35-1_210908-1-113a.jpg

●文:ヤングマシン編集部(沼尾宏明) ●写真:長谷川徹 ●外部リンク:カワサキモータースジャパン

大大大人気のネオクラモデル、カワサキZ900RS。’22では初の上級グレードであるSEがデビューする一方、スタンダード(STD)仕様のZ900RSでも新色の登場がトピック。往年のZ1/Z2に設定されていた通称”青玉虫”カラーを導入し、その人気はまだまだ続きそうだ。ここでは撮り下ろし写真とともに、STDの魅力をおさらいしていこうッ!

不滅のスタイルが引き立つ、最終Z1カラー!!

光の当たり方によって、玉虫のごとく輝きを変える……。美しいブルーが、’22モデルZ900RSのSTDに設定された。この車体色は、’18モデルの初代Z900RSから設定されてきたZ1オマージュのカラー。初期Z1の最終型である’75モデルのキャンディトーンスカイブルー、通称”青玉虫”カラーを意識している。Z1は主戦場が北米市場だったこともあり、アメ車を思わせる鮮やかな色味だ。

35-3_210908-1-222-.jpg

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

この記事にいいねする

コメント一覧
  1. ?s=55&d=mm&r=g ぶん より:

    2BLのSEはこの先凄い事になりそうだ!

コメントを残す

カワサキ Z900RSの価格情報

カワサキ Z900RS

カワサキ Z900RS

新車 0

価格種別

中古車 68

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

171.74万円

価格帯 130.8~313.8万円

諸費用

9.46万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

181.2万円

価格帯 141.28~232.46万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す