秋の新車発表シーズンを前に、カワサキZX-4Rの新情報をキャッチ! より具体的になった4気筒400㏄の姿はいかに? さらに、これまでにない新車種もスタンバイ!?  今月はダブルスクープをお届けしよう!

情報提供元:月刊オートバイ2022年8月号(7月1日発売)
CG:宮窪伸治

ZX-4Rのパワーは60PSオーバー、フロントはWディスクか

1月号で2023年以降のデビューと予想したカワサキのZX-4Rの続報が届いた。モデルイヤーは2023年型になる見込みで、この秋発表になりそうだ。車体はZX-25Rを踏襲する可能性が高く、サイズは250㏄並みにコンパクトになりそうだ。

実は、ZX-25Rのエンジンは、元々は400㏄だったと以前から噂されていて、シャシーが25Rと同じというのは、これを裏付ける情報と言えるだろう。車重は少し重くなるが、パワーは60PSの大台を超えると思われ、圧倒的な運動性能を発揮しそうだ。

ディテールでは、マフラーがサイレンサー別体タイプになるのと、フロントブレーキがダブルディスクになることが確定的。リアタイヤはパワーアップに対応してワイド化されそう。外観はニンジャZX-25Rと共通になるようだが、果たして真相はいかに?

Ninja ZX-4R [KAWASAKI] 編集部が制作したCG。登場時期は2022年秋と予想。CG:宮窪伸治

CB400スーパーフォア [HONDA] 2022年10月生産分をもって生産終了がアナウンスされた唯一の4気筒400㏄。ZX-4Rはこの穴を埋める形でデビューしそうだ。

直4だけでは終わらない、EVニンジャも新登!?

カワサキのニューモデル戦略は、4気筒250㏄だけで終わらず、4気筒400㏄の存在も視野に入ってきた。これだけでも十分サプライズだが、2023年に電動スポーツバイクの登場にも期待したい。

その名も本誌命名・ニンジャE1。2019年のミラノショーで突如カワサキが公開した「EVプロジェクト」の市販版だ。当時は、あくまでコンセプトだったが、なんとこれが早ければ来年にも発売されるという。「カワサキは2023年に2機種の400㏄モデルを出す」という噂が前からあったが、その1つはZX-4R、もう1つがニンジャE1ではないか…と予想する。

2019年のEVプロジェクトでは定格出力が10kWと公表されており、これはまさに普通免許クラスのスペック。また、BMWが400㏄並みの性能とするCE-04は定格15kW。これに合わせる可能性も高いだろう。

出力は400㏄並みでも、軽二輪扱いのEVなら車検が必要ないので、速くて維持費もお得な新時代のニンジャとなるか!?

Ninja E1 [KAWASAKI] 編集部が制作したCG。登場時期は2022年秋と予想。EVプロジェクトがニンジャ250ベースだったことからニンジャE1もZX-25Rベースで予想CGを制作。顔はEVらしく未来型とした。CG:宮窪伸治

EV PROJECT [KAWASAKI] 2019年11月に初公開されたEVプロジェクトは、2021年10月には国内初お披露目となった。その際に、今後2〜3年で10機種の電動モデルを導入する方針も発表されている。

HEV研究車[KAWASAKI] EV研究車と同時にHEV研究車も2021年10月に初公開。モーターだけでも走行可能なストロングハイブリッドで、都市部では電動、郊外ではエンジン車として楽しむことができる。排気量は未発表だが、サイズはニンジャ650ほどとなる。こちらも発売に期待!

Ninja E1は走りも楽しいMT仕様!?

ニンジャE1は、EVプロジェクト(EV研究車)の延長線上にあるという情報だ。研究車は特許も取得済みでその内容はかなり明かされている。EVには珍しく4速ミッションを備えており、操作する楽しみをライダーに提供。また、左親指付近には回生ブレーキのレバーも装備しており、手動で電費を稼ぐことができる。なんともユニーク!

