カワサキは、スーパーチャージドエンジンを搭載したハイパフォーマンスツアラー、「ニンジャ H2 SX」の2022年モデルを発表した。強烈な加速力と扱いやすさを両立するため、ボッシュ社製の「ARAS (アドバンスド・ライダー・アシスタンス・システム)」、「VHA (ビークルホールドアシスト)」「ESS (エマージェンシーストップシグナル)」等の最新の電子制御を採用。これまでのツーリングの概念を覆すほどのハイパフォーマンス・ハイクオリティに磨きをかけた。
またツーリング時の快適性を向上するため、インストゥルメントパネルには6.5インチのフルカラー液晶を搭載。スマートフォン連携のほか、新しい「kawasaki SPIN」アプリケーションにより電話、音楽、ナビゲーション等をモニタに表示・操作を行える。

平行して発売される「ニンジャ H2 SX SE」は、ノーマルエディションに加えてサスペンション・ブレーキ等を強化。今年度モデルでセミアクティブサスペンション「KECS (カワサキエレクトロニックコントロールサスペンション)」、ブレンボ社製最上級モデル「Stylema」ものブロックキャリパーを採用している。

カラーバリエーションは「ニンジャ H2 SX」、「ニンジャ H2 SX SE」ともに「エメラルドブレイズドグリーン × メタリックディアブロブラック」の1色。発売は4月22日だ。

Ninja H2 SX

メーカー希望小売価格:2,651,000円(税込)

主な特長

・パワーと燃費の両立を目指して設計された水冷DOHC 4バルブ並列4気筒998cm3バランス型スーパーチャージドエンジン

・ツーリング時や交通量の多い道路の走行時に、ライダーの安心感を高めるボッシュ製レーダー式ARASシステム

・ライダーが設定した速度を維持しつつ、前走車と適切な車間距離を保つACC(アダプティブクルーズコントロール)

・先行車と衝突する可能性がある場合にライダーへ警告するFCW(フォワードコリジョンワーニング)

・ライダーの死角に接近する車両の存在を検知し、警告するBSD(ブラインドスポットディティクション)

・停止時に、ライダーのブレーキ入力無しでもブレーキ効力を維持するVHA(ビークルホールドアシスト)

・急ブレーキ時にブレーキランプを点滅させることで、後続車に急減速を知らせるESS(エマージェンシーストップシグナル)

・大型で見やすい6.5インチフルカラーTFT液晶スクリーン

・電話、音楽、ナビゲーションなどのスマートフォン用アプリをインストゥルメントパネルに表示・操作することが可能な新しいインフォテイメントアプリ「Kawasaki SPIN」

・キーを持って車両に近づくだけでメインスイッチやステアリングロックの操作が可能になるKIPASS(キーパス)

・足つき性を確保しつつ、形状をワイド化、発砲密度を変更し快適性を高めたフロントシート

Ninja H2 SX SE

メーカー希望小売価格:2,970,000円(税込)

ニンジャ H2 SX SEの採用装備

・ショーワのスカイフックテクノロジーを搭載したセミアクティブサスペンションKECS

・コンパクトで軽量なブレンボ社の最上級モデル「Stylema」モノブロックキャリパー

・リム部分に切削加工を施した、高級感のあるホイール

主要諸元

全長 (mm) 2,175
全幅 (mm) 790
全高 (mm) 1,260
シート高 (mm) 820
乾燥重量 (kg) 266
エンジン種類 水冷4ストローク並列4気筒/DOHC 4バルブ
総排気量 (cm3) 998
最高出力 (PS/rpm) 200/11,000
ラムエア加圧時最高出力 (PS/rpm) 210/11,000
最大トルク (N・m/rpm) 137/8,500
燃料タンク容量 (L) 19.0
変速機形式 常時噛合式6段リターン
タイヤ 120/70ZR17M/C (58W)
190/55ZR17M/C (75W)
ブレーキ デュアルディスク320mm(外径)
シングルディスク250mm(外径)
懸架方式 テレスコピック(倒立・インナーチューブ径 43mm)
スイングアーム(ニューユニトラック)

情報提供元 [ カワサキモータースジャパン ]

この記事にいいねする

コメントを残す

バイク用品&インプレッション ウェビック ホーム

バイク用品&インプレッション「ウェビック」


只今、システムメンテナンス中です。


ご迷惑お掛けして申し訳ございませんが、今しばらくお待ち願います。

※作業状況により、時間が多少前後する場合がございます。ご了承ください。
※メンテナンス時間帯は、ページが正しく表示されない場合があります。