旧車でも現代のバイクでも、数多く使われているのが「+頭(海外ではPHフィリップスと呼ばれる)」のスクリュー。締め付けが固く、なかなか緩まないときに、工具を滑られてボルトの頭の+溝をナメてしまうことがよくある。頭がナメてしまうと、取り外すのには相当な苦労が必要になってしまうことが多い。イヤな予感がするときには、最初から特殊工具を利用するのが得策だろう。ここでは「+頭のスクリュー」を緩めるのに心強い味方となってくれる、特殊工具に注目してみよう。

「インパクトドライバー」に助けられる場面は多い!!





通称「ショックドライバー」とも呼ばれるインパクトドライバー。ボディー内に回転カムが組み込まれたおり、先端にビッドセットして「+」や「-」溝に押し付けた状態で、ボディーを回転させたい方向(一般的には左回転方向)へ押し付ける(この押し付けが失敗しないポイント)。本体をしっかりボルト溝へ押し付けつつ、ボディ端部をハンマーで一撃する。すると、回転カムへチカラが加わり、先端のビッドが緩めたい方向へ衝撃とともに僅かに回転。その回転力で固着していたネジ山を緩める特殊工具だ。作業前には、ハンマーで一撃したときの回転方向を必ず確認しておこう。

ビッドは複数所有しておきたい

締め付けボルト周辺のカバー形状に合わせたビッドを複数持っていると作業性が良い。平坦なカバーを締め付けているボルトならショートビッドで大丈夫だが、カバー形状が凸凹で締め付け座のすぐ横にカバーが張り出している時などは、ロングビッドを使ってカバーと干渉しないようにしよう。マイナスビッドも同様だ。

スクリュー周辺のレイアウトでビッドを決定



六角形状のビッドホルダーに対して、寸法が異なるヘキサゴンレンチを用意しておけば様々な箇所で利用することができる。90度に曲げてある六角レンチが曲がってしまうほど締め付けられている場合は、インパクトドライバーに六角レンチのビッドを取り付け、一撃することで緩みやすくなることもある。締め付け座面のすぐ横に出っ張りがある場合は(そんな形状のエンジンカバー)、ロングビッドでインパクトドライバー本体とカバーが干渉しないように作業しよう。

普通のドライバーのようで実は素晴らしい働き!!





国産ドライバーメーカーとして知られるベッセルが開発した「メガドラインパクタ」。その使い勝手を知ると、バイクいじり好きなら工具箱の中に、2番、3番サイズの同商品を入れておきたくなるはず。見た目は一般のドライバーだが、グリップ内にインパクトドライバーと同じ機能が組み込まれており、貫通ドライバー端部をハンマーで一撃すると、ドライバー軸が約12度左へ回り、緩めの一撃を加えることができる。そんな機能を持ちながら、普段は「普通の+ドライバー」として利用することができる優れものだ。

「ネジ溝の再生」から始めるのが基本





ブレーキマスターシリンダーのリザーブタンクキャップを締め付けるボルトは、プラスの皿ビスで締め付けられている例が多い。この皿ビスは固着しやすく、なかなか緩めることができない=この+溝をナメてしまうことが多い。作業開始時には、いきなりインパクトドライバーやメガドラインパクタを利用するのではなく、まずはピンポンチ(平ポンチ)で+溝の周辺を叩いて溝エッジを潰し、ドライバー先端がしっかり食いつくように形状修正しよう。すでにナメ掛かったビスの場合は、溝形状の修正を特にしっかり行おう。ピンポンチが無いときには、Tレンチの柄などを利用して叩いても良い。溝確認後に寸法合致したメガドラを差し込み、グリップエンドを軽く叩いて溝の馴染みを良くする。その後、グリップ越しに先端を+溝に押し付け、ハンマーで一撃!!最初にいい加減な作業手順で+溝をナメてしまうと、後々の緩め作業が大変なので、緩める時には最初から気合を込めて作業進行しよう。また、ドライバーサイズが合致していないと溝ナメの原因になるので、サイズ合わせは基本中の基本である。

POINT

  • ポイント1・緩めようとするボルトやスクリューの頭がナメかけているときには「転ばぬ先の杖」的に利用したいのがインパクトドライバー
  • ポイント2・利用前に必ず確認実践しなくてはいけないのが回転方向。間違えるとボルトやスクリューが折れてしまう

プロメカニックの仕事とサンデーメカニックの仕事を比較すると、プロの仕事は確実な工具を使って分解し、確かなトルク管理の上で、ボルトを締め付け組み立てるなどなど、より確実な作業実践を心掛けている。プロメカニックは様々な工具を所有し、経験豊富なメカニックほど、特殊工具を数多く所有するケースが多い。そんな特殊工具の中でもインパクトドライバーは、バイクメンテナンスを実践する上で欠かすことができない特殊工具のひとつ。メンテナンスビギナーや入門者こそ、是非欲しいのがインパクトドライバーだろう。「まだまだ初心者だから、特殊工具は必要無いのでは……?」そんな声が聞こえてきそうだが、それは大きな間違い。いくら趣味であっても、自分自身の手で、DIYで「バイクいじりを楽しみたい!!」と考えるのなら、様々なボルトを気持ち良く緩めることができてこそ、その先にある充実感と対峙することができるはず。

インパクトドライバー(通称ショックドライバー)とは、ボルトに押し付けたドライバー軸の延長上をハンマーで叩き、ショックを与えることで、強く締め付けられていたボルトをスムーズに緩める特殊工具のひとつ。利用前には

上記の確認段取りを終えたら、いよいよインパクトドライバー本体にビッドを差し込み、本体を持つ手を緩めたい方向へ押し付けつつハンマーで一撃する。そんな作業段取りで行えば、+溝を舐めることなくスムーズにボルトを緩められるはずだ。

  • 1:叩いた時の回転方向を必ず事前確認する。ビッドホルダーを地面に押し付けた時に、緩める方向(例えば正ねじなら左回転)へビッドホルダーが回転することを確認する。
  • 2:緩めたいボルトに合致したビッドを準備する。
  • 3:ボルト溝(例えば+溝)がナメかけているときには、溝周辺をピンポンチなどで叩いて形状修正し、さらにビッドを溝にセットしてハンマーで叩く。

そんなインパクトドライバーの機能を一般的なドライバーに組み込んだのが、ベッセル製のメガドラインパクタだ。普段は通常のドライバーとしてりようでき、必要な際にはインパクトドライバーとして性能発揮。バイクメンテナンスでは、ブレーキマスターシリンダーのリザープタンクキャップを締め付ける+溝の皿ビスとエンジンカバーを締め付ける+溝のパンスクリューなどが、溝を舐めやすいボルトとして知られている。合致したサイズのドライバーを差し込み緩めようとしたときに、なんとなくイヤな予感がする際には、手の力に頼らず、初めから特殊工具のチカラに頼った方が確実な仕事を行うことができるはず。そんなときこそ、インパクトドライバーが威力を発揮してくれる。

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら
 
コメントを残す