ありそうでなかったZ1Rのバーハンドル+フレームマウントカウルの組み合わせを違和感なく実現

空冷Z系のなかでも特異なデザインを採用するZ1R。カフェレーサーライクなビキニカウルだけではなく、Z1以来の曲線的なデザインから直線を多用した鋭角的なデザインを採用するなど、今なおその存在感の高さは一層際立っているといえるだろう。


そのZ1Rをベースとしてカスタムマシンを製作したのはサンクチュアリー本店。20数年に及ぶ同社の歴史上、今や700台以上のカスタムコンプリートマシン”RCM”を製作してきたが、そのカスタムスタイルにはいわゆる定番が存在し、そこから大きく外れることは多くない。というのも”サンクチュアリー本店製作のRCM”を求める声が圧倒的に多いからで、ほとんどの人は雑誌やインターネット上でRCMのことを熟知したうえで同社に製作を依頼している。つまり過去に製作されたRCMを踏襲したマシンに自分も乗りたい、という人が多いわけだ。

ただ、一部には例外もある。一定のスタイルの範疇ではあるものの、そのなかに自分の個性を盛り込みたいと思う人も一定数はいるものだ。今回紹介するRCM-576もまた、そのようなオーナーの意向が盛り込まれることになった。それが『バーハンドルでありながらビキニカウルのフレームマウント化』だ。

RCMとはカスタムマシンであることを踏まえ、性能面と見た目の両立を重視している。つまり性能さえ高ければいい、カッコだけよければいいという選択肢はない。しかし、ビキニカウルをフレームマウント化したうえでバーハンドル化させると、ブレーキ/クラッチマスターのレバーがビキニカウルと干渉してしまう。それを避けるにはビキニカウルを前方にせり出させて干渉を回避するしかないが、それではカッコよさをスポイルしてしまう…。

何の制限もなく「ビキニカウルのフレームマウント化とバーハンドル化を同時に行なってほしい」というカスタムオーダーであるのなら、とくに問題はない作業ではあるだろうが、このマシンはRCM。サンクチュアリー本店が製作する最高峰のカスタムマシンという位置付けである以上、見た目をスポイルすることは許容できなかったという。

そこで担当メカニックも苦戦しつつ、ハンドル切れ角はスカルプチャー製SPステムキットそのものの切れ角を確保しつつ、ビキニカウルは極力前に出さずに取り付けられている。このあたりの調整は同社だと㎝どころか㎜単位での調整を繰り返しており、見た目のバランスと実用面の両立を徹底的にこだわっている。

なお、Z1R純正はメーターやビキニカウルなどがすべてステムブラケットに装着される関係からフロントヘビーになっており、ハンドリングに関しての評価は正直高くはない。その最大の泣きどころをフレームマウント化によって改善すれば、ハンドリングへの効果も絶大とのことだ。

そしてそのハンドリングの向上効果をさらに高めるよう、足まわりには国内外の一級品を投入。O・Zレーシング製アルミ鍛造ホイール、ブレンボ製ブレーキキャリパー&マスター、サンスター製ディスクローター、オーリンズ製前後ショックユニットで足まわりを構成。高品質・高性能なパーツ構成だけではなく、同社によってストリートユースに最適なセッティングを行なうことで、それらのパーツ性能を引き出し、ハイレベルな走行や多彩なシチュエーションに対応できるようにしている。

エンジンそのものはロングライフを志向して極限的なハイチューンは行なわれていないが、オイルをエンジン内に効率的に循環させるトロコイドローター式ハイプレッシャーポンプや、扱いやすさを向上させる6速クロスミッションEVOシステムを導入。より長く、安心して乗れるパワーユニットとしている。さらに吸排気も整えることで純正状態よりもよりパワーを実感できる仕様となっている。

先に挙げたビキニカウルのフレームマウント化+バーハンドル以外にも、オーナーのこだわりは細部にもおよび、メーターやウインカー、グラデーションパターンなど多岐に渡る。一つひとつの要望をどうすれば実現できるのかをオーナーとディスカッションを重ね、かつ性能をスポイルせず見た目を重視して時間を要しても納得する仕上がりを追求。「パッと見てサンクチュアリー本店のRCMは派手さはないが見た目がキレイ」という評価をよく聞くが、細かい作業の積み重ねによって見た目のバランスを徹底的に追求する姿勢こそが、そのキレイさを導き出しているのだ。こういった姿勢は一般ユーザーがカスタムする際にも意識して見習っていきたいところだ。


