●文/市本行平 ●写真/宮下豊史/HONDA

3月17日の発売に先駆け、ホンダが新型NT1100の試乗会を実施した。NT=ニューツアラー(New Tourer)という新しい大型のスポーツツーリングモデルで、CRF1100アフリカツインをプラットフォームに開発された。

NT1100は、オフロードモデルのアフリカツインにオンロードでもスポーツ走行を楽しめるように専用の足まわりを与えることで、CB1300に近い立ち位置となった。そして、この秋に30周年を迎える同車にファイナルエディションが用意されるという。これらの動きに関連はあるのか?

NT1100の精度の高いハンドリングはCB1300に通じるフィーリング

今回、NT1100に試乗してすぐに扱いやすいハンドリングに安心感を覚えた。カッチリとした精度の高さがあり、これがライダーの技量を補ってくれるので大型バイクの扱いをよりイージーにしてくれるのだ。これはまさにCB1300が長年熟成させてきたものと同じフィーリングだった。

車重が270kg前後もある超大型のCB1300がロングセラーになったのは、徹底的に扱いやすさにこだわった改良が功を奏したからと言えるだろう。NT1100にもこの技術が感じられ、さらにCB1300より軽量な車体で気軽に付き合うことができる存在になるだろう。

実はNT1100に乗る前に、CB1300シリーズにファイナルエディションが用意され、2022年で生産終了になるという噂を聞いていた。CB1300は2021年型でモデルチェンジしたばかりなのになぜ? と不思議だったのだが、NT1100に乗ると走りやモデルコンセプトがCB1300スーパーボルドール(SB)と被っており、「ついに世代交代か~」と納得したのだ。


3月17日に発売される新型NT1100。快適性と多用途性をバランスさせることを重視した、ホンダとしてはVFRシリーズ以来久しぶりのスポーツツーリングモデルとなる。価格は168万3000円


NT1100は並列2気筒1082ccエンジンを搭載。アフリカツイン(右)をベースにオンロードタイヤとハーフカウルを装備している


海外版のブロスやドゥ―ビル(写真)が冠した「NT」というコードで令和にデビューしたNT1100は、開発者によるとドゥービルを参考に開発されている

NT1100はCB1300のダウンサイジング需要に対する受け皿に

実際、NT1100の製品企画でもCB1300のダウンサイジング候補としてNT1100を位置づけている。開発者責任者の清野氏は「今までの大型ツアラーは快適性が高い一方、取りまわしし難かったりツーリング以外に使うには気が引けるという声がありました」と語る。

これは、1800ccのゴールドウイングやCB1300SBを指すのだが、CBの並列4気筒1284ccエンジンが113PSを発揮しているのに対してNT1100は102PSとほぼ同じレベル。パワーウエイトレシオで
は横並びなので、NT1100はCB1300SBの機能を満たすと言えるだろう。

加えて、NT1100はCB1300SBよりも20kg以上軽量なので、日常での使い勝手も視野に入る。欧州での現地調査によるとNT1100の前身であるNT750ドゥービルのオーナーたちは、日常使いから週末のツーリングまで幅広い用途で活用しており、これの代替機としても想定されている。

日本の交通事情では日常使いには難しい面があるが、旧来のコンセプト上にあるCB1300SBに対してNT1100が提供できるものは多く、ほぼ同じ車両価格でDCTやアップルカープレイ及びアンドロイドオートなどによる新次元の快適性が味わえるのも利点となるのだ。


2021年型で電子制御スロットルやトラクションコントロールを装備して排ガス規制にも対応したCB1300スーパーボルドール。価格は167万2000円


国内でのNT1100の位置づけはCB1300SB(赤丸)やVFR800X(黄丸)の代替え候補。CB400SB(青丸)も含め2022年に生産終了予想なので、4気筒のツアラーがここで途絶えるだろう


NT1100はスマホをUSB接続するだけでアプリをメーター画面に表示する。インカムでガイドも聞ける。こういった現代的価値を提供することもNew Tourerの真価だろう


NT1100はネイキッド由来のCB1300SBと異なり、ツーリングに必要な装備も同時に開発されている。このように純正オプションでフルパニア化も容易だ

今はビッグバイクもスマートに乗る時代に?

CB1300スーパーボルドールがデビューしたのは2005年。日本国内で高速道路での二人乗りが解禁されたタイミングに合わせて発売されたのだ。そして、今回のNT1100はAT限定大型免許の排気量上限撤廃に加え、4月からの高速料金定率割引の実施に合わせた市場投入となる。

ホンダは日本の「二輪文化は成熟へ」向かうフェーズにあると分析しており、NT1100はこれに対する最適解となる。これまでの軽自動車と同じくくりではなく、普通車の半額という二輪料金で高速道路でより長距離をこなしてくれるモデルが求められており、クラッチ操作は不要で二人乗りが快適。さらに荷物もたくさん積むことができるスマートなビッグバイクだ。

CB1300の前身である初代CB1000スーパーフォアが登場した1992年末からビッグバイクを取り巻く環境は大きく変化しており、ホンダがCB1300シリーズのファイナルエディションを出すのはこれに対応するのが理由だろう。

NT1100は欧州でも発売されグローバルでも通用する成熟市場へ向けたモデル。一見、日本では需要が低そうなスタイルに見えるが、ホンダモーターサイクルジャパンによると計画台数800台に対して現時点で450台の受注を受けており、販売は好調だという。

NT1100と入れ替わるタイミングで、ホンダファンバイクで唯一生き延びたガラパゴスモデルのCB1300/400シリーズが生産終了すると予想されるのは、時代の変化を象徴する出来事だろう。


