ym2111-042-striker-kawasaki-z900rs-01.jpg

●文:ヤングマシン編集部(沼尾宏明) ●外部リンク:ストライカー

“匠”と言えるカスタム/チューニング/ドレスアップブランドに、Z900RSの存在について語ってもらう企画の第3弾。今回は元プロライダーの新辰郎氏がプロデュースする、ストライカー。ゼファー1100でのイベントレース参戦などで知られ、サーキットから公道まで幅広く対応したパーツ群が有名だ。

TOTレーサーも進行中!

ZRX1200ダエグの絶版後に発表され、期待していた車両がZ900RSです。ゼファーやZRXのように息の長いカワサキの新しい顔になることが予測できたため、自社で車両を購入するなど積極的に開発を行いました。

開発は、マフラー、ステップキットから開始。同時に複数台の車両を確保できたため、スイングアーム等の開発も同時に着手しました。その後もガードスライダー、フェンダーレスキット等を開発し’18年春のMCショーにメインの車両として展示しました。ストライカーっぽさ、Zっぽさを演出するために、セパレートハンドルを装着して展示した所、思わぬ反響の多さに、ショーの閉幕直後から本格的にセパハンキットの開発に着手しました。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

この記事にいいねする

コメントを残す

カワサキ Z900RSの価格情報

カワサキ Z900RS

カワサキ Z900RS

新車 0

価格種別

中古車 68

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

171.74万円

価格帯 130.8~313.8万円

諸費用

9.46万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

181.2万円

価格帯 141.28~232.46万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す