カスタムポイント

ビキニカウルの位置関係には非常にこだわっており、ハンドル切れ角を最大化させつつ違和感のない位置とするため、㎜単位での微調整を繰り返している。またウインカーもブラケットからわざわざ新設し、最適な位置に配置。サンクチュアリー本店製作のマシンはこのように細かい部分を徹底的にこだわるからこそ、高い完成度をもたらしているのだ


カスタムパーツギャラリー

メーターはワンオフされ、スタックのタコ&スピード計と燃料計をセット。さらにヨシムラのPRO-GRESSマルチテンプメーターで油温度を管理する。また下部にはしっかりとインジケーターも装備



意外と思ったがZ1Rのバーハンドル仕様とビキニカウルのフレームマウント化を両立させた事例は同社にはこれまでになく、今回が初の試みとなる。ハンドル切れ角と見た目のバランス取りのため多大な労力が注ぎ込まれた



フロントフォークはオーリンズ製だが同社からフロントフォーク交換時に必須となるフェンダーやそのステーなどをセット販売するE×M(エキスチェンジモード)パッケージを活用。公道仕様として最適な特性も追求



ノーブレストヴォスナー製ピストンとケントカムST-1を組み込み、吸排気系も整えたことで純正よりもはるかにパンチ力に勝り、パワフルな特性を得た。またトロコイド式ハイプレッシャーオイルも採用して冷却効果を最大化



ステップは車体のスタイルを選ばないシンプルな造形とボールベアリング内蔵により高い操作性が得られるナイトロレーシング製をチョイス。サンクチュアリー本店製作のRCMには欠かせないパーツだ



O・Zレーシング製アルミ鍛造ホイール、ブレンボ製キャリパー、サンスター製ローターと第一級のブラント製で固めたフロントまわり。性能を突き詰めるうえでいずれも欠かせないパーツブランドばかりだ



チタン製パイプを輪切りにして溶接し直すウェルドクラフト製法のナイトロレーシング製マフラーは人気の一品。こんな複雑な製法をわざわざ採用するのは、曲げにより断面の潰れを抑止することと、極力エンジンに近付けるため



リヤショックはオーリンズのブラックライン。プログレッシブ効果を高めるためマウント部をレイダウン処理して装着し、さらにスタッフの実走で公道走行に最適化させている



スイングアームは空冷Z系を17インチ化した際に最適になるよう同社で開発したスカルプチャー製。同社も初期には純正流用を採用していたこともあるが、最適な17インチ空冷Z系マシンとするため開発されたものだ



リヤブレーキは単純な制動力アップのためというより、ブレーキング時に車体姿勢と車速をコントロールしやすいよう、現代のブレーキンク事情に合わせてあえて踏みしろを大きくしている


「Z1R by サンクチュアリー本店」の主なカスタム内容

エンジン総排気量 1,105㎤
ピストン ノーブレストヴォスナーφ73㎜
カムシャフト ケントカム ST-1
キャブレター ヨシムラ TMR-MJNφ38㎜
エキゾーストシステム ナイトロレーシング
電装系 ASウオタニ SPⅡ
オイルクーラー ナイトロレーシング 11インチ13段
ホイール (F)O・Zレーシング ガスRS-A 3.50-17
(R)O・Zレーシング ガスRS-A 5.50-17
タイヤ ピレリ
Fブレーキ キャリパー:ブレンボ4ポット
ローター:サンスター
マスター;ブレンボ ラジアルポンプ
Rブレーキ キャリパー:ブレンボ2ポット
Fフォーク オーリンズ
ブラケット スカルプチャー
Rショック オーリンズ
スイングアーム スカルプチャー
ハンドルバー ポッシュフェイス
ステップ ナイトロレーシング
メーター スタック ST700SR


問い合わせ
サンクチュアリー本店
住  所 : 千葉県柏市大井554-1
電話番号 : 047-199-9712
Webサイト: http://www.ac-sanctuary.co.jp/


情報提供元 [ カスタムピープル ]

コメントを残す

 
今回紹介したブランドはこちら
 

カワサキ Z1-R/Z1-RIIの価格情報

カワサキ Z1-R/Z1-RII

カワサキ Z1-R/Z1-RII

新車 0

価格種別

中古車 12

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

474.99万円

価格帯 369~579万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

450.11万円

価格帯 380.49~541万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す