新車を知るからこそ分かるリニューアル&アップデート

「まだまわりで走っている車両を見かけるのでそんな気もしないんでしょうが、油冷は初代GSX-R750なら35年以上、この車両、1100系最終のバンディット1200ファイナルエディションでももう15年以上経ってます。そうした時間が経っていれば、ごく普通に考えても、どの車両でも消耗品は新品にしたい、いや、してほしいです。でもいよいよ、油冷用純正パーツの廃番化がどんどん進んできました。今まで皆さんにお伝えしてきたことが、徐々にというレベルでなく、一気にという感じでです。ゴム類やハーネス類が急速になくなっていますから、今確保しておくべきですし、それを使って、車両にしっかりした整備をするべき。整備の際に新しいパーツを使えば、今後しばらくはいい状態を保てるわけですから、もう強く推奨します」

スズキ BANDIT1200S

テクニカルガレージRUNの杉本さんは、今のスズキ油冷に対する環境をこう言う。純正パーツの状況悪化への対応は、これまでも何度か、しかも何年かに渡って、杉本さんの提唱してきたことだ。できるだけ早いうちに、今乗っている、所有している車両の状態を良くしておくこと。そのために必要なパーツを用意しておくこと。それが“まだ純正で出るからいつか出来る”と延ばしているような状態から、とうとう待ったなしとなってしまった。

「ですから本当に油冷を維持するなら、今がギリギリ間に合う最後のチャンスになりそうです」。杉本さんは続ける。乗れるから大丈夫、油冷は頑丈だから大丈夫……。そうした考えはもう通用しない。それはスズキの正規販売店として油冷車も含めて多くの新車を販売し、そのフォローで車検や整備をこなしてきたこと。GSF1200やGS1200SSにバンディット1200、GSX-R1100をベース車としてテイスト・オブ・ツクバに参戦し、優勝を初めとして実績を残したこと。

さらに公道車両にもその質や安心感、安全性をも高めるバージョンアップ・コンプリートというカスタム車を多く作り、油冷はその軸のひとつでもあったということからも、はっきりとしている。ただ言っているだけでなく、これらの車両を随時作る、あるいは整備していく際に明確に見えているからこその話なのだ。

このバンディット1200Sは、そんなTG-RUNバージョンアップ・コンプリート油冷車の一例だ。足まわりは作動の正確性や質を、ブレーキはタッチや制動力を高める。動力系も同様。各パーツを社外の高質品に置き換えてリニューアルと現代化を図るのだけれども、それだけでは全体の質は高まらない。ベース車両そのもののコンディションをきちんと新車レベル以上に引き上げた上で、作業を施す。だからこそ各パーツもより確実に機能してくる。そのために純正新品パーツが欠かせないのは、当たり前ということ。それらを経て、この車両はベースの持つオールラウンド性も高めているのだ。


Detailed Description 詳細説明

スクリーンをMRA製とする以外のカウルや燃料タンク、メーターまわりはノーマルで、ハンドルもバー仕様のまま。トップブリッジとライザーはケイファクトリー製を使う。左右のマスターシリンダーはブレンボ・ラジアルとして操作性とタッチを向上している。



シートはライダーの操作性と快適性向上のため、TG-RUNの「スポーツ&コンフォートシート」へ換装。この変更はかなり有効性が高い。



油冷直4のエンジンは1156ccの排気量等はノーマルで、定期的な整備で好調を保っている。ジェネレーター/パルサーカバーはブロンズカラーで処理。また点火系をウオタニSPllに換装、ケイファクトリー製オイルクーラーコアガードを追加。フレームもノーマルだ。



FCRφ39mmキャブレター+エアフィルターもエンジン同様に定期整備によって好調を保つ。今回は車検入庫のタイミングで撮影した。



マフラーはケイファクトリーのフルチタン4-2-1で軽量化と出力向上を果たしている。4ポジションタイプのステップキットもケイファクトリー製で下半身の収まりとコントロール性を向上する。車体まわりの再確認や各部ショートパーツなどしっかり手が入る。



リヤショックはオーリンズのリモートリザーバー/リモートアジャスタータイプに換装。アルミスイングアーム/リンクはノーマルだ。



フロントフォークはφ43mmのノーマル同径ながらオーリンズ正立に換装し、マジカルレーシング製カーボンフロントフェンダーも装着している。フロントブレーキはブレンボ・レーシング4ピストンキャリパー+サンスター・ワークスエキスパンドディスクとなっている。



ニッシン2ピストンキャリパーなどリヤブレーキはノーマルで、ホイールはアルミ鍛造のマルケジーニM10Sに。前後ホイールサイズはノーマルに同じ3.50-17/5.50-17インチ。ドライブチェーンもノーマルの530サイズからRKの525サイズとした。タイヤはブリヂストンS22を履く。


主なカスタム内容(スズキBANDIT1200S)

    

    

    

エンジン
*エンジンカバー類含む
K-FACTORY オイルクーラーコアガード
キャブ/インテーク KEIHIN FCR39
K&N エアフィルター
エキゾーストシステム K-FACTORY 3Dチタン クワトロSD
ブレーキ周り*マスター含む
フロント
BRENBO 40mm Axial CNCキャリパーP4 30/34
SUNSTAR ワークスエキスパンドディスク
ホイール周り
フロント
MARCHESINI M10S Kompe-Evo
ホイール周り
リア
MARCHESINI M10S Kompe-Evo
サスペンション
フロントフォーク
OHLINS 正立フロントフォーク“RWU Type”
サスペンション
リアショック
OHLINS S46HR1C1L
ステップ K-FAKTORY ライディングステップ
ハンドル周りステアリング
*ステダン、ミラー含む
K-FACTORY トップブリッジ
シート TG-RUNスポーツ&コンフォートライディングシート
外装 MRA スクリーン レーシング ブラック
MAGICAL RACING カーボンフロントフェンダー
電装系 ウオタニ SP-llフルパワーキット



テクニカルガレージRUN BANDIT1200S(スズキBANDIT1200S)
取材協力:テクニカルガレージRUN TEL043-309-5189 〒260-0001千葉県千葉市中央区都町2-2-7
URL:http://www.TG-RUN.com
2022年 5月 16日

情報提供元 [ ヘリテイジ&レジェンズ ]

この記事にいいねする

コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら
 

スズキ バンディット1200Sの価格情報

スズキ バンディット1200S

スズキ バンディット1200S

新車 0

価格種別

中古車 8

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

54.36万円

価格帯 33~71.5万円

諸費用

7.9万円

価格帯 8~20.4万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

62.26万円

価格帯 41~91.9万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す