モトレポートでは、試乗インプレの他に新車・中古バイク検索サイト「ウェビック バイク選び」に掲載されているバイクに関する情報を発信しています。

荷物がたくさん積めるおすすめバイクをまとめました

ウェビックユーザーの情報を基に、シチュエーションごとにオススメのバイクが探せる、ウェビック バイク選びの「バイクライフからバイクを探す」。
今回は、「荷物をたくさん積みたい人」にオススメのバイクを、実際に乗っているユーザーの声と共にご紹介します!

荷物がたくさん積めるおすすめバイクとは?

バイクと積載は歴史のある問題です。バイクに荷物をどう積むかは、バイク黎明期から考えられています。

国産車では、スーパーカブがまさにそうですね。日本を豊かにするために、働く人の足となるために開発されたカブは、初代から積載性が考えられていました。荷台はその代表例で、現在はそれをやれば問題となりますが、岡持ちを片手に抱えながら運転できるよう、スイッチ類を右ハンドル側に集約するなど、かなり積載性を考えて作られています。

外車もそうですね。クルーザーには、後輪の左右にバッグを配置したバガーというスタイルが確立しているだけあり、やはり古くから積載と向き合ってきたのだなと思います。考えてみればアメリカは、馬に様々なものを積載して荒野を走ったわけですから、その文化は馬が鋼鉄になろうとも変わらないわけです。

ツーリング文化が定着した現在、ADVがすっかり市民権を得ましたので、積載に対してかなり優しいバイクが揃っています。しかし何より面白いのはサードパーティによる積載のパーツですね。シートバッグ、タンクバッグ、トップケース、サイドケースなどと、一昔前に比べれば考えられないほどたくさんのアイテムが開発されました。用品店の中も専用コーナーが設けられており、ファッションアイテムを選ぶような感覚で見ているだけで飽きません。上半分に樹脂パネルを備えたバッグさえ登場しており、今後もたくさんのアイテムが登場するでしょう。

さて、前回は国産のバイクを紹介しましたが、今回は海外メーカーのバイクを紹介したいと思います。外車は日本車に比べてカスタマイズが難しい側面もありますので、初期仕様で積載能力が決まると思います。それを加味して以下の4台を選びました。ご参考ください。

荷物がたくさん積めるおすすめバイクに乗るオーナーの声

実際に乗っているバイクが「荷物をたくさん積みたい人」にオススメと言うオーナーの声を一部ご紹介!
排気量ごとにピックアップしているので、ぜひバイク探しの参考にしてみてください!

荷物がたくさん積めるおすすめの大型(1001cc以上)のバイク

1200ccの3気筒エンジンを積んだトライアンフ最大のADV。純正OPで専用のアルミトップケースなどが用意されており、納車時から盤石の積載体制を築くことができる。

購入動機・用途・比較車種 タンデムツーリング用に、GSA後継でフルパニア、リムジンな足回り、オン・オフアドベンチャーが欲しかった。
長所・満足な点 2人乗りしても、減衰の効いたスムーズで、フワフワしない足回り。
三気筒特有の中間加速の鋭さ。トルキーなエンジン。
リッターツアラーにあるまじきピックアップの良さと車体の動き。
シャフトの癖は皆無。長距離走っても、チェーンメンテ不要。高速走行が楽になるクルーズコントロール。
何よりノーマルマフラーで、咽び鳴く様な排気音。
短所・不満な点 極低回転域のトルクの細さ?
パワーとピックアップと引換の燃費の悪さ。クルコン駆使しても、14~17~21km/L程度。
車体の押引きの重さ。
樹脂製パニアケースの質感と容量。特にサイドケースが横開きなのは、使い勝手が悪い
これから買う人へのアドバイス ちょい古アドベンチャーで、当時フラッグシップの性能が、かなり安く入手出来る。
当然、前後の肉厚シート、トラコン、ABS、クルコン、可変スクリーン等の快適装備は満載。
足回りも電子制御でこそ無いものの、調整範囲の広さから、色んな体格の人がタンデムしても満足出来る筈。
温度計センサーが中古購入当初から逝ってて、注文から1月掛かったのは笑い種。
折角バイクを所有したのに、オンロードしか走れないなんて勿体無いと考えられる、貪欲な貴方に(^_^)/

