モトレポートでは、試乗インプレの他に新車・中古バイク検索サイト「ウェビック バイク選び」に掲載されているバイクに関する情報を発信しています。

ハスクバーナ・ヴィットピレン401レビュー

ウェビックコミュニティのMyバイクより、実際に乗っている・乗っていたオーナーの声を基に様々なバイクを紹介する「オーナーレビューまとめ」。
今回は、ハスクバーナ・ヴィットピレン401(VITPILEN401)についてオーナーの生の声をお届けします!

ぶっちゃけヴィットピレン401ってこういうバイク!!

北欧スウェーデンにそのルーツを持つハスクバーナですが、現在はオーストリアのKTMの傘下となっています。面白いのは、ロードスポーツモデルにしろ、オフロードモデルの競技専用モデルにしろ、ハスクバーナのバイクは、全てKTMのバイクをベースとして作られるということでしょう。

ヴィットピレン401で言うなら、KTMの390デュークがそのベースモデルとなっています。名前の数字こそ401と390で違っていますが、搭載するエンジンの排気量は373ccで一緒なんです。車体に関しても、メインフレームやスイングアームといった基幹となるパーツを共有しています。ヴィットピレン401は、390デュークの着せ替えモデルという訳ですね。

ところが面白いのはここから。KTMとハスクバーナ、エンジンも車体もベースは同じなのですが、車体を見比べると、ベースが一緒とはにわかに信じがたいくらい別のバイクへと変貌を遂げているのです。KTMの390デュークがスポーツネイキッド路線だとすると、ヴィットピレン401は、デザイナーズバイクといいますか、かなりこだわりの強い意匠が与えられています。

ちなみにデザインを行っている会社も同じキスカデザインなのですが、ハスクバーナのモデルたちはカラーリングもモノトーン調で、どこかモダンクラシックな雰囲気でまとめ上げられています。

またハスクバーナのモデルの多くは、あまり足着き性を考慮していないと言えます。このヴィットピレンに限らず、モタードモデルなども含めて全般的に「足着き性アップのためにデザイン性を犠牲にするならこのまま出そう」と言わんばかり。

さて、そんなデザイン優先で作られたヴィットピレン401ですが、乗り味も一風変わってます。セパレートハンドルのおかげでライディングポジションはやや前傾がきつめ。フットポジションもやや高め。雰囲気的には昔のレーサーレプリカに近く、近年のバイクにはあまり目にしない攻めたポジションが与えられています。

ポジションは慣れの問題とはいうものの、この前傾姿勢のため意外に高いと感じる810㎜足着き性も含めて、事前に跨るなどしてチェックした方がいいかもしれませんね。

Webikeユーザーはヴィットピレン401をどう感じている?

オーナー平均満足度は5点満点中で3.38点!(評価人数:25人)

詳細はコチラをクリック

VITPILEN 401
新車平均価格:89.7万円
中古車平均価格:120万円
口コミ件数7件
データは2022年8月2日現在

六角形の中でルックスが4.86ととびぬけて高得点を獲得しているのが、このバイクの特徴を言い表しているのではないでしょうか。コメントも「一目惚れ」が多く、オーナーさんは独特のルックスに惚れ込んだ方がほとんどかもしれません。積載やライディングポジションは「デザインのために割り切れる」という声も聞こえてくるのも特徴です。

ヴィットピレン401のざっくりまとめ

良いところ

・とにかく見た目がカッコいい!
・車体が軽く、とても挙動がクイックです。
・ショートストロークの単気筒らしい良く回るエンジン
・当クラスにおいて国産にはない豪華装備
・初めて乗るバイクでも全然いけると思います

悪いところ

・長距離を走ると腰や首が痛くなってくる
・実用性や快適性を求める人にはおすすめしません
・各所の塗装の耐久性が弱いと感じる
・峠ではニーグリップがしにくく、何かしらの対策が必要
・積載性は皆無