EV研究車[KAWASAKI] 航続距離は100㎞程度で、日本で普及するCHAdeMo(チャデモ)の急速充電と100-240Vの普通充電に対応する。

車重は219㎏で最高出力は20kW(27.2PS)と控えめだが、モーターの走りはどんな特性か?写真はオートポリスでのテストの模様だ。

〇の部分が回生ブレーキレバー。レーシングマシンでここに親指リアブレーキを採用する例もある。

通常のバイクと同じクラッチと4 速リターン式ミッションを装備するエンジン車由来の駆動方式。

情報提供元:月刊オートバイ2022年8月号(7月1日発売)

コメント一覧
  1. 匿名 より:

    Ninja買いたいけど、とにかく2018の黒以外のカラーリング全部ダサいんだよなぁ。。

    ニダボの白がカッコ良すぎるからあれと全く同じカラーリングで出してくれー
    金の倒立フォークに白ボディかっこ良すぎる

    性能と音はニンジャ好きなんだけどなぁ

  2. 匿名 より:

    本当に欲しいバイク買うと良いですよ。

    正直、そんな理由で購入諦めるとか買う買う詐欺にしか聴こえない。それに社外のカウルなり用意して全塗装すればなんとでもなる問題でしょう?
    バイクなんてお金がかかる物なんだから、金をかけるかけない割り切らないと乗ってけないですよ。

  3. 匿名 より:

    電動ニンジャ、乗ってみたい

  4. 匿名 より:

    とりあえずナインニンジャの復活お願いします。
    あと大穴で6発の復活も!!

  5. 匿名 より:

    EV走行100キロなんてあっという間に電池切れですよ。
    カワサキもそんな事わかってんだろうけど。

  6. 匿名 より:

    4rが25rの車体とほぼ同じになるなら値段はそんなに変わらなそうだけども、乗り出し100万越えほぼ確だろうなw

  7. 匿名 より:

    この前新車買いにプラザいったら「ありません』の門前払いだった

  8. 匿名 より:

    プラザってなんか横柄だよな

  9. 匿名 より:

    行きつけのプラザはめちゃくちゃ冷やかしても嫌がるどころかほぼ毎回おやつとコーヒーご馳走してくれるし、結局店次第では?店が違えばスタッフだって違うし
    そして4RもいいけどNinja125をなんとかGSX-R125並に軽くして出してくれんかなあ

  10. 匿名 より:

    ZX25Rしかないけど、トリックスターの塗装クソかっこいいよ。高いけど

  11. 匿名 より:

    400は せっかく出すなら ZXR400の再来で あの当時の
    ワイド感で 出て欲しいなー

  12. 匿名 より:

    ほんと、バイク屋のディーラー化なんざ時期尚早なんや!
    ホンダドリームもクソみたいな店舗ばっかや!

  13. ののさん より:

    ダボっていう奴ほどまともに乗れないう暑多いよなぁw

  14. 匿名 より:

    乗り出し130万程度にはなりそうな予感

  15. 匿名 より:

    このコメント欄みたく、クソみたいな客しかいないからそれなりの対応されてんだろ。
    笑える。

  16. 匿名 より:

    こういう情報ってどこから仕入れてるんだろう。
    プラザの人に聞いたら本当に困ってたけど。

  17. 匿名 より:

    400気になるなぁ~
    でも100万超えてくるかと?
    電動も面白そう

  18. 匿名 より:

    まあ、しゃあないわな。
    ナゴヤのドリームは親店舗がクソですから。
    客を見ても挨拶ひとつできないアホばっかですから。

  19. 匿名 より:

    おこちゃま記事だな。
    業界の人間(雑誌社)が業界の人間(メーカー)から普通に情報もらうのを「スクープ」と言うの?
    普通スクープと言えば、自分で足と頭を使ってスパイ的に情報入手したり盗撮したり、あるいはメーカーの人間が内部リークしたのを捕まえて記事にすることを言うんじゃないの?
    先日の野球選手なんかの話もそうでしょ?あれはジャイアンツから正式に入手したの?

    ていうか、マフラーとかディスクローターとかどうなるかは普通に考えたらわかる話じゃない?
    「61PS超え」も、25Rが51まで出してるから60オーバーは普通にありえて
    それにラムエアを1足しただけの想像でしょ?