1988年のゴールドウイング(1582cc)から始まった規制緩和。昔を知るライダーにとって現在はバイク天国と言える環境に。NT1100はここにドンピシャな存在だ


2気筒エンジンはフラットトルクなので急かされずロングツーリングしたくなる。BMWツアラーに近いコンセプトでベテランライダーほど良さが分かるだろう

2022年型NT1100主要諸元

・全長×全幅×全高:2240×865×1360mm
・ホイールベース:1535mm
・シート高:820mm
・車重:248kg
・エンジン:水冷4ストローク並列2気筒SOHC4バルブ 1082cc
・最高出力:102PS/7500rpm
・最大トルク:10.6kgf-m/6250rpm
・燃料タンク容量:20L
・変速機:電子式6段変速(DCT)
・ブレーキ:F=Wディスク、R=ディスク
・タイヤ:F=120/70ZR17、R=180/55ZR17
・価格:168万3000円

情報提供元 [ ベストカーWeb ]

コメント一覧
  1. ドッサリーノ より:

    CB1300SBに乗ってます。
    NTが、乗りやすい扱いやすい…のは、理解できます。
    ただ、CBの持つ威風堂々の出で立ち、
    また、DOHC4気筒というライダー憧れのエンジン型式…
    単に、扱い易さでは、解決できない
    所有感が、ロマンが、
    名門CBにはある。
    今後も継続してほしいなあ。

  2. 匿名 より:

    何かまた10年ぐらい前の気持ち悪いバイク出してた
    ホンダに逆戻りしてる感じがする

  3. 匿名 より:

    いや、CB1300SBを無くさないで欲しい。
    いいバイクだろうけど、NT1100とCB1300SBでは
    別のカテゴリだと思う。

  4. 匿名太郎 より:

    HONDA車所有です。メーカー好きです。しかし、最近出てくるバイクは、コンセプト、デザイン等意識的に他メーカーとは違いを出すので、バイクというニーズのど真ん中が薄れてきている気がする。

  5. MUV より:

    同感です、私もCB1300STに乗っていますがあの独特のシルキーなフィーリングが大好きです。

  6. MUV より:

    CB1300STに乗っていますがあの独特のシルキーなフィーリングが大好きです、マルチ4気筒を無くさないでほしいと思います。

  7. たけせん より:

    ホンダは4気筒で支えられてきた、2気筒に逃げるな。
    かつてあった大排気量車の乗れるものなら乗ってみろの上から目線を取り戻せ。

  8. 匿名 より:

    4気筒大排気量に乗りたいなら隼でいいんじゃない。1340ccでCB1300より更に大排気量だし。新型は前のと違って電子制御てんこ盛りで設定しだいではかなり優しくも出来るから乗りやすそうだし。乗車姿勢も前の型より緩くてコンパクトになってるみたいだし。

  9. ドコドコ より:

    ツイン作るなら、パラやのーて
    Vにしてほしかった😭

  10. ライダー・ジョー より:

    CB1300を1998年のデビューから2台続けて24年間乗りました。それほど、惚れ込んだバイクです。次もCB1300かと迷ったけれどNT1100を購入しました。4気筒ツインカムエンジンでは無いなど、マイナス面もあるけれど6速オートマで、いろいろなモードを選べるからマニュアル車のように楽しく走れて、しかもとってもスムーズ。見た目もデカくてドカーンとパワーもあり、それにCB1300の真夏の市街地走行は、排熱の凄さに泣かされたけれど、NTは熱が足に当たらない工夫がされていて、久しぶりに快適な夏が過ごせます。私はNT1100にして、本当に良かったと感じています

  11. 諭吉 より:

    クルマで言うたらクラウンだもんな。SUVが流行ってるみたいにバイクでもCBに限らず今後こういう流れになるんでしょうね…

  12. 赤勘兵衛 より:

    V4無くなり、直6、直4無くなりでなんかバイクのサウンドが段々と魅力無くなってきました。
    ホンダ離れのライダーさんも出てくるのでは?。

  13. ブロスわん より:

    私は35年間ホンダブロスプロダクト1に乗り続けてきました。それ以前はヤマハXJ750Eに乗ってましたので、それぞれ4気筒エンジンの良さも2気筒エンジンの良さも分かります。でも、日本人にとって憧れのバイクだった4気筒大排気量車はそれ以外のものには代え難い良さがあると感じます。グローバル時代の今、世界標準に合わせてスーパースポーツ以外の4気筒車を無くすホンダの考えは理解できません!日本のメーカーなのですから日本人が欲しいと思うバイクを作り続ける事もホンダというメーカーの責任なのでは・・・?
    それと、NTという名前はV型エンジン車の名前だと思ってました。ブロスもNT650だったし…。それ以外のバイクにNTを付けないでほしいです!Ⅴ型2気筒車の乗り味は明らかに並列2気筒車のそれとは別物です。ホンダのⅤ型エンジン、私は大好きです!

  14. みっちゃん より:

    CB1300やCB1100などの大排気量4気筒エンジンが、ゆったりと加速する時のドスが効いた重低音が大好きです。
    信号で大型のCBが隣に停まると思わず、窓を開けて音を楽しんでしまいます。

コメントを残す

ホンダ NT1100の価格情報

ホンダ NT1100

ホンダ NT1100

新車 5

価格種別

中古車 1

本体

価格帯 168.3万円

168.3万円

諸費用

価格帯 5.35~8.14万円

6.6万円

本体価格

諸費用

本体

185.8万円

価格帯 185.8万円

諸費用

5.91万円

価格帯 5.91万円


乗り出し価格

価格帯 173.65~176.44万円

174.9万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

191.71万円

価格帯 191.71万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す