当記事は2022年3月3日に「ベストカーWeb」に掲載されたものです。

●文:ベストカーWeb編集部 ●CG:SHINGRAPHIC ●写真:HONDA

2022年1月にスクープした新型スーパーカブ110の続報をキャッチ。3月に発売され、価格は歴代初の30万円超になる模様だ。

庶民の足として控えめな価格がウリだったが、キャストホイールとABSが投入され、ついに大台を突破。趣味のバイクへと舵を切るだろう。兄弟車のクロスカブ110とともに、その詳細を大予想しよう!

歴代の価格も調査し、今回の値上げについても考察してみた。

2.2万円アップ、されど内容を考えればオツリが来る!?

値上がりが少なく、長年一定の価格を保ち続ける卵は「物価の優等生」と言われる。バイクにおいて、ホンダのスーパーカブはまさに物価の優等生。1958年の初代スーパーカブC100(49cc)以来、購入しやすい価格を維持してきた。

ところが近頃は様相が違っていた。現在、ベーシックなカブは50ccと110ccがあり、50は23万6500円、110は28万500円と同排気量帯のスクーターより4~6万円高い。

これはカブの役割が“趣味のバイク”にシフトしてきたことが主な理由だろう。元々、カブは出前や配達などビジネス用途としての人気を博したが、役割が時代とともに変化。趣味としてのFUN要素が高まり、質感や装備の向上により価格が上昇していたのだ。

当WEBがつかんだ情報によると、新型スーパーカブ110は、よりホビー向けに生まれ変わり、予想価格は従来型から2万2000円アップの30万2500円。兄弟車でアウトドア向けの装備を与えたクロスカブ110は2万1000円アップの36万3000円と予想したい。

昔ながらのスタイルと走りを継承した現行スーパーカブ110は既に2021年9月で生産終了。価格は28万500円だった

2022年型スーパーカブ110予想CG。ボディデザインはそのまま、足まわりがスポーティに。エンジンは新設計で2万2000円アップと予想する(CGイラストは編集部で製作)

スーパーカブ110はスタンダードシリーズのカブとしては歴代初の税込30万円台となる模様。しかし変更点を考えれば、“よくぞここまで価格を抑えた”と言えるのだ。

これまで前後ドラムだったブレーキは、フロントを油圧ディスクに変更するだろう。さらに前輪にABSを新採用するはずだ。リヤはドラムのままで、ABSはフロントのみ作動する1チャンネル式と思われる。

ホイールはワイヤースポークから前後キャストに。情報筋によると「Y字スポークのキャスト」を履くとの噂で、恐らく上級モデルであるスーパーカブC125のホイールと共通品と思われる。なお、C125のホイールは手の込んだ切削加工を施すが、新型110はコストを考慮し、塗装仕上げとなるようだ。

現行モデルは前後ともスポークホイールとドラムブレーキ。新型は、2021年10月から適用された二輪車のABS義務化に対応し、ディスクブレーキを採用するだろう

スーパーカブC125はY字スポークのキャストホイールを履く。現行110もタイヤサイズが同一だけにC125のホイールを流用する?

キャストホイール化によってタイヤがチューブレスになったのは朗報。これまでのチューブタイヤはパンクすると途端に空気が抜けてしまい、修理も大変だった。しかしチューブレス化によってパンクしても空気がすぐに抜けず、出先でも対応が簡単になる。

従来のドラムブレーキ+ワイヤースポークホイールという昭和レトロなメカが生み出すマイルドな乗り味に対し、新型はよりシャキッとした走りになるのは確実。これに関しては賛否両論ありそうだ。

クロスカブは2ポットキャリパーで足元を固める!?