>>このMyバイクの詳細はこちら

荷物がたくさん積めるおすすめの中型(~400cc)のバイク

積載性といったらのGSだが、シリーズ末弟のG310も、シリーズらしい大型のリアキャリアを備えており、積載性の実力は高い。小排気量なので日常からガンガン使える。

購入動機・用途・比較車種 外見
長所・満足な点 座り心地と高い目線。それに安定性がよく車体の大きさに反して小回りが効く。
オプションパーツありきになりますが、積載性も充分あります。
ディスプレイに走行可能距離が表示される為、ガソリンの残量管理がし易いのも良し。
長距離ツーリングでも非常に疲れづらい。
短所・不満な点 足つきの悪さと車体そのものの重量。(砂利道などを走るとかなり怖い)
真冬ではエンジンのかかりが悪くなる…というか氷点下ではエンジンがかからない。
ディスプレイ表示の時計がすぐにずれる。(大体2週間で1分ほどずれる)
低速トルクが非常に弱く、サスが柔らかい分後輪が空回りしやすい
つまるところ立ち上げの加速が非常に癖があります。
ついでにオプションパーツの値段が高い!
これから買う人へのアドバイス 正直癖のあるバイクです。
セローやYZFR-25なども乗ってますが、正直そちらの方が乗りやすいです。
ですが、だからと言ってそれが悪いといったわけではなく、乗りこなす楽しみ、
走る楽しみと連動していて、走っていて面白いと感じるが特徴です。
ツーリングで疲労が少なく、燃料から逆算した走行可能距離が表示されるディスプレイ。
癖のあるトルク、小回りの効く車体、高い視線…これらが相まって
走る楽しみを追求したようなバイクだと思います。
逆に全く擁護できないところが、氷点下ではエンジンが掛からない事ですね…
東北、日本海側とか寒い地域では特に要注意です。
しつこくセルを回してバッテリーが上がっちゃうと
押し掛けするかキックスターターでも用意するしかありません。
あと地味に表示時間が狂うのもマイナス。
そんなとこですかね?
なお、ガソリンはハイオク推奨だそうです。

>>このMyバイクの詳細はこちら

荷物がたくさん積めるおすすめの大型(~1000cc)のバイク

KTMの中間排気量帯のADV。純正状態でキャリアが備わり、オプションでトップケースとサイドケースを選択可能。排気量的にも使いやすいバイク。

荷物がたくさん積めるおすすめの中型(~250cc)のバイク

隠れた積載実力者。純正OPでフロントとリアにかなり頑丈なキャリアが用意されており、スクーターのイメージを超えた積載が可能。キャリアにそのまま固定できる本革バッグもあり、積載でおしゃれができてしまう。

購入動機・用途・比較車種 日本車は素晴らしいのですが何年も乗っていて良すぎて面白みがなくなってきました。
そんな時にベスパピクニックを見て一目ぼれしてしまいました。
日本車の値段の2倍くらいしますが可愛さと手間のかかるところがバイク好きにはたまりません。
長所・満足な点 人目を引く点と可愛さです。
年上の奥様から可愛いと言われます。
バイクに乗ってて可愛いと言われたのは初めてです。
また、自分でもバイクを可愛いと思ったのは初めてです。
日本車にはないイタリアンカラーで乗ってて気持ちが明るくなります。
短所・不満な点 分かっていたのですが荷物の積載が悪いです。
ベスパブランドにこだわってアクセサリーを揃えると非常に高くつきます。
あと、鉄スクーターですので手間を惜しむと錆びる点です。
走りはいたって普通で片持ちの車輪ですが何の違和感もありません。
燃費は30キロ/リットル位です。
ガソリンはハイオクですが7リットル満タンですのでレギュラーより40円ほど高いだけで気になりません。
これから買う人へのアドバイス とにかく可愛くて可愛がりたくなる大切に乗って維持したくなるバイクです。
街乗りでもツーリングでもよく声を掛けられます。
高速に乗らずちょい乗りを考えておられる方は日本車の方が無難に思います。

>>このMyバイクの詳細はこちら

【バイクライフからバイクを探す】
荷物がたくさん積めるおすすめバイクを探す
機能的な装備など、実用性メインでバイクを探す
すべてのバイクライフからバイクを探す

コメントを残す

トライアンフ TIGER1200XRTの価格情報

トライアンフ TIGER1200XRT

トライアンフ TIGER1200XRT

新車 1

価格種別

中古車 0

本体

価格帯 275.66万円

275.66万円

諸費用

価格帯 10.34万円

10.34万円

本体価格

諸費用

本体

万円

価格帯 ―万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 286万円

286万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

万円

価格帯 ―万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

BMW G310GSの価格情報

BMW G310GS

BMW G310GS

新車 1

価格種別

中古車 16

本体

価格帯 75.9万円

75.9万円

諸費用

価格帯 13.95万円

13.95万円

本体価格

諸費用

本体

55.65万円

価格帯 45.1~69.8万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 89.85万円

89.85万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

53.37万円

価格帯 52.83~53.91万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

KTM 890 ADVENTUREの価格情報

KTM 890 ADVENTURE

KTM 890 ADVENTURE

新車 27

価格種別

中古車 2

本体

価格帯 162~175.47万円

165.28万円

諸費用

価格帯 0.9~13.52万円

13.13万円

本体価格

諸費用

本体

149.25万円

価格帯 129~169.5万円

諸費用

3.04万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 162.9~189万円

178.42万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

152.29万円

価格帯 135.08~169.5万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

【PR】KTM 890 ADVENTURE 関連のおすすめ車両 関連のおすすめ車両

ベスパ Primavera150の価格情報

ベスパ Primavera150

ベスパ Primavera150

新車 48

価格種別

中古車 1

本体

価格帯 51.15~52.8万円

52.17万円

諸費用

価格帯 7.52~8.75万円

8.11万円

本体価格

諸費用

本体

32.2万円

価格帯 32.2万円

諸費用

2.86万円

価格帯 2.86万円


乗り出し価格

価格帯 58.67~61.55万円

60.28万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

35.06万円

価格帯 35.06万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す