こんにちは!ウェビックスタッフの銀です。今回はホンダのアドベンチャースタイルの150ccスクーター、ADV150を片道30キロの通勤ルートを中心に実際に走ってみた感想をレポートします。

今まで、片道約30キロの道のりをヤマハ NMAX(2016年式)でバイク通勤していました。ルートとしては、約1/3は渋滞がひどく、すり抜けが多いストップ&ゴーの道で、2/3は流れの速い国道の幹線道路、主に国道246号線を走るルートです。今回のADV150も同様のルートで走行しています。

モトレポートでは、試乗インプレの他に新車・中古バイク検索サイト「ウェビック バイク選び」に掲載されているバイクに関する情報を発信しています。

個性際立つアドベンチャールックは見た目だけでなく、跨っても気分が高まる!

ADV150の特徴は、何と言ってもそのスクーターらしからぬ、アドベンチャールックのデザイン。ホンダのシティアドベンチャーモデル、X-ADVと共通のデザインコンセプトのようなデザインは、他のスクーターモデルとは一線を画しており、個性が際立ちます。

フレーム、エンジンがほぼ共通のPCX150よりも、だいぶ高いライディングポジション。シート前部が絞り込んであるため、足つきは他のスクーターモデルより、ちょっと高いかな?というぐらい。両足の半分ぐらいはつきます。

ライディングポジションはPCXよりもだいぶ身体が起きる感じで、バーハンドルに手を置くと、姿勢よくシートに座る感じとなり、テーパー風のハンドル、バイクっぽいコクピット回りと合わせて、スクーターに乗っている感じがありません。

▲ホンダのADV150は2020年にデビューした150ccスクーター。圧倒的な人気のPCX150(2018年型)をベースにアドベンチャースタイルの外観や専用の足回りを与えて、新たなユーザーにアプローチしています。

▲身長170cmのライディングポジションはPCXに比べると腰高な印象ですが、ヒザの曲がりは穏やかになります。上半身も直立したアドベンチャーモデル的な姿勢になります。

▲足着き性は体重65kgで両かかとが浮きます。ちなみにPCXではかかとまで接地していたので、足着き性ではPCXシリーズの方が優れています。

ADV150はスクーターらしからぬ挙動が走りを楽しくしてくれる

走り出すと、エンジンはPCXと共通ながらも、PCXの静かでスムーズな加速感よりも、加速が力強い印象を受けます。PCXとの大きな違いはその乗り味。PCXよりも長いサスペンションストロークとリザーバータンク付きのリアサスペンションのおかげで、スポーツバイクのような乗り心地です。フロントブレーキをかければフロントサスが沈み、アクセルを開ければリアサスペンションが縮む。オートバイらしい動きから、スクーターであることを忘れてしまいそうになります。

通勤時の渋滞路では、バーハンドルとスクーターよりも高い位置にあるミラーのおかげか、予想以上にすり抜けもしやすく、使い勝手が良いです。150ccのエンジンは巡航速度の高い幹線道路でも、パワーに余裕があり、125ccのエンジンで高回転で巡航するよりも、気分的にも落ち着きます。

また、150ccということで高速道路も走行できるのも魅力。試乗期間中に自分も何度か高速道路を利用し、原付二種とは違う利便性の高さを改めて実感しました。高速道路でのADV150はさすがに100キロでの巡航はエンジン的に厳しい感じですが、時速80-90キロの巡航であれば全く問題ありませんでした。

▲エンジンは2018年型以降のPCX150と同系で、最高出力15PSは変わらず。しかし、吸排気系の改良で低~中回転域のトルクを強化。荒れた路面での扱いやすさが向上しています。

▲リアのサスストロークは120mmが確保されていてPCX150よりも35mmも延長しました。ホイールは14→13インチと小径化して足着き性の悪化を抑えています。

▲フロントホイールはPCX150と同じ14インチで安定性を確保しタイヤは10mmワイドにして迫力を出しています。サスストロークは130mmを確保して荒れた路面に対応しています。

▲オフロードモデルでも採用されるテーバーのパイプハンドルを採用。アップ気味の設定でスタンディング姿勢もできなくはない感じです。

▲スクリーンは2段階の調整式で71mmの高さ変更が可能です。こちらは下げた状態の写真で、他の写真は上がった状態です。アップ位置が標準的なスクーターの高さに感じました。

利便性を考えれば125ccクラスよりも150ccの方がお得というのが結論

特徴あるデザインが生み出すスクーターらしからぬ存在感と、まるでオートバイのような乗り味。スクーターなんだけど、スクーターではないようなキャラクターが、ADV150の最大の魅力といえます。加えて高速道路にも乗れる150ccの利便性は、125cc原付二種スクーターの経済性の良さを上回る魅力があります。

使い勝手の面でも、PCX同様にヘルメット一個とプラスアルファの荷物が入るシート下の収納スペースに、充電が可能なインナーボックスもあり、非常に便利です。

今回の試乗後、150ccスクーターの利便性とADV150の魅力に目覚め、NMAX(125)を売却。ちょうど良く見つけたADV150の新古車を購入。普段の通勤の足として、今現在大活躍しています。

気にしていた任意保険とファミリーバイク特約との差も、年間わずか1万円ほどの差に収まり、自動車税の差を加味しても、高速道路も乗れる利便性を考えれば安いもの、と考えています。そして、ADV150の走行性能とこのデザインならば、ツーリングでも気分も高まりますし、旅風景にも溶け込みます。ADV150は1台で通勤からツーリングまでをカバーする、まさに多目的バイクといえます。

▲PCX150とは全く異なるメーターはフル液晶タイプで、腕時計のGショックのような無骨なデザインです。ユニークなのが、右下のバーグラフ燃費計でリアルタイムで表示されます。

▲スマートキーやアイドリングストップ機構などの便利な装備はPCX150と同様です。

▲シート下のスペースは、PCX150の28Lに対して27Lと1L減に止めています。製品にもよりますが、フルフェイスヘルメット1個+レインウェアが収納できます。

▲フロント左側には小物入れが用意されていて、12V電源も内蔵しています。変換アダプターが必要ですがスマホの充電もできちゃいます。

▲フルLEDのヘッドライトはPCXシリーズと同じつり目タイプですが、全く新しいデザインになっています。

▲テールランプもLEDで、PCXと同じく「X」字をモチーフにデザインされています。

▲試乗後に私が購入したADV150の納車風景です。通勤には長らく125ccスクーターを愛用してきましたが、150ccの使い勝手とADV150の魅力に乗り換えを決意しました。

2020年型ADV150主要諸元

・全長×全幅×全高:1960×750×1150mm
・ホイールベース:1325mm
・シート高:795mm
・車重:134kg
・エジンン:水冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ 149cc
・最高出力:15PS/8500rpm
・最大トルク:1.4kg-m/6500rpm
・燃料タンク容量:8L
・変速機:Vマチック無段変速式
・ブレーキ:F=ディスク、R=ディスク
・タイヤ:F=110/80-14、R=130/70-13
・価格:45万1000円

ADV150:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
ADV150のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
ADV150の新車・中古車一覧を見る

この記事にいいねする

コメントを残す

ホンダ ADV150の価格情報

ホンダ ADV150

ホンダ ADV150

新車 67

価格種別

中古車 56

本体

価格帯 36.8~51.26万円

43.52万円

諸費用

価格帯 1.13~6万円

4.48万円

本体価格

諸費用

本体

48.3万円

価格帯 35.3~58万円

諸費用

0.81万円

価格帯 2.5~5万円


乗り出し価格

価格帯 42.8~52.39万円

48万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

49.11万円

価格帯 37.8~63万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す