こんにちは、ウェビックスタッフのアキヒトです。今回はモデルチェンジによりミッションが4速から5速となった新型グロムを試乗しましたので、そのインプレをお伝えいたします。試乗シチュエーションは前回乗ったCB125Rと同じく通勤路である片道20kmほどある都内の幹線道路がメインです。行きは渋滞、帰りは比較的流れの速い中での走行なので、同じようなシチュエーションでの使用を考えている方の参考になれば幸いです。

スタイリングとエンジンを一新でアソビゴコロアップ

2013年の初登場以来、様々な用途で人気のグロムが更にパワーアップ。今回のフルモデルチェンジで3代目となった新型グロムですが、スタイリングだけでなくエンジンも新しくなりました。エンジンはボア×ストロークにも変更がありボアが小さくなった分ロングストローク化し、排気量は123ccと1ccダウンとなりますが最高出力は0.2PSアップの10PSとなります。
また、エンジンの中でも特筆すべきはミッションで、従来モデルは4速を採用していましたが新型では5速ミッションを採用。これが走りを劇的に変化させています。

▲エンジンはタイの新型スーパーカブ(110)用をベースに排気量アップ&5速、MT化したもの。従来型よりも2.4mmスモールボアとなりその分ロングストローク化している。

基本的な構造や装備は従来モデルを踏襲した形となります、スタイリングをはじめアップデートされた箇所も多々あります。スタイリングでは目を惹くタンクカバーとサイドカバーにある「○」の正体は装飾された取り付けボルトで、至るところでアソビゴコロが見て取れますね。タンクカバーであまりわかりませんが、タンク容量も6Lと0.3L増量しています。

▲ユニークなタンクカバー。グロムのデザインは歴代それぞれに見て楽しめる要素が満載だ。燃料タンク容量は5.7L→6Lに増量された。

ポジションにかかわる部分では、シートがこれまでの窪んでいたデザインからタンデムシートまでフラットなデザインに変更されています。段差が無くなったことで前後の自由度が上がり、ポジションの変わったハンドルと相まって窮屈さを全く感じさせませんでした。


▲前後12インチの4ミニスポーツなのでコンパクトなライディングポジション。身長170cmでも思ったよりヒザまわりに窮屈さはなく、ニーグリップもしやすい。
▲体重65kgで足着き性はご覧の通り。シート高は761mmで従来型からほぼ不変。102kgの軽量な車重で取り回しに不安は全くない。

足回りは倒立フォークと前後12インチホイールにディスクブレーキは変更ありませんが、ABSが標準装備に。フロントのみとなりますが、雨の日の走行では有ると無いとでは安心感も大違いです。車体の軽さと12インチホイール特有の軽やかなハンドリングによって狭いところもキビキビと走れるのもグロムの魅力の1つです。

▲タイヤはタイのビーラバー製を採用。倒立フォークや前後ディスクブレーキは従来通りで、フロントのみABSが新たに採用された。

メーターには新たにギアポジションが表示されるようになり、ギアが増えても今何速なのかが一目でわかります。メーター自体はCB125Rのメーターがベースとなっていそうです。

▲液晶メーターにはギアポジション表示が追加されてより便利に。時計や燃料計、燃費計も表示。バーグラフタコメーターは従来型と同じ8000rpmすぎからレッドゾーンとなっている。

5速ミッションで市街地が更に快適に

従来モデルはカブシリーズの4速ミッションのように1速1速がワイドになっているイメージで、速度変化の少ない道であればとても快適ですが、今回の試乗のように都市部の国道など速度変化が激しい交通状況では少し役不足感が否めません。
特にシフトダウン時には回転数が合わないと変速ショックが大きかったり、加速がギクシャクしていた印象でしたが、5速ミッションに変わったことでギアの間隔がよりショートになり、加速時にも積極的にシフトダウンしやすくなりました。ギクシャクによる走行ストレスが減りスムーズな走りがしやすくなったことで、結果的に市街地でも走りが快適になったと感じられました。

幹線道路走行時の60km/h巡行時の回転数は5速4,000rpmでしたが、回転数が落ちると再加速は少しもたつく印象。パワーを感じるのは5,000rpmあたりからで、加速したい時は1速落とすと気持ちよく加速していきます。ただ、市街地ではあまり5速まで使う必要が無く常用域は3-4速でキビキビ走ってくれます。それこそ5速は「幻の5速」のように、「ここで1速欲しい!」という時に使えるのが嬉しいですね(笑)

グロムといえばミニバイクレースでもお馴染みのバイクですが、新型グロムではHRCのレースベース車が先に登場していましたが、この5速ミッションはまさにサーキットを走る上で生きてきそうだと感じました。今となっては遊べるセカンドバイク的な印象が強いですが、サーキットデビューしてみたいと思った時にも新型グロムはオススメですね。

2021年型グロム主要諸元

・全長×全幅×全高:1760×720×1015mm
・ホイールベース:1200mm
・シート高:761mm
・車重:102kg
・エジンン:空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ 123cc
・最高出力:10PS/7250rpm
・最大トルク:1.1㎏m/5500rpm
・燃料タンク容量:6.0L
・変速機:5速リターン
・ブレーキ:F=ディスク、R=ディスク
・タイヤ:F=120/70-12、R=130/70-12
・価格:38万5000円

グロム:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
グロムのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
グロムの新車・中古車一覧を見る

この記事にいいねする

コメントを残す

ホンダ グロムの価格情報

ホンダ グロム

ホンダ グロム

新車 53

価格種別

中古車 135

本体

価格帯 35.6~79.15万円

39.38万円

諸費用

価格帯 2.47~3.35万円

3.48万円

本体価格

諸費用

本体

36.82万円

価格帯 22.4~94.8万円

諸費用

2.56万円

価格帯 1.4~3.45万円


乗り出し価格

価格帯 38.95~81.62万円

42.87万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

39.39万円

価格帯 23.8~98.25万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す