HIMALAYAN(411cc)
オーナー:としみやさん

ウェビックコミュニティに投稿されているMYバイクを毎週1台紹介するこのコーナー。今回紹介するモデルはロイヤルエンフィールド「HIMALAYAN」、オーナーは「としみや」さんです。

アドベンチャーバイク。それはどこまでもツーリングを楽しめそうな冒険心を掻き立てるカテゴリーながら、圧倒的な車体サイズや重量、シート高さなどに身構えてしまい、なかなか選択肢に入らないという人もいるのでは。しかし、「HIMALAYAN」は、とても個性的でとっつきやすいモデルです!

ぱっと見ても、ハイテクを駆使したリッタークラスのアドベンチャーにくらべて、ヒマラヤはとてもクラシックなスタイル。オーソドックスな丸目一灯(LEDではありません)、シンプルな空冷OHC単気筒、無骨なパイプが目立つ分割クレードルフレームと、オールドルックな雰囲気そのもの。しかし走破性の高い21インチのフロントホイールアンダーガード15Lの大型タンクなどの装備はオフロードの走破性も見込んだアドベンチャーバイクのものであり、とても個性的なルックスをしています。

車重は199kg、最大出力は24.3PS/6,500rpmと、400ccのバイクにしてはそれほどパワフルとは言えないにせよ、オーナーの声からも「急かされない乗り味でオジサンには最適かな」と、バイクのキャラクターに合ったレベル。リア17インチのホイール径も相まって足つきも悪くなく(シート高800mm)、街乗りでも取り回しやすいアドベンチャーという側面も持っています。

「としみや」さんのヒマラヤは一見するとかなりカスタムされているような、ミリタリールックな雰囲気。ところがこちらほとんど純正パーツなのも驚き。メーターバイザーはデフォルトで装備されており、サイドボックスはオプションながら積載能力を大アップ。とくに無骨な雰囲気をかもし出すタンクガードも、純正そのままのスタイルなんです。それでいてゴリゴリのアドベンチャーのようなイカつさはなく、「普段着みたいな恰好で乗っても違和感が少ない」という感想には納得です!

インドのメーカーであるロイヤルエンフィールドのバイクは、海外メーカーながら全国に正規代理店がありアフターパーツなどの相談もしやすい。他人とは違うバイクが欲しい! という個性派ライダーにとって注目は欠かせないメーカー。2016年にインドで発売が発表されたヒマラヤは2018年から本格的に国内上陸したが、まだまだ見かける機会は少なめ。

こちらは「T004」さんのヒマラヤはアドベンチャーらしく林道にもアタック。しかしロングストロークのエンジンのわりに低速トルクはやや頼りないようで、頑丈ながら200kg近い車重も相まってオンロードのほうが得意な様子です。

 

<MYバイクコメントより>
■購入動機

クラシック350と乗り比べ、本命だったクラシックより気に入って購入

■長所

カッコイー!!
クラシカルな外見、急かされない乗り味でオジサンには最適かな、普段着みたいな格好で乗っても違和感が少ない

■短所

ディーラーが少ない、情報も少ない、カスタムパーツも少ない、排気量・ロングストロークという事から期待していた程のトルク感が無い(特に2,000rpm付近)

■これから買う人へのアドレス

自分も乗り始めてからの期間が短いので特に言える事は無いが、気になっている方は是非試乗する事をお勧めします。

>>Webikeコミュニティで「としみや」さんのバイク詳細情報を見る

バイクのスペックやユーザーレポート、新車・中古車情報など盛りだくさん!
【HIMALAYAN:オススメ関連情報】
ニンジャ250の関連情報を見る
ニンジャ250の新車・中古バイクを見る
ニンジャ250のレビューを見る
ニンジャ250の関連パーツを見る

■バイクがもっと楽しくなる Webikeコミュニティ

この記事にいいねする

コメントを残す

ロイヤルエンフィールド HIMALAYANの価格情報

ロイヤルエンフィールド HIMALAYAN

ロイヤルエンフィールド HIMALAYAN

新車 18

価格種別

中古車 0

本体

価格帯 75.96~89.43万円

84.33万円

諸費用

価格帯 16.96~18.46万円

17.31万円

本体価格

諸費用

本体

万円

価格帯 ―万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 94.43~106.39万円

101.65万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

万円

価格帯 ―万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

【PR】ロイヤルエンフィールド HIMALAYAN 関連のおすすめ車両 関連のおすすめ車両