文/ベストカー編集部、写真/SUZUKI、YAMAHA、HONDA
※当記事は2022年8月4日に「ベストカーWeb」に掲載されたものです。

2022年11月1日からバイクに「平成32年(令和2年)排ガス規制」が全面適用される。50ccを除き、規制に対応していないバイクは、この期日までに規制をクリアしないと日本で販売できなくなる。

生産終了に追い込まれるモデルは、現行ラインナップの約1割と少なくない。これを全四回にわたって紹介していく。

第二回は、スーパースポーツクラスとスズキに関する話題。スーパースポーツは600ccクラスがほぼ絶滅に追い込まれたが、この流れが最高峰の1000ccクラスにも波及しそう。なんとスズキGSX-R1000Rがラストになるとの噂だ。さらにスズキの人気車であるVストローム250やGSX250Rも生産終了になるという。


600ccスーパースポーツは風前の灯火、そして1000ccも?

レースを視野に入れ、究極の「走る、曲がる、止まる」を追求した1000cc級スーパースポーツ(SS)は、各メーカーの最新技術を結集したサラブレッドだ。

その弟分として600ccSSが存在する。1000cc級より軽量コンパクトでスペックも手頃(それでも十分すぎるが)とあって、2000年代に欧州で大人気を博した。
600ccは、WSS(スーパースポーツ世界選手権)などのレースレギュレーションを考慮した排気量帯。国内4メーカーから漏れなくリリースされ、トライアンフら海外メーカーも続いた。

ところが、2010年代に人気が衰退。2016年から欧州排ガス規制のユーロ4および国内の平成28年排ガス規制が適用された影響もあり、CBR600RR(ホンダ)、GSX-R600(スズキ)、Ninja ZX-6R(カワサキ)、デイトナ675(トライアンフ)らが日欧で生産終了してしまう。

その後、ヤマハのYZF-R6が2017年型で規制に対応し、ZX-6R、CBR600RRがモデルチェンジを伴って復活したが、YZF-R6は2020年型でディスコンに。 ZX-6Rは欧州仕様が既に生産終了しており、CBRも現行の2022年型でラストという噂だ。

600SSが衰退した理由は、過激なライディングポジションと走りに中年ライダーがついていけなくなったから、と言われている。反対に人気が出てきたのが、ライポジがラクなアドベンチャーやネオクラシック系のバイクだ。

そして、600SS生産終了の流れが1000ccSSにも波及しそう。なんとスズキのGSX-R1000Rが2022年型でラストになるとの噂があるのだ……。



ヤマハのYZF-R6は2020年型で生産終了。欧州では公道走行不可のレース仕様が存在する。日本でもサーキット走行好きに需要は高く、中古車相場が上昇している


GSX-R1000R終了に合わせ、モトGPと世界耐久からも撤退?

GSX-R1000Rは、2017年のデビュー以来、メカ的に大幅なモデルチェンジはなく、日欧ともユーロ4(平成28年排ガス規制)のまま販売が続けられている。

欧州では、2021年1月からユーロ5が全面適用された。日本の令和2年排ガス規制と内容はほぼ同じで、日本は遅れて2022年11月以降生産される新車に全面適用される。

ユーロ5規制に適合していないGSX-R1000Rは本来、欧州で発売できないのだが、メーカーやモデルごとに販売台数実績に応じた「特例措置」が設けられる。そのため、欧州でもまだラインナップに残っているのだ。

ユーロ5および令和2年規制への対応が待たれるところだが、情報筋によると「このままユーロ5に対応せず、現行型で終了する」という。1000ccクラスは各メーカーを代表するスポーツ系のフラッグシップだけに、威信に賭けて存続させる「聖域」のイメージが強かったが、ついにその一角が崩れることになりそうだ。

この生産終了に合わせるように、スズキは7月13日、最高峰レースのモトGPと、鈴鹿8耐を含む世界耐久選手権(EWC)からのワークス参戦撤退を発表した。

スズキの鈴木俊宏社長は、「経営資源の再配分に取り組まねばならない」ため、参戦終了を決断。「レース活動を通じて培ってきた技術力・人材を、サステナブルな社会の実現へ振り向け、新たな二輪事業の創生に挑戦していく」とコメントした。レース参戦のための資金を電気自動車(EV)開発などに振り分けるという話もある。

この流れとGSX-R1000/Rが生産終了する流れは決して無関係ではないだろう。GSX-R1000Rは、モトGPマシンであるGSX-RRの技術をフィードバックした直系であり、同社レースモデルのイメージリーダー。さらに、市販車で争う世界耐久のベース車でもあるからだ。

しかし将来的に復活する可能性はゼロではない。現にスズキのハヤブサは、前規制のユーロ4に対応せず、国内仕様は2017年型で終了。そのまま空白期間が続いたが、2021年型で現行のユーロ5に対応し、復活を遂げている。

GSX-R1000Rもハヤブサと同様、一時の生産終了を経て、次期規制のユーロ6で復活するかもしれない。ユーロ6の内容や施行時期は未定で、早くとも2024年以降に導入される予定だ。



2017年に登場した現行GSX-R1000/R。国内仕様は197psを発生し、電子制御や足まわりが充実した「R」仕様のみ発売されている。ライバルより扱いやすい特性が特徴だ


GSX250R、Vストローム250、ジクサー……250も大量に生産終了?

