すでに旧車のGPZ900Rに現代に通用する信頼性と走行性能を与える

GPZ900Rは直線を基調として構成される独特なシルエットから高い人気を誇り、登場からしばらくは最強・最速の代名詞として、その後継として高出力モデルが登場以降はスタンダードモデルとして長くラインナップに残り、2003年までロングセラーとして親しまれてきた。

それだけに非常に根強い人気を誇っており、中古市場に出回っている中古車の数も、生産終了から20年近い現在でさえ豊富な部類だ。流通数も多いので目にする機会が多いためか、比較的新しい時代のバイクであるという認識の人も少なくないだろう。そこで「程度が良好ではない車両だと安いから、悪い部分は修理がてらカスタムでフォローすれば、すんなりとあこがれのGPZ900Rに乗れる」と考える人もいるかもしれない。

しかし、それは正直なところお勧めはできかねる話だ。というのも人気車種ゆえに乱雑に扱われた車両が少なくないし、また安い個体は初期型に該当するケースも多い。フロントが17インチ化し、対向4ポッドキャリパーを採用して「せめてこのモデル以降を購入したい」といわれるA7ですら1990年製。もう30年前の車両である。それゆえに、GPZ900RをベースとしてカスタムコンプリートマシンRCMを多数製作してきたサンクチュアリー本店でも、カスタムベースとなるGPZ900Rを入手しても、年々程度が悪化することを実感していたという。

そこで「比較的新しいモデルなので、エンジン内部などをオーバーホールせずとも足まわりをリファインすれば十分現代的な走行性能が得られる」という従来の考え方ではなく、一歩先に進んでエンジンのフルオーバーホールや電装類の刷新を含めたメニュー化に着手するようになったのだ。

サンクチュアリー本店がGPZ900RベースでRCMを製作する際、スポーツパッケージとフォーミュラーパッケージの2パッケージメニューが存在する。前者はフレームやエンジンはそのままに足まわりの刷新を主眼とし、後者はエンジン換装を含めたフルカスタムを前提としたメニューだ。スポーツパッケージは製作時にエンジンチューニングやオーバーホールを依頼しない限り、エンジンには手を入れない前提のメニューだった。

ところが先にも触れたようにベース車両の程度が年々低下。エンジンの信頼性からして疑問か生じるようになり、電装類も配線の劣化などが心配になってきたことから、エンジンのオーバーホールとメインハーネス交換など電装類の刷新も前提としたメニューへと進化した。これが現在のスポーツパッケージ・タイプRである。ちなみにスポーツパッケージには、よりライトなメニューのタイプSも存在したが、もはやエンジンに手を入れないGPZ900Rは安心して乗れないと判断して、同社で手がけることはなくなったそうだ。

カワサキ GPZ900R 全体画像

さて、このGPZ900Rもスポーツパッケージ・タイプRとして生まれ変わった一台だ。足まわりはスカルプチャーのブラケットやスイングアーム、オーリンズ製フロントフォークに同リヤショック、O・Zレーシング製アルミ鍛造ホイールという組み合わせて、現代的なディメンションに再構築しつつ、高い路面追従性を発揮できる車体姿勢を追求。反り高い路面追従性をフルに発揮できるよう、ブレンボ製ラジアル4ポットキャリパーやサンスター製ブレーキローターを採用して強力かつ繊細なコントロールができるブレーキ性能が与えられた。さらにマフラーはナイトロレーシング、吸気はヨシムラTMR-MJNで整えられ、ストリートでは必要十分にパワフルな特性を得ている。

そしてメインハーネスはカワサキの高年式車から流用加工して刷新。スイッチ類など電装パーツも高年式車から流用し、純正ならではの高い信頼性を獲得している。

外装は純正パターンながら純正に存在しないオレンジ×ブラックを基調とするカラーリングとなったことで目に付きやすい存在となったが、ただ派手なばかりではない。同社が理想とする「旧車であっても歴代フラッグシップ立ちに現代に通用する高い走行性能を与え、あらゆるシーンを快適に、安心して走れるマシンづくり」を体現する存在として生まれ変わっているのだ。


カスタムポイント

カワサキ GPZ900R エンジン

エンジンはヴォスナーノーブレスト製ピストンφ74.5㎜で958㏄にボアアップ。その他は基本的にノーマルのままだが、現行タイプRならではのメニューである焼結合金製バルブガイドに入れ替えたり、クランクの曲がり修正などオーバーホールすることで信頼性をアブさせている。外観はガンコート仕上げだ


