モンキー125 2022年式 (125cc)
オーナー:よっしーさん

ウェビックコミュニティに投稿されているMYバイクの中から、「よっしー」さんが今乗っているバイク、モンキー125をご紹介します。

ホンダのモンキーは他にはない超ミニマムなサイズから、50年に渡り長く愛されていましたが、排ガス規制の影響で2017年型で生産終了となりました。それが、125ccエンジンと12インチホイールで大きくなって復活したのがモンキー125です。旧モンキーは元々車載して出先で楽しむというコンセプトでしたので、自走してツーリングに行くには窮屈なライディングポジションでした。それが、モンキー125になってツーリングでも楽しめるモデルになったのです。

よっしーさんは、トコトコとツーリングがしたいという目的で当初はグロムを探してモンキー125に行き着きました。筆者としても、トコトコ走るならシートもサスもソフトな乗り心地のモンキー125が正解だと思います。さらに、よっしーさんの2021年型はエンジンが新しくなり、ギアが従来の4速から5速になっているので、よりツーリングに向いた特性となっています。5速の変速比は従来の4速に比べてロングになっていて、より低回転でトコトコとクルージングできるようになりました。

▲以前の50ccモンキーと比べると余裕のある普通サイズのライディングポジションとなったモンキー125。見ての通り身長170cmが跨っても窮屈さはありません

<MYバイクコメントより>
■購入動機
長年セローと共にダートを駆け回ってきたが、年齢と共にツーリングが主体となり、コンパクトなバイクでのコトコト乗りへの気持ちが高まりへ乗り替えを決意。
当初は新型グロムを発注していたが、納期目処が立たなくなり、お店巡りをしていたところに舞い込んだ、新型赤モンキー納車話。
何かの縁と感じ契約即決、10月8日登録。
■長所
かわ格好いい!
丸目のヘッドライトが特に好き!豪華装備!
全体的にいい雰囲気を持ってますね。
身構えることなく、気楽にコトコト出かけれそう。
■短所
KSR2依頼久々の原付2種。
慣らし中のため、50キロ代での巡行で頑張っていますが、なかなか後続者に道を譲ることが多いです。気を遣いますね。
慣れでしょうが、セローと比べてタンクやメーター周りがスッキリで目線が下の方になり戸惑った。
1速、ニュートラルにもスムーズに入るが、フィーリングが軽いー。ニュートラルにはそっと入れる感じ。
慣れですね 。
■アドバイス
新車購入につき、今のところ不具合などは、特になし。
アイドリング時の排気音は、静かながら少しいい音がするが、マフラーは交換したいかな。
■今後のカスタムプラン
軽いダートにも入っていけるスクランブラー?アドベンチャーを目指したい。
慣らし後になるけど、爆音でなくノーマルプラスα程度のアップマフラー。
武川のノーマルルック、またはビームスを思案中。
ヨシムラアップマフラーもなかなか。
今後の感じ方により、スプロケ交換も。
他は多機能メーター、オフロードタイヤ、キャリア、またはグラブバー等々。

>>Webikeコミュニティで「よっしー」さんのバイク詳細情報を見る

バイクのスペックやユーザーレポート、新車・中古車情報など盛りだくさん!
【モンキー125:オススメ関連情報】
モンキー125の関連情報を見る
モンキー125の新車・中古バイクを見る
モンキー125のレビューを見る
モンキー125の関連パーツを見る
モンキー125の関連記事を見る

■バイクがもっと楽しくなる Webikeコミュニティ

この記事にいいねする

コメントを残す

ホンダ モンキー125の価格情報

ホンダ モンキー125

ホンダ モンキー125

新車 74

価格種別

中古車 54

本体

価格帯 48.31~50.95万円

50.78万円

諸費用

価格帯 0.84~2.06万円

1.05万円

本体価格

諸費用

本体

53.85万円

価格帯 37.8~89.8万円

諸費用

4.99万円

価格帯 3.35~10.35万円


乗り出し価格

価格帯 49.15~53.01万円

51.84万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

58.85万円

価格帯 48.15~93.15万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す