9月15日、カワサキがオフロードのKLX230をベースにしたスーパーモタード仕様を正式発表。前後17インチホイールにオンロードタイヤを装着し、舗装路での走行性能を強化。さらにシート高もKLX230から40mmダウンを実現している。

KLX230シリーズは、2019年にデビューしてから2022年にシート高をセロー250と同じ高さに下げたKLX230Sにスイッチし、さらに今回のKLX230SMと勢力を拡大。フェイスデザインも洗練され、ポストセローに向けた布陣が整った形だ。

このヘッドライトはオフロードのKLX230Sにも展開して欲しい!

オフロードバイクの車体にオンロードタイヤを装着したカスタムはスーパーモタードと呼ばれ、2000年前後にストリートカスタムとしてブームを巻き起こしたジャンルだ。メーカーからもカサワキD-トラッカー/XやヤマハWR250X/XT250X、ホンダCRF250Mなどの純正モタードモデルが発売されていたが、平成28年排ガス規制の影響で多くが2017年モデルを最後にラインナップから姿を消すことになった。

そこに、2023年モデルとしてカワサキがKLX230SMを発表。久しぶりのスーパーモタードは日本メーカーで唯一無二の存在。単にKLX230に17インチの足回りを装着しただけでなく、オンロード専用のサスセッティングはもちろん大径300mmのフロントディスクブレーキを装備。さらにコンパクトなLEDヘッドライトを装備してスタイリッシュに仕上がっている。

発売日は10月15日で価格は57万2000円。KLX230Sよりも6万6000円アップになるが、倒立フォークなどの装備を考えると納得の範囲といえる。セロー250と同じ830mmのシート高を実現したKLX230Sとシート高845mmのKLX230SMは、今や希少な空冷単気筒シリーズ。ともに最新の令和2年排出ガス規制未対応のモデルとなるが、将来的にも販売を継続して欲しい。

KLX230SM[KAWASAKI] LEDヘッドライトを新たに装備し、足回りをオンロードに対応させたスーパーモタード仕様。価格は57万2000円でカラーバリエーションは黒のみ。発売日は10月15日だ。

型式は2BK-LX230AでKLX230Sと同じ。最高出力19PSや最大トルク1.9kg-mのスペックもKLX230Sと同一だが、ホイールベースは脚長だったKLX230に近い。そのためシート高もオフロードのSより15mm高くなっている。

KLX230S[KAWASAKI] 従来のKLX230に代わり2022年にラインナップされた低シート高のKLX230S。885mm→830mmと55mmダウンし、優れた足着き性で好評だったセロー250と同じ数値にしたモデル。

KLX230[KAWASAKI] インドネシアではSTDのKLX230も発売中(写真)。現地ではオフロード版も小型のLEDヘッドライトに変更されており、将来的には日本のKLX230Sもこうなる⁉

スーパーモタード化に向けて細部に渡りセットアップを実施

オフロードのKLX230Sは、フロント21インチ、リア18インチのホイールを装着しているが、KLX230SMではこれをスポークホイールのまま前後17インチに変更。KLX230Sのフロント正立フォークを倒立フォークに換装し、タイヤはIRCのスポーツツーリングタイヤ・RX-01を採用している。

フロントブレーキはKLX230Sの径265mmから径300mmに拡大して制動力を強化。径37mmのフロント倒立フォークは硬めのセッティングにすることでオンロード走行に対応。エンジンは、低気温時のスロットルレスポンス向上など、ECUのセッティング変更で改良が加えられている。

タイヤサイズは110/70-17を装着。キャリパーはKLX230Sと同じ2ポットタイプとしている。

リアのタイヤサイズは120/70-17を装着。径220mmのディスクや1ポットキャリパーはKLX230Sと同じ装備だ。

KLX230Sの山のあるオフロードタイプのステップに対し、KLX230SMは乗り心地を重視したラバーパッド付きステップを採用。

前後長の短いコンパクトなLEDヘッドライトやヘッドライトカバーを採用。また、フロントフェンダーは17インチホイールにあわせた新作だ。

2023年型KLX230SM主要諸元

・全長×全幅×全高:2050×835×1120mm
・ホイールベース:1375mm
・シート高:845mm
・車重:136kg
・エジンン:空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ 232cc
・最高出力:19PS/7600rpm
・最大トルク:1.9㎏-m/6100rpm
・燃料タンク容量:7.4L
・変速機:6段リターン
・ブレーキ:F=ディスク、R=ディスク
・タイヤ:F=110/70-17、R=120/70-17
・価格:57万2000円

この記事にいいねする

コメント一覧
  1. 匿名 より:

    なぜ「新排ガス規制に適合していない」のか?
    来シーズンまで売って「終了」する策略なのかな?
    「アジアの排ガス規制が緩い所と北米」で売れればペイできるからかな?
    入手したければ「お早めに♪」と、最初から言って欲しいね。

    • 匿名 より:

      海外メーカーみたいな斬新な構造も機構も無いのは残念
      国内メーカー全体に言える事だが、見事な程に保守的になりましたね!

  2. 実のところ より:

    丘サーファー的なモタードバイクですな。

    オフならともかく
    ロードではパワー不足が否めない。

  3. 鈴菌 より:

    DRZの事も思い出してあげてください…

  4. 匿名 より:

    どうせ、買えないんだろ。
    もういいよ。

  5. 匿名 より:

    オフロードモデルも早よ。
    ローダウンじゃない方がいい。

  6. key より:

    斬新な機構も構造も無く、ワクワクさせられる要素が無いですよね!海外メーカーからは、見ただけでも欲しいと思わせるモデルが毎年の様にデビューしてるのに、国内メーカーは随分と保守的になったものですな

  7. ブヒ太郎 より:

    初回の少量ロット入荷でおしまいらしいからほぼ買えないでしょ。抽選販売か早い者勝ちか🤔

  8. 匿名 より:

    これならktm買った方が良い

  9. kitahara より:

    燃料タンク容量が10ℓあるとイイんだけどな。

  10. 匿名 より:

    オフ車だからこそ低出力の空冷で良かったんであってストリートならある程度の出力&水冷DOHCじゃなきゃ…
    でも小顔化でめっちゃカッコ良くなってる

  11. タケちゃんマン より:

    待ってました!モタード!迷わずオーダーしちゃいました!納車が今から楽しみです!

  12. 匿名 より:

    これを皮切りに他メーカーからモタード出ない?

  13. 匿名 より:

    需要が無いから…
    ヤマハランツァ末期のようにホンダがCRF250L用に純正17インチホイールキット出してくれるのを期待するしか

  14. 匿名 より:

    なぜ最初からこの顔で出さなかったのか?

  15. モタード乗り より:

    パワー無くても十分に楽しめますね👍
    KTMの2ストと4スト350cc持っているけど、この230が一番魅力的ですねー⤴️
    遊び方の幅が広がりワクワクします。
    本日予約しにいきます😁

  16. 匿名 より:

    どうせ何だかんだ文句付けて買わないんでしょ

  17. 匿名 より:

    変な形にするなら四角でいいよヘッドライトは

コメントをもっと見る
コメントを残す

カワサキ KLX230SMの価格情報

カワサキ KLX230SM

カワサキ KLX230SM

新車 4

価格種別

中古車 0

本体

価格帯 57.2万円

57.2万円

諸費用

価格帯 4.38~7.89万円

5.71万円

本体価格

諸費用

本体

万円

価格帯 ―万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 61.58~65.09万円

62.91万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

万円

価格帯 ―万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す