  20. 匿名 より:

    いつまでこの4気筒400の妄想ネタで引っ張るつもり?
    今回はEVも追加してきたが、こっちは現実味がある。スペックは別として。
    今回、EVの記事が追加された理由は、「4気筒400はハズれたけど、EVは当たった。打率5割。」と言い訳出来るようにするだけ。
    でも、EVは時期やスペックは別とすれば、どのメーカーも出してくるので、「当たった」と言われると違和感。

  21. 匿名 より:

    スーフォア生産終了でZX4Rに流れる人いそう

  22. 匿名 より:

    400本命はこれベースのネイキッドになりそうです

  23. 匿名 より:

    そのエンジン使ってゼファーとZRX復活させてくだされ。クラシックネイキッドの需要はめちゃあるはず

  24. 匿名 より:

    乗り出し130万なら6Rに行くでしょww
    本体110,乗り出し120以下に抑えてほしいなぁ

  25. 匿名 より:

    仰る通りですね。
    「PLAZA」で同じ名前でも、店が違えば、経営が異なるので、全く関係のないお店同士という事になります。
    経営が違えば当然、経営方針自体も違います。
    つまり、表に現れる「お客様対応」も異なるわけです。
    以前と違い、「Kawasaki」自体が「PLAZA」としての一定の品質を店側に求めた結果の「PLAZA」ですので、店ごとに異なる対応の問題は
    サービスの母体となる「Kawasaki」にクレームを入れれば何らかの「テコ入れ」が問題の「PLAZA」店にあるかと思われます。
    良い店が近隣にないなら、近隣のお店に良くなってもらえるのが「PLAZA」のスタイルでの運営ですので、ガンガン「クレーム」を入れると良いですよ。
    はい。

  26. 匿名 より:

    4Rはオイルが漏れたりとかしないだろうか。

  27. 匿名 より:

    お金持ってないのだから察してあげて

  28. 初老?の外車乗り より:

    ホントにバイクを楽しみたけれぼ大型免許取って排気量なんか気にしないで外車や中古に目を向ければ面白いのがワンサカあります。
    国産400クラスっていちばんコスパ悪い領域だと思う。今は外車も壊れにくい。100万も出せば100ps以上の低走行極上中古がゴロゴロしてる。車検とかの維持費を考えると250クラスってのはありだと思うけど、大型免許持ってる人には400クラスは魅力感じないよねぇ。

  29. 匿名 より:

    他の国内3メーカーはほぼ海外市場向け設計がメインで、おこぼれ的に国内市場でも販売してる現状(日本国内市場は海外と比較すると小さすぎるから仕方ない)。

    カワサキはZ900RSやメグロk3、W800、ZX25r、そしてZX4r、(エストレヤの復活?の噂)など、小さい市場にも関わらず国内需要向けに開発してくれていて、ありがたい。

  30. 匿名 より:

    日本人には大型は乗りこなせる人が少ない。体格的に身長は180cm以上、体重は80kg以上でないと無理。小さいのがまたがってるといつ振り落とされるかハラハラもんだ。無理して乗るな、体に合った車種を選べ。これは鉄則だ。

  31. 匿名 より:

    100km走るなら休日のご近所ツーにも使えていいですね♪
    どんどん増車してしまって如何にフレッシュな燃料を入れたい為にECU変更で燃料リッチに振って燃料が速く減らないかなぁと考える時もあります。
    街を軽く移動して燃料代と洗車代だけで3時間程預かってくれるガソリンスタンドのように燃費が悪い車両(Gワゴン)の様なバイクも欲しいかな。

  32. より:

    もう10万km超えのGPZ900R重いし、、。
    4Rいいよなぁ。

コメントを残す

カワサキ ZXR400の価格情報

カワサキ ZXR400

カワサキ ZXR400

新車 0

価格種別

中古車 1

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

69.8万円

価格帯 69.8万円

諸費用

8.2万円

価格帯 8.2万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

78万円

価格帯 78万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す