【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

80年代ラリーの雰囲気に最新メカを搭載

今週はモト・グッツィのニューモデル「V85TT」の国際試乗会に来ています。開催地はタイでも有数のリゾート、プーケット島の周辺エリア。自然豊かな南国の雰囲気で道路もよく整備されていますが、一歩街を離れると奥深い未踏のジャングルが広がっています。

モト・グッツィでは「V85TT」をクラシック・トラベル・エンデューロと位置付けています。伝統の空冷縦置き90度VツインOHV2バルブという何十年も基本レイアウトが変わっていないエンジンに最新の車体と電子制御を組み合わせ、80年代のラリーマシンのイメージで仕上げた、ちょっと懐かしい感じのするアドベンチャーツアラーです。

外見からは分からないですが、実はエンジンは完全新設計でV9ボバーと同じ排気量853ccですが、最高出力は80psへと大幅にアップしています。

バイクとの対話が濃厚に楽しめる

エンジンは完全な低中速トルク型で3000rpmから5000rpmが美味しいところ。まずはなだらかなワインディングを登っていきますが、縦置きVツインのマイルドな鼓動感に乗って路面を力強く蹴り出す後輪の感触が気持ちいいです。そこで欲張って上まで引っ張ろうとするとエンジンが苦しがるので、自然と早め早めにシフトアップすることになります。マシンを労りながら走る感覚。最近のモデルでは希薄になってしまった「バイクとの対話」を今でも濃厚に味わえるのがモト・グッツィの魅力だとあらためて感じました。洗練された最新モデルでもそうしたエモーショナルな美点はしっかり受け継がれていることに安心し、嬉しくなりました。

過不足がなく操れている実感

一方で、倒立フォークとラジアルキャリパー付きのダブルディスクブレーキ、ABSとトラコン、フルカラーTFTディスプレイに3種類のライディングモードなど、現代的なシャーシとそれをバックアップする電子制御が過不足なく備わっている点もV85TTのポイント。だから、走りはステディでグレード感もあります。そして何より、程よいサイズ感と適度なパワーなので、安心してちゃんと操れている実感が持てるのがいいところ。乗り味は大らかでライダーに優しいです。だから、どこでもストレスなく走れるし、気が付くとけっこうなペースで走っているのですが不思議と疲れないのです。

オフロードの楽しさも想像以上

試乗コースはほとんどが舗装路ですが、所々でオフロードを走れる機会がありました。驚いたのがオフロード性能の高さ。日本の林道のような場所でちょっとしたガレ場や沢渡りにもトライしましたが、割とバイク任せでも安定してスイスイと走破することができました。特に「オフロード」モードでは出力特性やABS、トラコンの設定がダート用に最適化されるのでおすすめ。クラシカルな外見にもかかわらず、「おお、けっこうやるじゃん!」というのが率直な感想。想像していた以上にオフロードの走りも楽しめました。

今回はレッドフレームが印象的な「サハライエロー」のモデルに乗ったのですが、これはパリ・ダカールラリーを走った往年のV65TTをオマージュした伝統のカラーだとか。無骨な中にもお洒落感があって街乗りでも映えそうでした。スペックだけではない、感性に訴えかけてくる気持ちのいい相棒という感じでしたよ!

詳しいインプレッションは動画入りで近日中にアップいたしますのでお楽しみに!

【V85TT】の新車・中古車を見る

この記事にいいねする

コメントを残す

モトグッチ V85 TTの価格情報

モトグッチ V85 TT

モトグッチ V85 TT

新車 10

価格種別

中古車 1

本体

価格帯 126.5~170.5万円

159.83万円

諸費用

価格帯 16.75~16.76万円

14.94万円

本体価格

諸費用

本体

108.9万円

価格帯 108.9万円

諸費用

8.91万円

価格帯 8.91万円


乗り出し価格

価格帯 143.25~187.26万円

174.77万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

117.81万円

価格帯 117.81万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す