今に続くニンジャZX-10Rは11年型から熟成が図られていて、21年モデルでは機能的なモデルチェンジを受けている。空力特性の追求が開発のメインテーマだったという21年型は、サーキット性能を向上させながらも、誰にとっても乗りやすいマシンに進化していた。

21年型がテーマとしたのは空力特性の向上だった

ジョナサン・レイのライディングでスーパーバイク世界選手権を6連覇しているカワサキは、7連覇に向かって抜かりはないようだ。

21年型ニンジャZX-10R(以下、10R)の開発では、6連覇の実績から、車体は刷新する必要はないと判断した。ホモロゲーションモデルとなるニンジャZX-10RRについては、レースで有利なように上限回転数を引き上げる改良をほどこすも、スタンダード型となる10Rはエンジンを継承した。メインテーマとなったのが空力特性の向上であったという。

→全文を読む

情報提供元 [ カワサキイチバン ]

コメントを残す

カワサキ ZX-10Rの価格情報

カワサキ ZX-10R

カワサキ ZX-10R

新車 4

価格種別

中古車 25

本体

価格帯 232.65~255.75万円

244.2万円

諸費用

価格帯 11.79~15.75万円

13.77万円

本体価格

諸費用

本体

144.69万円

価格帯 64.3~212.4万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 244.44~271.5万円

257.97万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

137.51万円

価格帯 78.49~194.52万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す