10月1日、カワサキがインドネシアで2023年新型ZX-25Rと上級グレードのZX-25RRを発表した。2020年の発売以来初めてのマイナーチェンジを受けて、先進のインターフェースの採用や環境対応を果たすとともに、初のRRグレードは性能面の躍進も実現。日本での動向も含めて詳細を解説したい。

新型ZX-25R、ZX-25RRはフルカラー液晶メータを新採用

2020年に並列4気筒エンジンを搭載して衝撃的なデビューを飾ったZX-25Rが、またもライバルに差をつけるクラスで唯一の装備を採用した。

新型ZX-25R/ZX-25RRは、従来のアナログ式タコメーター+液晶画面のスピードメーターに代わり、ニンジャ1000SXなどで使われている4.3インチTFT カラー液晶スクリーンを採用。このメーターは、ブルートゥースでスマートフォンと連携することが可能で、スマホアプリ「RIDEOLOGY THE APP」を介して車両情報やライディングログなどの確認もできるようになった。

また、電装類も前後ウインカーを従来の電球式からLEDに変更するなど、より完成度を高めるアップデートを果たしている。エンジンはユーロ4に対応するロングサイレンサーに変更されたが車重は182kg(ABS SEインドネシア仕様比較)を維持。最高出力は未発表なので従来の51PS(ラムエア過給時)から変化するかは不明だ。

2023年型Ninja ZX-25RRインドネシア仕様[KAWASAKI] 新登場のRR。従来型に比べてサイレンサーが長くなっているのが分かる。上級版のRRがKRTカラーを身に纏うことになった。

2023年型Ninja ZX-25R ABS SEインドネシア仕様[KAWASAKI] クイックシフターを標準装備するSEのラインナップも継続。インドネシアではABSなしの仕様も存在している。

4.3インチTFTカラー液晶メーターは、多彩な表示を見やすく配置している。レッドゾーンが17500rpmからとなっており、従来より500rpm高められている。エンジンも改良されているかも知れない。

新しい液晶メーターは、サーキット走行に特化したメーター表示に切り替えることも可能。スピードではなくラップタイムを表示させている。

こちらは従来型ZX-25Rのスピードメーター。情報量は豊富だが見やすさはカラー液晶が上だろう。

サイレンサーは大型化したが、エンジン下のチャンバー部分は小型化しているようにも見える。

フロントウインカーは電球からLEDに変更。

リアウインカーも電球からLEDに変更。

ZX-25RRは、10R譲りのリヤサスペンションを採用

ここまでは、ZX-25Rシリーズ共通の変更について説明したが、RRはパフォーマンスアップに直結する強力な武器を獲得している。

従来から採用していたショーワ製SFF-BPフロントフォークにはプリロード調整機能を追加し、リアにはZX-10Rも採用しているBFRC-lite(バランスフリーリアクッション-ライト)を新採用した。これは、減衰力を外部のダンピングフォースチャンバーで生み出すことで、快適性やトラクション性能の向上を実現する高性能サスとなる。

これに2023年型ZX-10Rと同じライムグリーンのKRTカラーを身に纏い、RRは究極の250ccスーパースポーツモデルとしてライバルに差をつける勢いだ。日本では2023年春の登場が予想されている。続報に注目!

ZX-25RRのみフォークトップにプリロード調整機構を追加した。

ショーワ製BFRC-liteをリアに新採用した。プリロードと圧側と伸び側減衰力を調整できるフルアジャスタブルで、前後ともサーキットユースに対応したRRならではの装備だ。

2022年型カワサキ ZX-25R/SE国内仕様主要諸元(参考)

・全長×全幅×全高:1980×750×1110mm
・ホイールベース:1380mm
・シート高:785mm
・車重:183/184kg
・エジンン:水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 249cc
・最高出力:45PS/15500rpm
・最大トルク:2.1㎏-m/13000rpm
・燃料タンク容量:15L
・変速機:6段リターン
・ブレーキ:F=ディスク、R=ディスク
・タイヤ:F=110/70R17、R=150/60R17
・価格:93万5000円/84万7000円

※諸元一部修正しました(10/3)

この記事にいいねする

コメント一覧
  1. 匿名 より:

    ZX-25R ABS SEも従来型のアナログメーターからデジタルメーターに変わるのですか( ; ; )

  2. 匿名 より:

    アナログメーターの方が好きだったな…
    見辛くても針がぐぐ~って回る方が気分上がる

  3. 匿名 より:

    諸元欄、フロントはシングルディスクではありませんか?
    勿論、ダブルディスクなら嬉しいですが^^

  4. 匿名 より:

    フロントのブレーキをダブルディスクにして欲しい。
    シングルだとなんか手抜き感あるかな。

  5. 匿名 より:

    KRTカラーが、RRのみって特別感が増して良いね!👍物足りないと評判なリアサスを10Rと同等に引き上げてるのも良い。

    フルエキだけでなく、スリップオンにも対応してくれてるなら、メチャ良いね!

    性能的には十分みたいだけど、Fブレーキは、ダブルディスク化して欲しかったかな?RRだけでも。。。笑

    STDで自分色に染めていくか、RRかの2択になりそう。。。自分なら、RR1択かな😊

  6. 匿名 より:

    このメーターいいな〜
    現行25Rに移植できるといいな!

  7. ちひろ より:

    シングルディスクは単純に見てくれのバランスが残念ですよね

  8. 匿名 より:

    正直どんなにハイスペックにしても250なんだから無用な気がする 

  9. 匿名 より:

    小排気量から大排気量まで一通り乗ってきたけど、排気量が多いから必ずしも全てを満たしてるとはならなかったよ、それぞれクラス毎に良さが違うからね。

    クォーターで4気筒の25Rは、スペックを極めていくからこそ価値があると思えるよ、最初は高いな!と思ってたけど、中身の違いを知るとジワる名車だって気付いた笑笑

  10. 匿名 より:

    25RRの値段は6Rに近くなるんじゃないか?
    買う人は両方とも試乗した方が良いかも。

  11. ステルスライダー より:

    派手好みではないのでRRにも黒を設定してほしかった。

コメントをもっと見る
コメントを残す

カワサキ ZX-25Rの価格情報

カワサキ ZX-25R

カワサキ ZX-25R

新車 163

価格種別

中古車 76

本体

価格帯 78.9~93.5万円

90.22万円

諸費用

価格帯 3.5~7.89万円

4.51万円

本体価格

諸費用

本体

84.75万円

価格帯 73.4~107.8万円

諸費用

5.47万円

価格帯 2.2~3.94万円


乗り出し価格

価格帯 82.4~101.39万円

94.74万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

90.23万円

価格帯 77.34~110万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す