さらにスズキでは、GSX250Rが令和2年排ガス規制に対応せず、国内販売を終了するとの噂が。このエンジンをベースにアドベンチャーモデルに仕上げたVストローム250も同様にラストと噂されている。

2モデルはともに人気で、GSX250Rは126~250ccクラスで2021年の販売ランキング9位(2784台)。Vストローム250は11位(2436台)を記録している(販売台数は『二輪車新聞』より)。

また250クラスで販売ランキング7位に食い込み、同クラスのスズキ車では最も売れているジクサー250/SFも生産終了となる模様だ。

ただしジクサーはインド生産で、ユーロ5に相当するインドの排ガス規制BS6をクリアしている。エンジンの設計年が2019年と新しく、グローバルモデルであることから、空白期間があったとしても早期に復活する可能性がある。

なお当サイトで既報のとおり、現行モデル最後のナナハン直4であるGSX-S750の生産終了が正式に告知されている。



GSX250Rと同系のエンジン+骨格を用いたVストローム250は、同クラスでレアなアドベンチャー。ロングストロークの粘り強い走りが好評で、ツーリング好きライダーから評価が高い


二輪の業績は好調、四輪が再建すれば生産終了モデルも復活するハズ

スズキの2022年3月期(2021年4月~2022年3月)連結決算によると、売上高は前期比12.3%増の3兆5684億円。しかし営業利益は同1.5%減の1915億円で4期連続の営業減益となった。

四輪事業は、営業利益が11.2%減の1528億円と減益。その一方で、二輪事業の営業利益は321.6%増の109億円と増益した。

スズキの二輪事業は決して不調なわけではない。屋台骨である四輪事業が上向きになれば、終売バイクの復活にも期待できるはずだ。

そして近い未来、新型GSX-R1000Rの登場と同時に、ぜひモトGPと世界耐久への復帰もお願いしたい。スズキは2012~2014年シーズンのモトGP参戦休止を経て、2015年に再開。翌々年に新型GSX-R1000もデビューしている。同様の流れを待ちたいところだ。



2020年のモトGPではジョアン・ミルが20年ぶりにスズキへライダーズタイトルをもたらした(写真)。世界耐久でもスズキとして計20回の年間王者に輝き、2021年のタイトルも獲得している



情報提供元 [ ベストカーWeb ]

この記事にいいねする

コメント一覧
  1. 藤田仁 より:

    復活❗️期待しかない❗️

  2. 匿名 より:

    ほんまにそれ、❗️

  3. スズ菌感染者 より:

    俺たちはいつまでも待つから、
    必ず復活させると言って欲しい

  4. 匿名 より:

    ヨシムラ、メーカー変えるのかな

  5. 匿名 より:

    松井しげき

  6. 匿名 より:

    不人気メーカーだから仕方がない

  7. 匿名 より:

    スズキも終わりか~・・・

  8. 匿名 より:

    終わんねぇだろアホか。

  9. 鈴木 より:

    スズキはバイク事業からの撤退を考えているのかも?

  10. 匿名 より:

    だいぶ前にオフロードを辞めた時点で終わりが始まったと思っている

  11. スズ菌 より:

    四輪部門でも
    ジムニーとかハスラーって
    個性的なクルマあるのに駄目なの?
    いいクルマより買いやすい乗用車がいいのかね
    ☓☓ウスとかどーでもいい様なクルマが?

  12. 匿名 より:

    終わらねえよアホ
    煽った記事でPV稼ぐな

  13. Papa より:

    いや、二輪は終わるって。
    途上国向けの下駄以外は。

    四輪がひどいから道楽はしてらんない。

  14. 匿名 より:

    ᐯストは650と1100があるし、そもそも
    250ってコンセプト的に無理があったような
    気がする。

  15. 匿名 より:

    ハヤブサや刀が焼き直しの時点で終わってた

  16. 鈴菌 より:

    ジムニーのバックオーダー相当あるだろうに、、、。
    まあ生産出来なければ、売れないから収益減になるのでしょうね。
    でも今、ハスラー(二輪)とかバンバンとか復活させたら売れるぜー。
    んで著者はなんなの?
    鈴菌被害者の会の人なの?

  17. 匿名 より:

    MotoGPやEWCからの撤退に合わせて二輪事業自体を諦めるのかもね。
    なんかバイクへの情熱を失ったように感じるよ。
    スクーターと軽自動車のメーカーに逆戻りするんじゃないかな...

  18. カタナ81 より:

    横内さんが泣いている

  19. 中年ライダー より:

    これからバイクを楽しもうとしている私には、寂しい話です。
    今 Vストローム250で念願のバイクライフを楽しんでます。

  20. 残念 より:

    2011のmotogp撤退は復帰前提の一時休止だった。
    苦戦が続いたV4のGSVRを諦めて、直4で出直すための開発期間だと、当初から公式に発せられたでしょうに。
    今回のは完全撤退。伝統のEWCも辞めるんだし、一度レース部門を完全に廃止したら復活なんてそう簡単にできない。

  21. 匿名 より:

    Vストと250Rは中華切りの流れの一環

  22. 匿名 より:

    Vスト250はインド発のVストSXに変わるだけなんじゃないの

  23. 匿名 より:

    ちゅうても新しい gsx-r1000 どうせ裏で開発してるんでしょ?

