2017年に登場し、同じクラスのライバルを瞬殺したホンダCBR250RRにマイナーチェンジが施された。現在、このクラスの話題はカワサキのアレに持っていかれた感が強いものの、ホンダは執念じみた改良の果てにパワーとトルクを上乗せ。さらなる速さを得た最新型の走りをお届けしよう。

どこか牧歌的だった250ccクラスを戦場に変えたのがCBR250RR

しばらく静かだった250ccのスポーツバイク界が息を吹き返したのは、ほんの10数年前のことだ。2008年、カワサキから突如ニンジャ250(2気筒)が登場し、「え、今それ?」という懐疑的な視線をよそに想定を上回るヒットを記録。 周囲のメーカーが慌てて開発をスタートさせ、ホンダCBR250R(単気筒)、スズキGSR250(2気筒)、ヤマハYZF-R25(2気筒)の順番でようやく4メーカー揃い踏み状態になったのが、2014年のことである。

→全文を読む

【ウェビック バイク選び】
【CBR250RR(2017-)】の新車・中古車を見る

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

この記事にいいねする

コメントを残す

ホンダ CBR250RR(2017-)の価格情報

ホンダ CBR250RR(2017-)

ホンダ CBR250RR(2017-)

新車 157

価格種別

中古車 118

本体

価格帯 71.56~89.05万円

81.29万円

諸費用

価格帯 3.71~5.31万円

4.68万円

本体価格

諸費用

本体

68.73万円

価格帯 54.9~99.8万円

諸費用

2.41万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 76.87~92.76万円

85.98万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

71.14万円

価格帯 57~91.3万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す