長年つちかったノウハウを注ぎ込んだコンプリートマシン

バグース! モーターサイクルは新旧問わず、さまざまなマシンのカスタム・メンテナンスを手がけているが、もっとも得意とするのがカワサキのゼファーシリーズだ。国内最大級の草レース『テイスト・オブ・ツクバ』に参戦し、そこでつちかったデータなどに基づき、オリジナルパーツや新たなメニューを生み出してきた。

同社が設立されのはまだゼファーシリーズが生産終了になって数年が経過した2011年のこと。まだこのころは程度のいい中古車も多く、空冷Zのように大幅に手を加えず、段階的にカスタムを楽しむことができた。ところがゼファーシリーズの人気は高く、程度のいい中古車は価格が高騰…。またゼファーシリーズでも一気にカスタムするユーザーも増えてきたことから『安心して乗れるゼファー』をキーワードにコンプリートマシンの製作をスタートさせた。それがBRC(Bagus! Restore & Cusutom)だ。

ここで紹介するゼファー750もBRCの1台である。BRCといっても安心して乗れる状態にすることは最低条件としても、それ以上はオーナーの好みしだい。この車両のオーナーはすでにゼファー1100を同社でレーサーに仕立ててもらい、テイスト・オブ・ツクバに参戦している。公道用バイクとしてゼファー750を選び、スポーツ走行を楽しめる仕様をリクエスト。そこで同社はレースでつちかったノウハウを存分にフィードバックしたのである。

カワサキ ZEPHYR750
カワサキ ZEPHYR750

エンジンはオーバーホールをかねつつ、耐久性と出力を高めるためにチューニングを実施。排気量を843ccに上げ、ハイカムシャフトの導入やツインプラグ化された。ASウオタニの点火システムで点火時期を最適化しつつ、吸排気系を変更して十分なパワーを引き出した。車体まわりはサーキットでのスポーツ走行を視野に入れつつ3ヶ所に補強を加え、リヤショックのレイダウンマウントも増設。そのうえでパウダーコートで仕上げている。足まわりも前後オーリンズのサスペンションやアクティブとコラボレートしたスイングアームを組み込み『スポーツ』を楽しめる車体構成に。

もちろん前後オーリンズ製サスペンションはポン付けしただけでは、その性能を引き出せない。しっかりとセットアップをすることで『スポーツ』を存分に楽しむことができるようになるのだ。

ベースは中古車だが、外装までしっかりとリフレッシュすることで、新車を上回る美しさも獲得。見てよし、走ってよしの1台に生まれ変わったのである。

カワサキ ZEPHYR750


カスタムパーツギャラリー

スイングアームはアクティブが剛柔のバランスを追求して開発したプレスフォーミングスイングアームだが、アクティブのラインナップにはゼファー750用はない。この車両に装着されているのは、同社とアクティブがコラボレートしてゼファー750用を生み出した。タイヤの接地感が向上し、今まで以上にコーナリングが楽しめるようになっている



ヘッドライトボディは純正を使っているが、内部のバルブはスフィアライトのLEDを組み込む。ツーリングに出かければ夜間走行も想定されるため、LEDで視認性をアップさせたのだ



メーターボディはブラックにペイント。スピードメーターは輸出用純正で、240km/h表示になっいる。ハンドルポストにはヨシムラのテンプメーターをセットし、油温を計測



フロントブレーキのコントロール性を高めるために、マスターをブレンボのラジアルポンプに変更。ゼファー750は機械式クラッチだが、見た目も考慮してコーケンのホルダーを採用する



オーリンズの正立フォークをゼファー750に装着させるには、ブラケットの変更が必須。ハンドリングの向上なども考慮して開発した、同社のショートオフセットタイプを使っている



フロントブレーキはブレンボのキャスティングキャリパーとサンスターのプレミアムレーシングの組み合わせ。ストリートなら十分の制動力とコントロール性を獲得している



オイルを上から入れることで満遍なくオイルを循環させ、下入れよりオイルを冷却させることをねらった同社のキットが組み込まれる。オイルクーラー自体も大容量の11インチ16段だ



エンジンはヴォスナーのピストンを組み込むことで、排気量を843ccにアップさせ、燃焼効率を高めるためにツインプラグ化されている。ヨシムラのST-1カムで高回転の伸びもねらう



シート下までカバーするアルミプレート一体式のフェンダーレスキットは同社のオリジナルで人気アイテムのひとつ。ETCの車載器などをシート下をすっきりと配置することができる



ステップはブロッソム製をチョイス。ワンポジションタイプだが、オーナーの好みの位置になることから採用したという。また逆チェンジにできることも決め手になったという



ゼファー750用社外マフラーは4-1集合が多いが、トルクの谷を考慮して4-2-1集合を採用した同社のオリジナルマフラーだ。集合部を短くすることで、4-1に近い排気音を導き出した



フロントフォークはXJR1300用オーリンズを使っているが、リヤはゼファー750用を使用。写真では純正位置にセットされているが、レイダウン用のマウントも溶接されている



リヤブレーキは制動力よりもコントロール性を重視。サンスターのローターとブレンボのキャリパーを組み合わせる。サポートはプレスフォーミングスイングアームの専用品だ


「ZEPHYR750 by バグース! モーターサイクル」の主なカスタム内容

エンジン総排気量 843cc
ピストン ヴォスナーφ70.5mm
カムシャフト ヨシムラST-1
キャブレター ケーヒンFCRφ35mm
エキゾーストシステム バグース! モーターサイクル
電装系 ASウオタニ SP II
オイルクーラー バグース! モーターサイクル
ホイール マルケジーニ M10Sコンペ・エボ(F=3.50-17・R=5.50-17)
タイヤ ピレリ RS11(F=120/70-17・R=180/55-17)
Fブレーキ キャリパー:ブレンボ4ポット
ローター:サンスター プレミアムレーシング
マスター:ブレンボ ラジアルポンプRブレーキ
キャリパー:ブレンボ2ポット
ローター:サンスター プレミアムレーシング
サポート:バグース! モーターサイクル×アクティブ
Fフォーク オーリンズ
ブラケット バグース! モーターサイクル
Rショック オーリンズ
スイングアーム バグース! モーターサイクル×アクティブ
フレーム補強 3ヶ所
ハンドルバー パワービルダー
シート 表皮張り換え
ステップ ブロッソム
クラッチ ホルダー:コーケン
アーム:バグース! モーターサイクル
ライト LED:スフィアライト
タンク ドレミコレクション
サイドカバー ドレミコレクション
テールカウル ドレミコレクション
フェンダーレス バグース! モーターサイクル


問い合わせ
バグース! モーターサイクル
住  所 : 神奈川県横浜市都筑区早渕1-25-28-B棟
電話番号 : 045-534-9246
Webサイト: http://bagus-mc.jp/


情報提供元 [ カスタムピープル ]

この記事にいいねする

コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら
 

カワサキ ゼファー750の価格情報

カワサキ ゼファー750

カワサキ ゼファー750

新車 0

価格種別

中古車 19

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

193.32万円

価格帯 118.8~320万円

諸費用

8.8万円

価格帯 9.8~10.51万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

202.12万円

価格帯 129.31~329.8万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す