大事にしまい込まれる飾り物ではなく現役で走り続けられる性能を与える

Z1といえばカワサキ空冷Zシリーズの始祖であり、今や伝説的な存在となったモデルだ。1972年製というビンテージ的な価値も高いことから年々価格は高騰化の一途をたどっているし、コレクター的な視点から欲しい、という人も少なくないはずだ。

ただし、空冷Zに“いつ”あこがれを抱いたかで、空冷Zと向き合う姿勢は異なってくると思われる。これは黎明期のカスタムシーンを支えたショップ代表たち複数からよく聞いた話だが、古くから空冷Zに乗る人たちは“古いバイクだから空冷Zに乗りたかった”わけではない。当時最先端のスポーツモデルが欲しかったから、あるいは限定解除しなければ乗れない特別な存在が欲しかったわけだ。そうして手に入れた愛車をよりよく走れるバイクに仕上げる。それが1980年代から今に至るカスタムブームの原点でもある。

サンクチュアリー本店を旗艦店とするサンクチュアリーグループが歴代フラッグシップモデルを中心に、徹底的に手を入れたコンプリートカスタムマシンRCMを製作するのは、その原点ゆえだ。それゆえ同社ではベース車が40年以上前に製造された工業製品であっても走行性能を徹底的に追求する。「古いからこの程度でもいいだろう」といった妥協は皆無だ。そこを妥協するのならカスタムはたちどころにドレスアップやデコレーションへと意味を変化させる。“カスタムする目的とは?” それに対するサンクチュアリー本店の回答は、古いモデルであっても走行性能を高めて現代的な走りを安心して楽しめるようにすることだ。もちろん副次的に見栄えのよさも意識はするだろうが、主従は逆転させず、あくまで優先すべきは性能だ。

カワサキ Z1

このZ1も街乗りからロングツーリング、スポーツライディングなど、あらゆるステージで安心して乗れる状態を目指して製作された1台だ。そのために妥協のないパーツチョイスを行なう。ブレンボ製ブレーキキャリパーやサンスター製ローター、オーリンズ製前後ショックアブソーバユニット、前後17インチサイズのO・Zレーシング製アルミ鍛造ホイール、さらには自社開発したスカルプチャー製ブラケットとスイングアームで車体姿勢を適正化させている。これも現代の主流となった17インチハイグリップタイヤでハイレベルな走行性能を追求するがゆえにチョイスだ。

ただ単にバイクに着座し、法定速度以下でA地点からB地点まで移動するだけなら、もちろんこんな装備は不要だ。それは現行スポーツモデルにも共通する話でもある。210ps発揮だとかスーパーチャージドエンジンだとか誰がフルに使い切れるのか。倒立フロントフォークの真価をどれだけの人が街中で引き出せるのか。そんなことを言い出せば世の中のバイクには無意味なことだらけかもしれない。しかし、市販バイクがストリートユース前提なのにもかかわらず最高レベルの性能を日々追求しているのと同じく、サンクチュアリー本店もまた、空冷Zベースで豪華なパーツを使いつつ最高峰を目指している。そしてそれはオーナーも同じこと。最高レベルの走行性能を持つZ1を求め、それに応えるべく技術をフルに注ぎ込む。そうして生まれたのが、RCM-561とナンバリングされたこのZ1なのだ。

カスタムポイント

カワサキ Z1

今やスタンダードな加工と受け取る人も多いであろうリヤショックのレイダウン処理。もちろんフレーム加工を伴ううえ、熱による変形と冷却時の変形への対策、左右対称の位置関係の割り出しなどが必要になり、溶接ができるだけの一般人が安易な考えで行なうべきではない加工だ。同社でも治具を用いて熟練の整備士が作業を行なう

カスタムパーツギャラリー

オーリンズ製フロントフォーク交換に伴い必要となるフロントフェンダーやキャリパーサポートなどをセット販売するE×Mパッケージによりフロントまわりを刷新。セットと単品では価格に差があるわけではないが、必須パーツがセットなので入手の手間が省けると人気を博している



ブレンボ製ラジアルマウントキャリパーとサンスター製“RCMコンセプト”ローターを組み合わせ、制動力とコントロール性を格段に強化。またホイールはO・Zレーシングの最新モデル、ガス(GASS)RS-Aをチョイスした