兄弟車のクロスカブ110も同様のモデルチェンジを受けるが、なんとブレーキを差別化する模様。スーパーカブ110がフロント1ポットキャリパーなのに対し、クロスカブはタフな走りを考慮して2ポットになるだろう。

2022年型クロスカブ110予想CG。スーパーカブ110と同様にフロントディスク+ABSを採用するが、ブレーキキャリパーがより豪華に!?(CGイラストは編集部で制作)

なお従来のクロスカブはブレーキレバーを固定するロック機構を採用していたが、今回のモデルチェンジに伴い廃止。また、ホイールはマットブラック塗装になり、精悍さがアップするらしい。

車体色はスーパーカブ110が5色。現行と同様の青、黄色、白、ベージュ、緑がラインナップされると予想する。現行型に存在する紺は設定されないだろう。

一方、クロスカブ110は4色設定。ニューカラーのツヤ消し緑、GB350Sと同様のパールディープマッドグレーのほか、台数限定だったブコブルーを通常色に設定する。さらにくまモンバージョンの黒が継続されるようだ。

新設計エンジンで最大トルクも燃費もアップする!?

エンジンは、既にタイで発売されている新型スーパーカブ(110cc)譲りの新設計ユニットを搭載。ロングストローク化と圧縮比の向上、低フリクション技術を組み合わせ、令和2年排ガス規制に対応するだろう。

最大トルクは、0.87kg-m(8.5Nm)→0.9kg-m(8.8Nm)にアップする模様。それでいて燃費は67.0→67.9km/L(WMTCモード)に向上するようだ。

なおキックスターターは継続され、踏みやすさに配慮したラバー付アームになるらしい。

正式発表は3月中旬、月内にも発売開始となる見込みだ。

タイ仕様の新型スーパーカブ(110cc)。自動遠心4速クラッチの空冷単気筒は現行のボア50.0×ストローク55.6mmに対し、ボア47.0×ストローク63.1mmと超ロングストロークだ

写真は現行110。キックスターターは今時珍しく、C125は非装備だが、110系には継続採用されるようだ

タイ仕様スーパーカブのメーター。小型の液晶が追加され、待望のギヤポジション表示が! 時計とデジタル燃料計も新装備だ。新型110もこうなる?

現行110のメーターはとてもシンプル。アナログのスピードメーターと燃料計、積算計があるのみだ

カブ64年分の価格変動をまとめてわかったこと

歴代スーパーカブ90/110の価格を調べて表にまとめてみた。50ccと大排気量版の2本立ては1960年代から現代まで続いており、兄貴分は2008年まで90、それ以降は110となっている。

大卒初任給は厚生労働省の賃金構造基本統計調査などから引用

1970~1980年代のカブは大卒初任給から+2万円程度の価格で推移し、1990年代に入ると大卒初任給より安い価格設定に。そして2000年以降はカブが初任給を逆転し、初任給はほぼ横ばいとなっている。

特に大幅な上昇となったのが2009年型の6万円増で、ついに20万円台を突破した。これは厳しい排ガス規制に対応した結果。燃料供給システムをキャブレターからFIに変更するなど新設計エンジンを採用した影響が大きく、やむを得ない一面がある

一方、2012年には驚くべきことに2万1000円の値下げを断行。生産を日本から中国に移管したことで実現した。だが、デザインの不評と現地の人件費高騰などの理由から、2017年に再び日本生産に。価格は約5万円アップしている。

価格が安定していた1990年代以前に比べ、この20年は価格の変動が激しい。それでも今回のモデルチェンジで約2万円増に抑えると思われるのはアッパレと言えるだろう。

スーパーカブに乗るホンダ創業者の本田宗一郎氏。初代は自身自らが設計に携わった。写真は1971年、鈴鹿製作所二輪車生産累計1000万台達成の式典

2017年10月、スーパーカブが世界累計生産1億台を達成。熊本製作所で行った記念式典に八郷隆弘社長(当時)が1億台目のカブで登場

スーパーカブはライダーの声に応じて進化してきた

「人の生活や楽しみが変化する時、カブの進化は必ずある」と、スーパーカブC125の開発責任者が2018年の発表会で語った。カブは日本のみならず、東南アジアなど世界のニーズが反映され、進化してきたモデル。それゆえ常に圧倒的な支持を受け、累計総生産1億台という前人未踏の大記録を樹立できたのだ。

