写真:関野 温

この企画はライディングポジション、ミラー、シート、サスペンションなど、ある特定の機能や装備をインプレッションするという企画だ。“一ヶ所だけの感想で2ページも語れるのか?”といった心配もあるが、意外と語るべきネタは多い。

市街地で楽しめるハイパワーエンジン

ZX‐14Rはカワサキ二輪事業の熟成の極みだ。コーナリング性能、各機能の操作、重量バランスといった性能面からデザインまで、あらゆる要素にこれまでの経験が活かされ、高い完成度をほこっている。スロットル操作に対するエンジンの反応も例外ではない。

とにかくエンジンの反応がやわらかい。このエンジンフィーリングは走り出してすぐに気付く。わずかなスロットル操作に対するエンジンの反応が非常にマイルド。いや、マイルドとは少し違って、扱いやすいのだが、そのひと言ではすまされない。やんわりエンジンが反応するのだが非力感はなく、芯があるかのごとくスロットル操作にシッカリと反応するのだ。たとえるなら、ものすごいパワー感のあるニンジャ250といったところか。

→全文を読む

情報提供元 [ カワサキイチバン ]

コメントを残す

カワサキ ZX-14Rの価格情報

カワサキ ZX-14R

カワサキ ZX-14R

新車 0

価格種別

中古車 26

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

153.01万円

価格帯 98.3~224.9万円

諸費用

8.5万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

161.52万円

価格帯 121.32~220.26万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す