最高出力12.2psはライバル160ccスクーターより控えめ。なのに発進加速がメチャいい感じ!|SYM・JET14 200試乗レポート |

台湾のSYM(エス・ワイ・エム)のラインナップにおいて、中核を成すスクーター群がJETシリーズだ。その中でも2017年に登場し、前後14インチタイヤを履くローホイールスクーターの「JET14」が欧州市場で人気が高いという。かつては125ccモデルが日本でも販売されていたが、現在は169ccの「200」のみが流通している。果たしてその実力やいかに。

REPORT●大屋雄一(OYA Yuichi)
PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)
取材協力●SYMジャパン(http://www.sym-jp.com/



→全文を読む

情報提供元 [ モーターファンバイクス ]

この記事にいいねする

コメント一覧
  1. 匿名 より:

    SYMの同系統デザイン車両だとJET X 125もありますね。
    そちらはセンタートンネルあり、水冷エンジン搭載なので、使い勝手も変わってきますが。

  2. より:

    国内メーカーのバイクで間に合ってます😄

  3. 匿名 より:

    バイクのほとんどは海外生産、
    スクーターシェアは台湾のほうが高く品質も良い。

  4. 匿名 より:

    symは排ガスが臭い

コメントをもっと見る
コメントを残す