23YM HONDA MONKEY 125

9月27日、ホンダが欧州で2023年新型モンキー125を発表した。まるで歴代のアニバーサリー仕様のようなチェック柄シートを採用しており、これは欲しいと思うライダーは多いはず。

モンキー125は2022年にグロムと同じ5速ミッションを採用した新型エンジンを採用しており、今回の変更はカラーリングのみ。このカラーは日本でもぜひ発売して欲しい!

1967年初代モンキーZ50Mのカラーリングを再現!

赤いチェック柄シートに赤のフロントフォークとフレームを組み合わせたカラーリングは、1967年に公道走行可能なモデルとして発売されたモンキーZ50Mがモチーフ。Z50Mは初代として位置づけられている特別な一台で、近年では1997年の30周年や2017年の2017年の50周年モデルでも同様のカラーリングが採用されていた。ただ、2023年は特にメモリアルイヤーでもないのに何故? というタイミングだが、ファンにとってはうれしいカラーリングだろう。

カラーバリエーションは赤(パール ネビュラ レッド)、黄(バナナ イエロー)、黒(パール シャイニング ブラック)の3色が用意されており、全カラーともチェック柄シートを採用している。日本での発売は現時点では不明だが、期待してもよさそうだ。

2023年型モンキー125欧州仕様 [HONDA] 2022年のパールネビュラレッドは、フレームとスイングアームが黒になっていたが、2023年型は骨格部分も赤にし、初代Z50Mのカラーに近づけている。

2023年型モンキー125欧州仕様 [HONDA] 2022年型では黄色が廃止されていたが、2023年は復活。タンクは白と銀の組み合わせがパールネビュラレッドと逆になっている。

2023年型モンキー125欧州仕様 [HONDA] 2022年型のパールシャイニングブラックは継続カラーになったが、チェック柄のシートと銀×白のタンクに変更され、雰囲気が様変わりしている。

1967年に発売されたモンキーZ50M。これ以前にもモンキーは存在していたが、日本で初めて発売されたモデルとしても有名だ。ハンドルとシートを折りたたんで車載できるようにしていた。

こちらは2017年に発売されたモンキー・50周年アニバーサリー。50ccとしては最後となる記念車で、2023年型と同様に1967年モンキーZ50Mのカラーリングを再現した。

2022年型ホンダ モンキー125国内仕様主要諸元(参考)

・全長×全幅×全高:1710×755×1030mm
・ホイールベース:1145mm
・シート高:776mm
・車重:104kg
・エジンン:空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ 123cc
・最高出力:9.4PS/6750rpm
・最大トルク:1.1㎏-m/5500rpm
・燃料タンク容量:5.6L
・変速機:5段リターン
・ブレーキ:F=ディスク、R=ディスク
・タイヤ:F=120/80-12、R=130/80-12
・価格:44万円

この記事にいいねする

コメント一覧
  1. ゴツカワ より:

    また始まった モンキーの色々バージョン。 そのうち メッキだらけもだすかな?

コメントをもっと見る
コメントを残す

ホンダ モンキー125の価格情報

ホンダ モンキー125

ホンダ モンキー125

新車 70

価格種別

中古車 79

本体

価格帯 48.31~57.9万円

50.97万円

諸費用

価格帯 0.84~2.5万円

1.27万円

本体価格

諸費用

本体

52.05万円

価格帯 36~89.8万円

諸費用

3.04万円

価格帯 3.35~3.9万円


乗り出し価格

価格帯 49.15~60.4万円

52.25万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

55.1万円

価格帯 39.9~93.15万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す