ハンドルバーはデイトナのRCMコンセプト。サンスター製RCMコンセプトローターもそうだが“RCMコンセプト”とはさまざまなパーツメーカーがRCMをイメージして製作・販売しているパーツで、市販品として全国の量販店でも購入可能だ



フロントフォークとフレームを接続するプラケットもスカルプチャー製。Z1のホイールをただ17インチ化させると前下がりになり、ハンドルが切れ込んでしまう姿勢になる。それを補正するためキャスター角やトレール角、オフセット量を最適化させた製品だ



オイルクーラーはナイトロレーシングの11インチ13段ラウンドタイプ。ただZ1にこれを装着するだけではその大容量の恩恵を受けることは難しいが、同社で開発したSMB(サンクチュアリーメカニックブランド)のハイプレッシャーオイルポンプを採用することで、大容量オイルクーラーの性能をフルに引き出した



エンジンはピスタルレーシング製ピストンで1,045㏄化させた他、耐久性・信頼性アップのメニューを多数投入。同社で言うところのライフパッケージ仕様となるが、かといってロアパワーではなく実用域では十分以上のトルクとパワーを発揮



ステップはナイトロレーシング製をチョイス。シンプルな造形なので細身のマシンに違和感なく装着できると人気を博している。また可動部にはベアリングを内蔵し、操作時のストレス低減と長寿命化を両立させた



エキゾーストシステムは同社人気商品の一つとなるナイトロレーシング製フルチタンだ。ポリッシュ仕上げ、ハーフポリッシュ仕上げなど複数の処理があるが、このZ1にはハーフポリッシュ仕様を採用。サイレンサーは同じくナイトロレーシングのストレイトチタンV-Ⅰとなる



リヤブレーキを積極的に使用して車体姿勢を制御するという現代のトレンドに即し、小径ローターとブレンボ2ポットキャリパー、ニッシン製マスターの組み合わせ、使いやすいよう踏みしろが多いリヤブレーキを構成



空冷Zの17インチ化のため専用設計されたスカルプチャー製スイングアームを採用。長さだけではなく剛性・しなりにもこだわった一品だ。これは市販品と異なりRCM専用チェーン引き、スタビライザーとレーシングスタンドフックを追加工したスペシャルモデル


「Z1 by サンクチュアリー本店」の主なカスタム内容

エンジン総排気量 1,045cm3
ピストン ピスタルレーシングφ71mm
エキゾーストシステム ナイトロレーシング
キャブレター ヨシムラTMR-MINφ38mm
電装系 ASウオタニ SPⅡ
オイルクーラー ナイトロレーシング
ホイール (F)O・Zレーシング ガスRS-A 3.50-17
(R)O・Zレーシング ガスRS-A 5.50-17
タイヤ ピレリ ディアブロ
Fブレーキ キャリパー:ブレンボ ラジアル4ポット
ローター:サンスター RCMコンセプト
マスター:ブレンボ ラジアルポンプ
ホース:アレグリ
Rブレーキ キャリパー:ブレンボ2ポット
ローター:サンスター
Fフォーク オーリンズ
ブラケット スカルプチャー
Rショック オーリンズ
スイングアーム スカルプチャー
ステップ ナイトロレーシング
シート デイトナ RCMコンセプト
クラッチ マスター:ブレンボ ラジアルポンプ


問い合わせ
サンクチュアリー本店
住  所 : 千葉県柏市大井554-1
電話番号 : 047-199-9712
Webサイト:  http://www.ac-sanctuary.co.jp


情報提供元 [ カスタムピープル ]

この記事にいいねする

コメント一覧
  1. オーガ より:

    カッコいい❗️
    ホンマにカッコいい❗️
    日本の単車をイジるメカニックさんは世界一。
    けど俺はいじり倒した旧車には乗らないし、乗りたくない。

  2. 匿名 より:

    塚田で造ってた作品とはかなり変わったなぁ…

コメントをもっと見る
コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら
 

カワサキ Z1 (900SUPER4)の価格情報

カワサキ Z1 (900SUPER4)

カワサキ Z1 (900SUPER4)

新車 0

価格種別

中古車 30

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

484.4万円

価格帯 312.5~907.5万円

諸費用

20.83万円

価格帯 11.5~20.26万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

505.24万円

価格帯 324~927.76万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す