●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司) ●写真:ヤングマシン編集部 ●外部リンク:F.Bモンディアル

イタリアのモンディアルは、MotoGPの祖となる世界選手権ロードレースの創成期に125クラスで大活躍した名門チーム。当時はレーシングマシンしか作っていなかったが、半世紀余りを経て公道モデルで大復活!「原付」という名称が不似合いなほどに立派なフルサイズ125は、今後の原二スポーツ界に大きな影響を与えそうだ。

イタリア名門の参戦で、フルサイズ125スポーツが熱い!

F.Bモンディアルジャパンによって2018年から国内販売が行われているが、モーターサイクルショーで一般公開するのは今回が初めてだ。モンディアルは第二次大戦後間もない1948年に創業し、世界選手権レースの125・250クラスで大活躍したイタリアの名門。1979年に会社は解散したが、2015年のEICMA(ミラノショー)でHPS125を発表して見事に復活した。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

コメントを残す