他にないBUSAでツーリングも楽しむ

2021年9月20日にスポーツランドSUGOで開いたヘリテイジ&レジェンズ初のカスタムコンテスト、“H&Lバイクビルドオフ”。総勢12台のエントリーの中から上位3台を投票制で決める中、3位に食い込んだのがPONTAさんのハヤブサ。1位750SS、2位NSR250Rで3位がこのハヤブサと、世代が分かれたのと同様、車両の方向性も三者三様。この車両では特に、独特なそのイメージが人気となったようだ。

スズキ HAYABUSA 全体画像

見ての通りと言うか、初見から他のハヤブサ・カスタムとはひと味異なることがありありと分かるこの車両。ベースは第1世代だが、そこはさておいて、ひとつひとつ追っていくと成り立ちも独特。ラウンド感のあるノーマルに対してレイヤードやエッジを駆使したフロントカウルはサイドのMotoGP調ウイングレットとともに黒魔テック製。さらにヘッドライトカバーを追加、純正ロアカウルは外した上でベリーパン(ネイキッド車等に追加する、いわゆるアンダーカウル)を装着して、軽快感と機種不明感も醸し出してくる。これとバランスを取るようなスリムなシートカウルはGSX-R1000純正で、クラスフォーエンジニアリングのキットを使ってコンバート。

これだけでもかなり特異な感じがするが、スイングアームを延長することで伸びやかな印象も作り、軽快感を強めている。さらにマフラーに目を向けると、右2本出しという、これも超個性派。

こうした成り立ちを聞いていくとショー向けのカスタムなのかと思うが、さにあらず。PONTAさんは年間3万kmは走るというツーリング好きライダー。ハヤブサオーナーズネットワーク、BUSA-TOMO東北に所属。また地元でPONTAというツーリングクラブ(こちらは車両は何でもよく、気が向いたら気が向いたメンバーとツーリング)も興し、あちこちを走り回っているとのこと。それゆえエンジンはノーマルのままということだが、個性化や各部の軽量化等のカスタムも好きとも。なるほど、この軽さ(編集部も押し回しを体験)ならもっと遠くに行きたくなるだろうし、それも楽にできるかもしれない。


Detailed Description 詳細説明

カラーリングも含めて戦闘機感覚も持ち、まさに独特という言葉がふさわしいルックス。フロントカウルやウイングレットは黒魔テック製でヘッドライトカバーも追加。カーボントリム付きスクリーン/レーサーレプリカミラー・タイプ3ヘッドはマジカルレーシング製だ。



シートカウルはGSX-R1000純正をクラスフォーエンジニアリングのコンバートキットでマウント。さらにウイング調パーツを加えてある。



エンジンはハヤブサ・ノーマル。純正ロアカウルは外してベリーパンとエンジンスライダーも追加する。フロントスプロケットカバー/クラッチレリーズはケイファクトリー製。NOSボトルはカウル変更にともなって半透明の冷却水リザーバーに代えて使われているものだ。



フロントフェンダーまわりを変更、ブレーキ冷却ダクトも備えている。フロントキャリパーは第2世代ハヤブサ純正のTOKICO製ラジアルマウントタイプを流用する。



他にないと言うエキゾーストはフルチタンのワンオフでサイレンサーは右2本出し。フレームはノーマルのままで、リヤショックはオーリンズ。



スイングアームは4cm(アクスルブロック1個分)延長仕様をケイファクトリーでワンオフ、ノーマルのアクスル位置にも戻せる仕様だ。前後ホイールはマルケジーニM10Sで3.50-17/6.00-17サイズ。ドライブチェーンはRK・530XXW、スプロケットはアファム。ステップはアグラス製だ。


主なカスタム内容(スズキ GSX1100S)

エキゾーストシステム ワンオフ品
フレーム
スイングアーム
ケイファクトリー 4cmロング(ワンオフ品)
サスペンション
リアショック
オーリンズ T36PR1C1LS
ステップ アグラス バックステップ
ドライブシステム駆動系*スプロケット、カバー含む スプロケットカバー:ケイファクトリー フロントスプロケットカバー
ケイファクトリー クラッチレリーズ Bタイプ
ドライブチェーン:RKジャパン 530XXW
ドリブンスプロケット:アファム
ハンドル周りステアリング
*ステダン、ミラー含む
ミラー:マジカルレーシング レーサーレプリカミラー・タイプ3ヘッド スーパーロングステム
外装 スクリーン:マジカルレーシング カーボントリムスクリーン
テールカウル/シート:クラスフォーエンジニアリング テールコンバージョンキット
以外外装:黒魔テックで、製品名不明



PONTA SPL. HAYABUSA(スズキHAYABUSA)
取材協力:取材協力:PONTAさん
2022年 4月 06日

情報提供元 [ ヘリテイジ&レジェンズ ]

この記事にいいねする

コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら
 

スズキ HAYABUSAの価格情報

スズキ HAYABUSA

スズキ HAYABUSA

新車 213

価格種別

中古車 59

本体

価格帯 210.1~222.2万円

217.21万円

諸費用

価格帯 4.71~8.75万円

5.13万円

本体価格

諸費用

本体

119.53万円

価格帯 52.25~230.5万円

諸費用

0.88万円

価格帯 2.99~6.97万円


乗り出し価格

価格帯 214.81~230.95万円

222.35万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

120.42万円

価格帯 55.24~237.47万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す