9月27日、ホンダが欧州で2023年型レブル500/Sエディションを発表。カラーバリエーションはSTDが3色、Sエディション1色の計4色を全て新色で用意している。日本仕様のカラバリは現時点は不明だが、これらの新色からピックアップされるだろう。

レブル500Sエディションはチタニウムメタリックで登場

欧州で発売されているレブル500は、2020年に排出ガス規制のユーロ5に準拠しており、今回発表された2023年型はカラーリングの変更のみ。カラーバリエーションは継続色なしの全面的な新色採用で、2023年型からカウルやフォークブーツなどが装着されたSエディションがカラー設定され、チタニウムメタリックでの展開となった。STDのカラーは、黒(マットガンパウダーメタリック、灰(パールスモーキーグレー)、赤(キャンディディーゼルレッド)の3色が用意されている。

日本仕様の現行レブル500は、令和2年排出ガス規制に対応して欧州で採用されたカラーもしくは、日本仕様の2023年型レブル250で設定されるパールホワイトのいずれかで発売されるだろう。尚、日本のレブル500では現状用意されていないSエディションが登場するかは不明だ。

2023年型レブル500Sエディション欧州仕様 [HONDA] 欧州ではこれまでS仕様はSバージョンと呼ばれていたが、2023年型では欧州でもSエディションと呼称され、カラーもチタンが設定された。

2023年型レブル500欧州仕様 [HONDA] STDはこのキャンディディーゼルレッドも含めて3色設定されている。この色は日本のレブル250ではSエディションのみに設定される模様だ。

2023年型レブル500欧州仕様 [HONDA] パールスモーキーグレーは流行りのアースカラーの一色。この色は日本のレブル250でも採用されるだろう。

2023年型レブル500欧州仕様 [HONDA] マットガンパウダーメタリックは定番の艶消し黒。この色も日本のレブル250で採用されるだろう。

2022年型ホンダ レブル500国内仕様主要諸元(参考)

・全長×全幅×全高:2205×820×1090mm
・ホイールベース:1490mm
・シート高:690mm
・車重:190kg
・エジンン:水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ 471cc
・最高出力:46PS/8500rpm
・最大トルク:4.4㎏-m/6500rpm
・燃料タンク容量:11L
・変速機:6段リターン
・ブレーキ:F=ディスク、R=ディスク
・タイヤ:F=130/90-16、R=150/80-16
・価格:79万9700円

この記事にいいねする

コメントを残す

ホンダ レブル 500の価格情報

ホンダ レブル 500

ホンダ レブル 500

新車 0

価格種別

中古車 25

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

79.59万円

価格帯 63.8~93.8万円

諸費用

9.05万円

価格帯 5.83~11.2万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

88.65万円

価格帯 75~99.63万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す