本領を発揮できる快走路以外では、忍耐が必要。近年のリッタースーパースポーツに対して、そんなイメージを抱いている人は少なくないだろう。ただし2021年型ZX-10RRをじっくり乗り込んだ筆者は、ガマンのステージが予想以上に少ないことに、感心することとなった。

REPORT●中村友彦(NAKAMURA Tomohiko)
PHOTO●富樫秀明(TOGASHI Hideaki)

カワサキNinja ZX-10RR……328万9000円

純正指定タイヤは、RRがピレリ・ディアブロスーパーコルサSPで、RはブリヂストンRS11。この2つのブランドはCBR1000RR-R/SPも同じだが、ホンダの場合はグレードによる指定はない。

高速道路で気づいた3つの特徴

 ZX-10RRで撮影を兼ねたロングツーリングに出かけて、ちょっと意外だったのは高速道路である。実は僕にとって高速道路のプライオリティは、峠道と市街地に次ぐ3番目なのだが、このモデルではハイスピードでの巡航中にいろいろなことに気づき、考えさせられたのだ。

→全文を読む

情報提供元 [ モーターファンバイクス ]

この記事にいいねする


コメントを残す