そして近年はカブに趣味性を求めるライダーが増えている。2018年にはシリーズ最大排気量で豪華仕様のスーパーカブC125、2020年にはオフロード性能を高めたCT125ハンターカブというFUN領域のカブシリーズが生まれ、いずれもヒットを飛ばした。

カブ誕生60周年を記念してデビューしたスーパーカブC125(44万円)。各部の質感を追求したプレミアム仕様だ。2022年型でロングストロークエンジンを搭載し、排ガス規制に対応

CT110ハンターカブの現代版として2020年に投入されたCT125ハンターカブ(44万円)。ハイマウント吸気口やアップマフラーなど独自装備でオフ性能を高め、大ヒット中だ

スーパーカブ110は、カブ本来のコミューター領域と、趣味のFUN領域のどちらにも対応できるのが特色だった。この両面を併せ持つのがカブの真髄だが、カブに趣味性を求めるライダーの要請が高まった結果、よりFUN寄りなモデルチェンジに踏み切ったのだろう。

ちなみにスーパーカブ50の新型は小変更に留まる模様。50cc未満のバイクは排ガス規制のリミットが2025年11月まである。また、ブレーキ規制も対象外となる。

しかし、こちらも時代の要請に応じて“電動化”など劇的な変化が訪れるかしれない。いずれにせよホンダのシンボルであるカブは、コミューターとFUNという真髄を守りながら、時代とともに進化を重ね、走り続けるはずだ。

情報提供元 [ ベストカーWeb ]

この記事にいいねする

コメントを残す

ホンダ スーパーカブ110の価格情報

ホンダ スーパーカブ110

ホンダ スーパーカブ110

新車 164

価格種別

中古車 52

本体

価格帯 22.7~29.12万円

28.1万円

諸費用

価格帯 4.05~4.43万円

3.36万円

本体価格

諸費用

本体

28.82万円

価格帯 17.6~40.8万円

諸費用

2.76万円

価格帯 1.7~3.23万円


乗り出し価格

価格帯 26.75~33.55万円

31.47万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

31.58万円

価格帯 19.3~44.03万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ホンダ CT125 ハンターカブの価格情報

ホンダ CT125 ハンターカブ

ホンダ CT125 ハンターカブ

新車 96

価格種別

中古車 96

本体

価格帯 40.81~55.65万円

44.74万円

諸費用

価格帯 1.39~1.65万円

3.09万円

本体価格

諸費用

本体

47.64万円

価格帯 42.3~54.4万円

諸費用

2.42万円

価格帯 3.59~3.86万円


乗り出し価格

価格帯 42.2~57.3万円

47.83万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

50.07万円

価格帯 45.89~58.26万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ホンダ クロスカブ110の価格情報

ホンダ クロスカブ110

ホンダ クロスカブ110

新車 132

価格種別

中古車 196

本体

価格帯 33.5~47.3万円

36.4万円

諸費用

価格帯 ―万円

2.41万円

本体価格

諸費用

本体

38.36万円

価格帯 24.8~62.8万円

諸費用

2.43万円

価格帯 2.4~3.84万円


乗り出し価格

価格帯 35.2~44.03万円

38.82万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

40.79万円

価格帯 28.64~65.2万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ホンダ スーパーカブC125の価格情報

ホンダ スーパーカブC125

ホンダ スーパーカブC125

新車 86

価格種別

中古車 68

本体

価格帯 45.61~51.2万円

47.96万円

諸費用

価格帯 3.29~4.97万円

3.78万円

本体価格

諸費用

本体

46.08万円

価格帯 33.8~58.19万円

諸費用

万円

価格帯 0.29~3.34万円


乗り出し価格

価格帯 48.9~56.17万円

51.74万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

45.96万円

価格帯 37.14~58.48万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す