●文:ウィズハーレー編集部(青木タカオ) ●写真:磯部孝夫 ●外部リンク:フォレストウイング

見た目はほぼノーマルのライトカスタムされたXL1200Xフォーティーエイトだが、じつはハンマーパフォーマンスのボアアップキットが組み込まれ、排気量が1275ccにまでスケールアップしている。まさに”羊の皮を被った狼”と呼べるのが、フォレストウィングのカスタムしたフォーティーエイトだ。このカスタムマシンの試乗レポートをお届けする。

ノーマルルックの反則技、実は1275cc化!!

太くてたくましいフロントエンドに、小振りなフューエルタンクを装備した独自のボバースタイルで絶大な人気を誇るXL1200Xフォーティーエイト。ストリートで注目を集めるスタイリッシュさが大きな魅力だが、走りの性能を考えれば決して一線級とは言えない。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

コメントを残す