カスタムパーツギャラリー

純正そのままに見えるアッパーカウルだが、取り付け部(フレーム側ボス部)も強化されている。絶版になり高騰化が著しいミラーはブレにくさで定評あるマジカルレーシング製で軽量化しつつ、後方視認性も高めている



メーターはオリジナルで3連メーター化し、タコや水温計、燃料計はすべて信頼性の高いスタック製で統一。同社ではメーターには信頼性を第一に置いていて、場合によっては高年式カワサキ車のメーター流用も多い



GPZ900Rにバーハンドル化は定番中の定番。ハンドルバーはデイトナのRCMコンセプトを採用する。これは同社が開発したのではなくデイトナ側の提案により、RCMにふさわしいスタイルや機能にフォーカスして生まれた製品だ



レバーもジータのRCMコンセプト。ジータブランドをプロデュースするダートフリークの製品だ。超高速域での風圧でレバーが押されないようにと導風口を設けたり転倒時の破損を抑える可倒式とするなどレーシーな雰囲気抜群



フロントフォークはオーリンズ製だが、フロントフォーク交換時に意外と困るフロントフェンダーやフェンダーステーなどと同社でセット販売しているE×Mパッケージだ。一般流通も多く、結構な人気商品となっている



大容量ラウンドタイプのラジエターとオイルクーラーはともにナイトロレーシング製。現行車に比べて水温が上昇しやすいGPZ900Rエンジンを効果的に冷却できるとして古くから同社がリリースしており、今なお人気の商品だ



ステップはナイトロレーシング製。同社ではGPZ900R用アンダーチューブもリリースしているが、そのアンダーチューブとピボットプレートとの接続も考慮した設計となる。ステップ位置は4ポジションで調整可能だ



エキゾーストシステムはナイトロレーシング製をチョイス。同社ではエキゾーストパイプとサイレンサーそれぞれを選択式だが、昨今はトライオーバルタイプのサイレンサーも人気だ。サイレンサーはブラック塗装とカーボンエンド仕上げ



リヤショックはオーリンズ製をチョイス。高い性能に加えて信頼性が高く、セッティングデータが豊富であることから同社でもファーストチョイスといえるほど高い採用率を誇る。もちろんオーナーの特性に合わせてセッテンィグされる



スイングアームはスカルプチャー製で、RCM専用のチェーン引きを採用する特別品だ。さらにスタビライザーやメンテナンススタンドフックも追加する特注品だ。ホイールは将来の拡張性を考えて前後ともZRX1200用O・Zレーシング製だ


「GPZ900R by サンクチュアリー本店」の主なカスタム内容

エンジン総排気量 958㎤
ピストン ヴォスナーノーブレストφ74.5㎜
キャブレター ヨシムラTMR-MINφ38㎜
エキゾーストシステム ナイトロレーシング
オイルクーラー ナイトロレーシング
ラジエター ナイトロレーシング
電装系 ASウオタニ SPⅡ
ホイール (F)O・Zレーシング ガスRS-A 3.50-17
(R)O・Zレーシング ガスRS-A 5.50-17
タイヤ ピレリ
Fブレーキ キャリパー:ブレンボ ラジアル4ポット

ローター:サンスター

マスター:ブレンボ ラジアルポンプ

ホース:アレグリ
レバー:ジータ RCMコンセプト
Rブレーキ キャリパー:ブレンボ2ポット

ローター:サンスター
Fフォーク オーリンズ
ブラケット スカルプチャー
Rショック オーリンズ
スイングアーム スカルプチャー
ハンドルバー デイトナ RCMコンセプト
シート デイトナ RCMコンセプト
ステップ ナイトロレーシング


問い合わせ
サンクチュアリー本店
住  所 : 千葉県柏市大井554-1
電話番号 : 047-199-9712
Webサイト: http://www.ac-sanctuary.co.jp


情報提供元 [ カスタムピープル ]

この記事にいいねする

コメント一覧
  1. soushi より:

    いったいいくらで売りたいのですかね?

コメントをもっと見る
コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら
 

カワサキ GPZ900Rの価格情報

カワサキ GPZ900R

カワサキ GPZ900R

新車 0

価格種別

中古車 10

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

173.24万円

価格帯 112.4~223万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

166.2万円

価格帯 118.36~217.61万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す