こんにちは!ウェビックスタッフの銀です。今回はホンダのアドベンチャースタイルの150ccスクーター、ADV150を片道30キロの通勤ルートを中心に実際に走ってみた感想をレポートします。

今まで、片道約30キロの道のりをヤマハ NMAX(2016年式)でバイク通勤していました。ルートとしては、約1/3は渋滞がひどく、すり抜けが多いストップ&ゴーの道で、2/3は流れの速い国道の幹線道路、主に国道246号線を走るルートです。今回のADV150も同様のルートで走行しています。

個性際立つアドベンチャールックは見た目だけでなく、跨っても気分が高まる!

ADV150の特徴は、何と言ってもそのスクーターらしからぬ、アドベンチャールックのデザイン。ホンダのシティアドベンチャーモデル、X-ADVと共通のデザインコンセプトのようなデザインは、他のスクーターモデルとは一線を画しており、個性が際立ちます。

→全文を読む

情報提供元 [ Webike モトレポート ]

この記事にいいねする

コメントを残す

ホンダ ADV150の価格情報

ホンダ ADV150

ホンダ ADV150

新車 67

価格種別

中古車 56

本体

価格帯 36.8~51.26万円

43.52万円

諸費用

価格帯 1.13~6万円

4.48万円

本体価格

諸費用

本体

48.3万円

価格帯 35.3~58万円

諸費用

0.81万円

価格帯 2.5~5万円


乗り出し価格

価格帯 42.8~52.39万円

48万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

49.11万円

価格帯 37.8~63万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す