Webike Plusでは、試乗インプレの他に新車・中古バイク検索サイト「ウェビック バイク選び」に掲載されているバイクに関する情報を発信しています。

HAWK 11 ベースバイクから性能予想!

ウェビックコミュニティのMyバイクより、実際に乗っている・乗っていたオーナーの声を基に様々なバイクを紹介する「オーナーレビューまとめ」。
今回は、2022年新型「HAWK 11」についてベース車オーナーのレビューから、性能予想をお届けします!

HAWK 11はどんな性能!?

つい先日ホンダから正式発表がありました。名冠ホークがいよいよHAWK 11として復活します。そんな復活HAWK 11は既存車種と車体等を共用します。そのベースバイクから、新型ホークの性能を予想してみたいと思います。

かつてのホークは、250ccまたは400ccのネイキッドモデルでしたが、今回発表される新型は1100ccとなります。そのベースバイクはCRF1100Lアフリカツイン。シャシーとエンジンを共用したネイキッドモデルとなります。

早速ですが、ベースのアフリカツイン(1000Lも含め)のユーザーの声から走行性能に関するものを見てみましょう。まずトルクの太さが好評です。カーブからの立ち上がり加速がとても良く気持ちが良いとのこと(1000Lより)。また通常走行では燃費性能も優れているようです。ゆったりと走って30km/Lの高燃費を記録するようです(1100L)。また、ホークにもDCTが採用されるというニュースがあります。味付けは違うと思いますが、ベテランライダーにとってDCTは操作が非常に楽だといいます(1100L)。そしてもちろんシャシー剛性の高さも好評です(1000L)。

オフ車譲りの、とはいっても、アフリカツイン自体は悪路をガッツリ走れるよう、かなりタフに設計されているということもあり、ホークはその恩恵をかなり受けることになりそうです。低速トルクが豊かなエンジンは、市街地での使い勝手が良く、峠ではカーブで思い切り開けて立ち上がれるはずです。高剛性のシャシーはもちろん高速巡航時もしっかりと車体を安定させてくれライダーの疲れを低減してくれるのではないでしょうか。

まとめると、ホークは大型にもかかわらず、意外と低速域も得意とするバイクかも知れません。ホンダには同クラスにCB1000Rがありますが、高回転高速域で力を発揮する1000Rに対し、ホークは常用域から開けていけるバイクだと思います。ちなみに同じくアフリカツインをベースにするモデルとして、ツアラーのNT1100が発表されています。NTとも性格が分けられ、ホークはスポーツ志向になっているのではないでしょうか。ともあれ、スペックの発表が楽しみですね!

ベースモデル「CRF1100Lアフリカツイン」オーナーの声

うまゆきさん

購入動機・用途・比較車種 体力的に今しか乗れないとの思いと、新しいカテゴリー(アドベンチャー)にトライしてみたくてヤマハレイドから乗り換えた。 用途は地元のバイク仲間との高速ツーリングと、ここ何年か通っている北海道のフラットダートを安心して飛ばすために購入した。
長所・満足な点 ・カウルやシートの大きさが絶妙で長距離を走っても疲れない。
・ガスがレギュラー仕様でかつ燃費がリッターバイクにしては良い。(23km以上)
・荷物満載でも操安性やフレームの捩れを感じさせない剛性。
・ダートでちゃんと使えるABSとトラコン。
・ダートでの安定性とトップスピードの高さ。(車重がポジに感じる領域)
短所・不満な点 ・車重230kg超えは取り回しに気を遣う。特にガス満タン時は重心高を感じる。
・足場の悪い林道で倒すと大変な思いをする。よってフラットダート以外のダートは躊躇する。(車重がネガに感じる領域)
・樹脂製キャリアのフック部が太いテーパー形状しているため、ゴムバンドが滑るし金具が引っ掛けられない。また塗装なので剥げる。
・リヤが150サイズのチューブタイヤなのでパンク修理やタイヤ交換する時、ビード落とし用工具が必要。(足で踏んでも落ちません)
これから買う人へのアドバイス オンロードでは快適で疲れないが、ダートで走らせる場合はそれなりの装備とスキルと覚悟がいる。 特に車重があるため、それを理解し生かす方向で使わないとこのバイクの良さが伝わらない。 お勧めの使い方はキャンプ場に荷物を置き、身軽な状態でフラットダートを思い切り走る、2泊3日の北海道ツーリング!

やまちゃんさん

購入動機・用途・比較車種 見てくれがよかった。
いわゆるデザインですね。電子制御サスペンション 各種電子制御が素晴らしい。
設定画面が多数。
長所・満足な点 関節リウマチなので左手と左指の負担を考慮してDCTを選択しました。便利です。メーターが素晴らしい。クルマ並。老眼の年金受給者にはうれしい装備
電子制御設定画面が多数。覚えるだけで一生かかるかも。完全な大人のおもちゃです。(^_^)
短所・不満な点 DCTを選択しました。便利ですが いかんせんクラッチの小技が使えません。
そこは 便利さと手軽さ優先ですかね。取説がダメですね。ホンダさん バイクは素晴らしいですが取説もなんとかしてください。わかりにくい。
これから買う人へのアドバイス ツーリングメインの方は、新型アフリカツイン アドバンス スポーツES DCTが良いと思います。スマホはiphone7以上を所有することと インカムあるとアップルカープレイができますよ。

Africa Twinさん

購入動機・用途・比較車種 オフロードの大型が欲しかったから
長所・満足な点 ルックス全体、走行性能、排気量、レーレプに負けないコーナリングの良さ立ち上がりの速さ等、意外に最高速が早い200キロオーバー!
短所・不満な点 特にないが、しいて言うなら脚付きの悪さ。やはりエンデューロ向けだけあって最低地上高が高いため、当然シート高も高くなる。
これから買う人へのアドバイス 体系がおのずと決まってしまうが、そこを跳ねのけてチビでも乗れることを一緒に証明しませんか?ローダウンシートを組み合わせるとチビでも片足は付きます。両足では、バレリーナ状態になりますが、走りだせば腕での勝負になります。
CRF1000L アフリカツインのスペックや新車・中古バイクはこちらから
CRF1000L アフリカツインの新車・中古バイク一覧を見る
CRF1000L アフリカツインのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
コメントを残す

ホンダ CRF1000L アフリカツインの価格情報

ホンダ CRF1000L アフリカツイン

ホンダ CRF1000L アフリカツイン

新車 0

価格種別

中古車 6

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

117.76万円

価格帯 89~153.78万円

諸費用

0.92万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

118.68万円

価格帯 93.8~148.65万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す