ヴィットピレン401オーナーの声

ここでは数ある口コミの中でも特に印象的だった声を紹介します。

購入動機・用途・比較車種 一目ぼれ、大型より日常の足となる中型クラスから選択!
長所・満足な点 ・類を見ない外観
・当クラスにおいて国産にはない豪華装備
1.アシストスリッパークラッチ 2.クイックシフター(上下共)3.WPサスペンション、BYBREブレーキ等々
・「走る、止まる、曲がる」の3拍子が高次元で楽しめる
短所・不満な点 ライポジ(悪)、積載性(無)は長所からくる犠牲なので、納得済。タンク部が狭いので、峠ではニーグリップがしにくく、何かしらの対策が必要。以上以外に欠点無し
これから買う人へのアドバイス 更に個性を出すなら、カスタムパーツを海外サイトで探す必要あり。とにかく外観が好きな人、希少車好きな人は◎。ライポジ(悪)がイメージ出来ない人は試乗を多めに!
購入動機・用途・比較車種 見た目に一目惚れしたのと、ニッチすぎる方向性が気に入った。
長所・満足な点 シンプルで独創的なスタイリングに飽きがこない。このクラスにしては細かいところの質感がとても高い。
400CCクラスでは国産4メーカーを圧倒するトルクウェイトレシオからくる気持ちの良い加速。バックトルクが少なく、よく効くブレーキと合わせたストレスの少ない減速。軽量な車体と出来の良いサスペンションで、思い通りに扱えるハンドリング。
いずれもメリハリがあって、乗っていてとても気持ちが良い。
短所・不満な点 ライディングポジションの厳しさから、長距離走行には気合が必要。※慣れてしまえば、東京-京都の往復(1000km超)も苦ではなくなった。タンク容量が少なく、ハイオク指定というところも、長距離走行に気を遣う。各所の塗装の耐久性が弱いと感じる。
これから買う人へのアドバイス なにか自分でカスタムをしようとしても、情報がネット上にないので少し大変。シンプルがウリのバイクなだけに、後付けでゴチャゴチャさせたくない人は何かを装着するたびにアイデアが必要になります。(シート下にもほぼスペースがないため)
※ちなみに、車載工具をおろすことで ETC本体とドラレコ本体 をシート下に収納することができています。(2020年式はシート下レイアウトが異なるため、収納力不明)
ショートテールですが、意外にタンデムもそれなりにこなせます。(タンデムバーがあることでお尻を程よく抑えてくれ、前愛車のMT-25よりも乗りやすい・疲れないと同乗者からは聞いてます)
積載性がゼロとよく言われますが、今どきのネイキッド・SS系でも結局、シートバッグを付けたり、サイドバッグを付けるなどするわけですから、同じことをすれば、同程度の積載能力は得られます。(キャンプ道具一式の積載くらいは難なくこなせます。)
2020年型は、快適装備が増えている反面、とがった部分(ロングテール化、ハンドル位置軟化、エキマニの取り回し etc)がマイルドな方向に変更されているようです。
とがった部分を楽しみたい方は2018年型を、少しでも快適にVP401を楽しみたい方は2020年型を選ばれると良いかと思います。
購入動機・用途・比較車種 展示会で一目惚れして乗り換え。
長所・満足な点 とにかくかっこよくて、他人のバイクが羨ましくない。車体が軽くコーナリングが軽快。パワーも自分には充分過ぎる程で、特に高速が走りやすくなりました。
短所・不満な点 デザインの為に多くの代償を払っており、高いシートと低いハンドルがなかなかにサディスティック。積載性は皆無で、タンクも小さく航続距離は短い。でもすき。
これから買う人へのアドバイス まずバイクに実用性や快適性を求める人にはおすすめしません。かっこよければ全て善し!な人には是非とも乗って頂きたいバイクです。

 

カスタムパーツを探している方はコチラ!
https://www.webike.net/md/13978/

ヴィットピレン401のライバルをチェックする

個性の塊のようなヴィットピレン401。ライバルは同じくハスクバーナの兄弟モデル、スヴァルトピレン401でしょう。実は、エンジン、車体も共用しています。セパレートハンドルに前傾ポジションでカフェレーサースタイルのヴィットピレン401に対し、スヴァルトピレン401は、ブロックタイヤを組み合わせたスクランブラーテイストが与えられており、ポジションもアップ目。シート高に関しては、スヴァルトピレン401も同じ810㎜ですが、アップライトなポジションのおかげでスヴァルトピレン401の方が楽に感じるかもしれません。

ちなみに、ヴィットピレンとはスェーデン語で“白い矢”。スヴァルトピレンは“黒い矢”という意味です。

それでは、ライバルの口コミが気になる方は、コチラもチェックしてみましょう!
※オーナー平均満足度や口コミ数は2022年8月2日現在です。

スヴァルトピレン

詳細はコチラ

https://www.webike.net/md/13978/

HUSQVARNA SVARTPILEN401
オーナー平均満足度4.06(評価人数: 71人)
新車平均価格: 92.45万円
中古車平均価格: 72.23万円
口コミ件数8件

 

ヴィットピレン401:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
ヴィットピレン401のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
ヴィットピレン401の新車・中古バイク一覧を見る
コメントを残す

ハスクバーナ VITPILEN 401の価格情報

ハスクバーナ VITPILEN 401

ハスクバーナ VITPILEN 401

新車 16

価格種別

中古車 5

本体

価格帯 66.47~76.7万円

75.64万円

諸費用

価格帯 13.52~16.75万円

13.86万円

本体価格

諸費用

本体

72.56万円

価格帯 56.65~111.46万円

諸費用

13.53万円

価格帯 4.93~8.53万円


乗り出し価格

価格帯 80~93.45万円

89.51万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

86.09万円

価格帯 61.58~120万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す