戦後の復興期は、歯車やトランスミッション製造も請け負うエンジン供給メーカーだったカワサキ。以降、二輪メーカーとしての道を歩むうえで、カワサキはエポックメイキングなエンジンを生み出し続けた。

前編はこちら

次世代標準となった水冷DOHC4バルブ

空冷Z系エンジンにて世界への扉を開き、時代をけん引してきたと評しても過言ではないカワサキ。次世代のZとして開発されたGPZ900Rは、カワサキ車についてはもちろん、以降のバイク用エンジンにおいてもお手本的な役割をはたすことになる。

GPZ900Rの開発時、さまざまなエンジン形式が試された。そのなかから選ばれたのが、水冷DOHC4バルブ並列4気筒。その当時、すでに空冷DOHC4バルブ形式は存在していたが、カワサキの次世代Z用エンジン像は破格のパフォーマンスを追求していたため、空冷DOHC4バルブ形式では高回転・高速走行や連続高速走行などのシチュエーションで熱歪みが発生してしまい、要件をクリアできないと判断。DOHC4バルブを採用するならば、水冷方式は欠かせないと結論付けた。

→全文を読む

情報提供元 [ カワサキイチバン ]

この記事にいいねする

コメント一覧
  1. 匿名 より:

    誤認だらけの記事

コメントをもっと見る
コメントを残す

カワサキ GPZ400Rの価格情報

カワサキ GPZ400R

カワサキ GPZ400R

新車 0

価格種別

中古車 1

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

39.8万円

価格帯 39.8万円

諸費用

7.75万円

価格帯 7.75万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

47.55万円

価格帯 47.55万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

カワサキ W650の価格情報

カワサキ W650

カワサキ W650

新車 0

価格種別

中古車 47

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

81.51万円

価格帯 55~200万円

諸費用

6.9万円

価格帯 4~8万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

88.41万円

価格帯 59~208万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す