イタリア語で「雷」を意味するTuonoは2003年登場の初代以来、スーパースポーツのRSVシリーズと対をなす最高峰のスポーツネイキッドとして君臨してきた。そして、EICMA2019で初披露された新世代のミドルスーパースポーツ、RS660の兄弟車として今年いよいよ国内上陸したのがトゥオーノ660である。

RS660をストリート向けに最適化

フラッグシップのトゥオーノV4ファクトリー同様、このトゥオーノ660も兄弟車であるRS660のエンジンと車体の大部分を共有化している。大まかにはRS660をハーフカウル化してアップハンにした仕様だ。エンジンは新開発の水冷並列2気筒DOHC4バルブ270度クランク排気量659ccで、ちょうどRSV4やトゥオーノV4のフロントバンクを切り取ってストロークを伸ばしたようなレイアウトが特徴。元々スーパーバイクのエンジン由来ということで、生まれながらにして高性能である。

→全文を読む

情報提供元 [ Webike モトレポート ]

この記事にいいねする

コメントを残す

アプリリア TUONO 660の価格情報

アプリリア TUONO 660

アプリリア TUONO 660

新車 20

価格種別

中古車 0

本体

価格帯 130.9~145.2万円

134.2万円

諸費用

価格帯 5.1~16.75万円

14.48万円

本体価格

諸費用

本体

万円

価格帯 ―万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 136~161.95万円

148.68万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

万円

価格帯 ―万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す