  24. 匿名 より:

    軽自動車がアメリカをはじめ世界中で販売されたら
    スズキは世界トップクラスの自動車メーカーになっていたのでは??

  25. 匿名 より:

    そらmotogpもewcも辞めるのにそのレプリカを作ってもどうすんのよって話だし
    現状でも両方でグランプリマシンなわけでその技術も十分に入ってるからこれ以上の新型出すも糞もないわな

  26. 鈴菌116号 より:

    1983年にWGPから撤退した時、250㏄クラスにガンマが発売され400/500のガンマに至っては1985年だったから完全に休止期間中の誕生でした。当時はガリーナとヘロンが型遅れのガンマに様々なモデファイを加えて走らせてたし、それに今回だってスズキのバイクでレース活動を継続する者に対してどんな形かは不明だがサポートはすると発表してるんだし、復帰の可能性は0ではないと思うし、GSX-Rも、条件が整えば新型発売も有ると思います。以外と海外にはスズキのオートバイのフリークは多いので、レース活動からの撤退は有っても二輪事業からの撤退はまだないと思います。

コメントをもっと見る
コメントを残す

ヤマハ YZF-R6の価格情報

ヤマハ YZF-R6

ヤマハ YZF-R6

新車 1

価格種別

中古車 8

本体

価格帯 215.01万円

215.01万円

諸費用

価格帯 15万円

15万円

本体価格

諸費用

本体

128.33万円

価格帯 60.25~182.65万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 230.01万円

230.01万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

112.8万円

価格帯 67.6~145.42万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スズキ GSX-R1000Rの価格情報

スズキ GSX-R1000R

スズキ GSX-R1000R

新車 118

価格種別

中古車 7

本体

価格帯 194.04~215.6万円

212.65万円

諸費用

価格帯 4.71~10.1万円

5.15万円

本体価格

諸費用

本体

183.17万円

価格帯 159~205万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 198.75~225.7万円

217.8万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

181.52万円

価格帯 170.15~189.6万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

【PR】スズキ GSX-R1000R 関連のおすすめ車両 関連のおすすめ車両

スズキ GSX250Rの価格情報

スズキ GSX250R

スズキ GSX250R

新車 294

価格種別

中古車 131

本体

価格帯 43~71.5万円

51.72万円

諸費用

価格帯 5.47~7.71万円

4.03万円

本体価格

諸費用

本体

42.73万円

価格帯 27.8~85.8万円

諸費用

3.58万円

価格帯 6.36~6.47万円


乗り出し価格

価格帯 48.47~79.21万円

55.75万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

46.32万円

価格帯 34.16~92.27万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スズキ Vストローム250の価格情報

スズキ Vストローム250

スズキ Vストローム250

新車 314

価格種別

中古車 108

本体

価格帯 49.5~61.36万円

53.97万円

諸費用

価格帯 7.09~7.18万円

6.88万円

本体価格

諸費用

本体

59.46万円

価格帯 52.92~67.99万円

諸費用

4.1万円

価格帯 3.49~5.67万円


乗り出し価格

価格帯 56.68~68.46万円

60.86万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

63.57万円

価格帯 56.42~73.66万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スズキ ジクサー 250の価格情報

スズキ ジクサー 250

スズキ ジクサー 250

新車 51

価格種別

中古車 11

本体

価格帯 38.05~40.76万円

40.2万円

諸費用

価格帯 6~7.99万円

6.68万円

本体価格

諸費用

本体

38.73万円

価格帯 33~41.9万円

諸費用

6.02万円

価格帯 6.47~6.58万円


乗り出し価格

価格帯 44.05~48.76万円

46.89万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

44.76万円

価格帯 39.58~48.37万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

【PR】スズキ ジクサー 250 関連のおすすめ車両 関連のおすすめ車両

スズキ ジクサー SF250の価格情報

スズキ ジクサー SF250

スズキ ジクサー SF250

新車 128

価格種別

中古車 42

本体

価格帯 36.15~47.37万円

41.85万円

諸費用

価格帯 4.55~7.47万円

6.37万円

本体価格

諸費用

本体

40.95万円

価格帯 32.8~48.8万円

諸費用

4.35万円

価格帯 2.59~6.52万円


乗り出し価格

価格帯 43.62~51.92万円

48.22万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

45.3万円

価格帯 39.32~51.39万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

【PR】スズキ ジクサー SF250 関連のおすすめ車両 関連のおすすめ車両

ホンダ CB1300スーパーボルドールの価格情報

ホンダ CB1300スーパーボルドール

ホンダ CB1300スーパーボルドール

新車 0

価格種別

中古車 70

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

114.31万円

価格帯 66~209.8万円

諸費用

12.01万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

126.32万円

価格帯 74.69~209.32万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す