2022年4月、袖ヶ浦フォレストレースウェイでThe CB MEETINGが開催され、CBを得意とするショップや個人が自慢のカスタム車を披露した。ここでは、その中でもひときわ可愛く目立っていたCB風カスタムをご紹介。一見CB1100RDとCB750Fボルドール2に見えるが、ちょっと小さい?

問い合わせ:TTRモータース(048-925-8655)

CB1100R風のグロムタイプRは5速仕様の新車ベースでも販売中!

テイストオブツクバの常連ショップで、特にCB系を得意とするTTRモータースが製作したのがこのCB1100R風のグロム。CB1100Rは、1980年代にレース参戦用のホモロゲーションモデルとして少量数が生産された空冷CB-F系の最高峰で、シリーズ唯一のフルカウルのスタイルが今でもファンを惹きつけている。

CB1100Rはさすがに買えないし気軽に乗れない…というライダーは、こちらのグロムタイプRなら存分に楽しめるはず。撮影車は初代JC61ベースと思われるが、TTRモータースでは5速ミッションを新採用した最新型JC92グロムにも対応させており、新車コンプリートを116万円で販売中。

JC92ベースのコンプリート車両は、塗装済みのカウルだけでなくカーボンミラーやオーヴァーのバックステップやオリジナルマフラーも装着されており、外観のイメージは全く変わらない。タイのWAVE125がベースだった4速グロムよりも、スポーティにミッションが最適化された5速エンジンの方がタイプRへのマッチングは良好なはずだ。

旧グロムをベースにしたCB1100R風のタイプR。カウルの形状から1983年の最終型RDをイメージしているのが分かる。黒のメガホンマフラーやゴールドのホイールもRDを忠実に再現している。

こちらが元ネタのCB1100RD。カワサキZシリーズに対抗して1979年にデビューしたCB-Fシリーズの頂点モデルで、1062ccのエンジンは120PSの最高出力を誇った。

現行グロムJC92をベースにしたタイプRはこちら。手前に置いてあるカウルは1981年の初代CB1100RBのカラーリング。この色だとネイキッドのままでもOK。もしくはボルドールと同じハーフカウルにしたいところだ。

CB1100Rでは、軽量化のためにアルミタンクにしていたが、グロムタイプRはタンクカバーでCB1100R風に製作。ノーマルグロムはインナータンク方式を採用しているのだ。

CB1100Rの純正エビテールも再現。シートはシングル仕様でウインカーは純正を流用している。テールカウルサイドのロゴがGROM Rになっているのはセンスの良い遊び心。

アッパーカウルも見事にCB1100Rをデフォルメ。ヘッドライトの両脇にあるダクトやウインカーの下に設置されたホーンもきっちり再現している。

グロムのパイプハンドルはクリップオンのセパレートハンドルに換装。メーターやスイッチまわりはノーマル品を活用している。

CB1100Rシリーズは1983年のRDで角型のボックスタイプのスイングアームを採用したが、それを意識してかオーヴァーのアルミスイングアームを採用。リアショックはオーリンズとして車体を強化している。

エイプ改CB100FボルドールはCBX125Fのロケットカウルで再現

1981年にCB750Fはバリバリ伝説で有名なFBにモデルチェンジ。そして、これをベースにハーフカウルをオプション設定したボルドール2を発売した。TTRモータースが製作したエイプ100タイプDベースのカスタムはこれを再現したものとなる。

エイプをベースにしたCB-Fカスタムは珍しくないが、このカウルのハマり具合は秀逸。オリジナルで製作したと思われるだろうが、CB125Fのロケットカウルを流用したものとなる。CBX125Fではカウルマウントだったウインカーはカウル下に移設された。

TTRモータースは2021年のテイストオブツクバでCB90.0Fを初公開しており、今回のCB100Fボルドールはまた別路線でクラフトマンシップを発揮したもの。面白いのはハンドルをCB750Fと同じセパレートハンドルにしているところで、エイプのフロントフォーク径に合うようにカラーを介して装着している。

2008年に前後ディスクブレーキを標準装備して発売されたエイプ100タイプDをベースにCB-F外装とCBX125Fのアッパーカウルでボルドールルックにしたカスタム。フレームまで塗装された見事な仕上がりだ。

元ネタはこちら。1981年の鈴鹿8耐でホンダが優勝した記念に150台限定で発売された特別仕様車がCB750Fボルドール2。当時はカウルが認可されていなかったためオプション扱いだった。

セパハンにスピード&タコメーターの2眼にグレードアップしたコックピット。ハーフカウルでツーリングも快適だろう。

ヨシムラCRキャブやフルエキゾースト、SPタケガワのパーツでフルチューンされたエンジン。

前後ともセブンスターキャストホイ―ルに換装され、旧車の雰囲気が満点。ベースのエイプは二人乗り対応だがシングルシートにしている。

この記事にいいねする

コメント一覧
  1. 高崎龍二 より:

    本当に 可愛い〜なんか 癒されますね

コメントをもっと見る
コメントを残す

ホンダ グロムの価格情報

ホンダ グロム

ホンダ グロム

新車 53

価格種別

中古車 135

本体

価格帯 35.6~79.15万円

39.38万円

諸費用

価格帯 2.47~3.35万円

3.48万円

本体価格

諸費用

本体

36.82万円

価格帯 22.4~94.8万円

諸費用

2.56万円

価格帯 1.4~3.45万円


乗り出し価格

価格帯 38.95~81.62万円

42.87万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

39.39万円

価格帯 23.8~98.25万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ホンダ エイプ100 タイプDの価格情報

ホンダ エイプ100 タイプD

ホンダ エイプ100 タイプD

新車 0

価格種別

中古車 4

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

41.21万円

価格帯 31~50.49万円

諸費用

0.64万円

価格帯 3.01~3.2万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

41.85万円

価格帯 34.2~53.5万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す