変わらないことにこだわり続けた不朽の名作

1978年に登場してから今年で40年を迎えたSR400。
40年の間に細かな仕様変更が行われてきたものの、そのクラシカルなルックスは初登場から全く変わりません。

2008年にこれまでのキャブレターモデルでは排ガス規制に対応する事ができず、ラインナップから外れてしまいましたが、1年後にはインジェクションモデルに生まれ変わり再登場したことで話題となりました!!

再登場したSR400はこれまでのルックスを損なうことなくインジェクション化に成功しましたが、元々余計な物を省いたシンプルな車体に、キャブレターでは不要だった多くの部品を収めるのには相当苦労したハズ…
あの手この手でこれまでのデザインを守りこだわり抜いた事も長年ファンから愛され続ける理由の1つですね!
こだわり過ぎてインジェクションになってもセルスターターを付けず、始動方法はキックスタートのみの徹底っぷりです(笑)

余談ですが、ドラマ「Good Luck」内で柴咲コウがカスタムされたSR400に乗っていましたね。
ハンドルなどが変えられたカフェレーサー仕様のSR400も中々カッコイイですが、実際に柴咲コウが乗っている姿は必見ですよ!!

さて、今回紹介する物件はSR400の中でもフロントドラムブレーキ最終モデルとなる2000年式です!

ドラムブレーキ最終モデルと言いましたが、実はこのモデルの1つ前はフロントがディスクブレーキだったんですよ!?
一度はディスクブレーキにしたSRでしたが、「よりクラシックに」というライダーの要望に応えるための退化だったとか…

でも、ドラムブレーキに戻ったのが1985年でそこから15年間変わらずにいたのは、やはりライダーの求めていたスタイルだったという事ですね!

人気カラーのグロリアスマキシブラウンはただでさえ希少ですが、18年前の車両でこんなにも綺麗な車両は他にありませんよ!!
ショップ様にて車両の状態がわかる動画も撮ってあるので、気になった方は是非詳細ページを見て下さいね♪

SR400:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
SR400のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
SR400の新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのSR400中古車一覧

この記事にいいねする

コメントを残す

ヤマハ SR400の価格情報

ヤマハ SR400

ヤマハ SR400

新車 6

価格種別

中古車 215

本体

価格帯 104.5~131.78万円

127.23万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

78.19万円

価格帯 37.4~200万円

諸費用

8.55万円

価格帯 5.6~9.32万円


乗り出し価格

価格帯 111.96万円

111.96万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

86.75万円

価格帯 43~209.32万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す