カワサキ Z1000 MkIIの価格情報

カワサキ Z1000 MkII

カワサキ Z1000 MkII

新車 0

価格種別

中古車 20

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

533万円

価格帯 256.5~663.9万円

諸費用

万円

価格帯 2.5~7.5万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

518.41万円

価格帯 264~666.4万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す