スズキのHayabusa(ハヤブサ)がカラーリングを変更して6月28日より全国のスズキ「ETC2.0 車載器 標準搭載車 取扱店」で発売する。
Hayabusaは1999年に初代モデル、2007年に2代目モデル、2021年4月に3代目として全面改良して発売。初代から続く開発コンセプト「Ultimate Sport(究極のスポーツバイク)」のもと、高い空力特性を持つ独特のデザインや優れた走行性能で世界中のライダーから好評を博しているフラッグシップだ。

カラーオーダープランを合わせると、トータルで21色展開!

今回のカラーチェンジで目玉なのがユーザーの好みに応じて外装色の組み合わせや前後ホイールのカラーを選択できるカラーオーダープラン(受注生産)だ。これは外装カウル3色、外装アクセントカラー3色、ホイール3色を組み合わせることができ、標準カラー3色を含むとトータルで21パターンの組み合わせが可能。スズキホームページ内の「Hayabusa カラーオーダープラン」サイトで確認できる。



2022 Hayabusa詳細

一目で「Hayabusa」とわかるデザインは、流麗なフォルムに大胆な面使いと前傾姿勢でシャープかつエッジの効いたスタイリングを採用した。ボディーカラーはフロントフェイス左右にある吸気口、ボディー側面、リヤまわりに車体色とは異なるアクセントカラーを用いたツートーンカラー。

また、吸気口の縁にはポジションライト組込型ターンシグナルを採用。1,339cc直列4気筒エンジンは、電子制御スロットルの採用や吸排気の機構変更などにより、低中速域における出力とトルクを向上しながら、空力特性の追求によって高速性能を落とすことなく、平成32年(令和2年)国内排出ガス規制に対応。

電子制御システム S.I.R.S.(スズキインテリジェントライドシステム)には、出力特性、トラクションコントロール、エンジンブレーキコントロールなど 5 つの制御レベルを選択できる SDMS-α(スズキドライブモードセレクターアルファ)を採用したほか、設定速度を超えないようにするアクティブスピードリミッターを採用した。

各種の電子制御のモード数を多く設定することで、街乗りやツーリングなど様々な走行シーンやユーザーの好み、技量に対応できるようにした。日本専用装備としてツーリング時の利便性を高める ETC2.0 車載器を標準装備した。

メーカー希望小売価格:2,156,000円(カラーオーダープランは2,211,000円)


灰/赤 「サンダーグレーメタリック/キャンディダーリングレッド 」(CJH)



黒/マット黒「グラススパークルブラック/マットブラックメタリック No.2」(KGL)



白/青 「ブリリアントホワイト/パールビガーブルー」(JWN)

 

主要諸元

全長 (mm) 2,180
全幅 (mm) 735
全高 (mm) 1,165
シート高 (mm) 800
重量 (kg) 264
エンジン種類 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ並列4気筒
総排気量 (cm3) 1,339
最高出力 (PS/rpm) 188/9,700
最大トルク (N・m/rpm) 149/7,000
燃料タンク容量 (L) 20L
変速機形式 常時噛合式6速/リターン式
タイヤ 120/70ZR17M/C(58W)
190/50ZR17M/C(73W)
ブレーキ 油圧式ダブルディスクブレーキ(ABS)
油圧式シングルディスクブレーキ(ABS)
コメントを残す

スズキ HAYABUSAの価格情報

スズキ HAYABUSA

スズキ HAYABUSA

新車 157

価格種別

中古車 56

本体

価格帯 193.78~222.2万円

216.78万円

諸費用

価格帯 6.2~8.74万円

5.49万円

本体価格

諸費用

本体

101.53万円

価格帯 53.25~188.9万円

諸費用

3.51万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 199.98~230.94万円

222.27万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

105.04万円

価格帯 55~186.89万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す