バイクの性能向上と同時に、大きく進化しているのがステアリング操作の要、ステアリングヘッドパイプ用のベアリング。コンディション次第で、操作感に大きな違いが出ることでも知られている部品だ。ダメージを受けると、ステアリング操作にギクシャク感が発生し、直線道路でも「わだち」を乗り越えたときなどは、怖い想いをするケースもある。ここでは、ステアリングヘッドパイプ周辺のメンテナンス時に、あると便利な各種工具を紹介しよう。

ベアリングアウターに引っ掛けて叩き抜く工具



ステアリングヘッドパイプに組み込まれるベアリングは、複数のスチールボール+アウターレース、もしくはテーパーローラーベアリング。または、スチールボールがバラバラにならないリテーナーで保持されている仕様もある。いずれにしても、ダメージを受けたアウターレースを抜き取る際には専用工具も存在するので利用したい。ステアリングステムを取り外したときには、ヘッドパイプ上下に圧入されたアウターレースのベアリング摺動部にダメージを受けていないか?目で見て、指先で振れて、打痕が無いかしっかり確認しよう。

アウターレース全体を引っ掛けるのがポイント



大型のマイナスドライバー(貫通タイプ)などで叩いて抜き取ることもあるが、ドライバー先端がつぶれてしまうことが多いので、こんなときにこそ専用工具がありがたい存在になる。ツメ先を広げてアウターレースエッジに引っ掛け、その状態で工具を直接叩いてアウターレースを叩き出すタイプ。叩き棒のような工具の場合は、一か所ばかり叩いてしまうと斜めになり抜けにくくフレーム側を痛めてしまうので、360度平均的に抜け出てくるようにに叩くのがコツだ。

調整次第で操縦安定性に大きな変化が出る





ステアリングステムベアリングの交換やグリスアップ時にはステムナットの緩め、締め付けを行うが、そんな作業時に使い易いのがステアリングステムレンチ。薄手でアジャスタブルタイプのステムレンチは使い勝手が良好だ。

エキセントリックシャフトの調整時には必要不可欠

片持ち式スイングアームのドライブチェーン調整は、スイングアームエンドに組み込まれたエキセントリック軸受け(偏心軸受け)のセット角度を回して調整し、ドライブチェーンの張りや遊びを適正に保つが、そんなときに利用するのがフックレンチだ。車載工具には専用サイズのレンチが同梱されていると思うが、いちいち車載工具を取り出して使うより、常時利用のメンテナンスツールを所持していたいものだ。アジャスタブルタイプは、こんなドライブチェーン調整時にも大変便利である。

POINT

  • ポイント1・ステアリングヘッドパイプの作動性確認は、前輪タイヤを地面から離し宙ぶらり状態で行うと理解しやすい
  • ポイント2・ヘッドパイプベアリングの脱着はアウターレースを平均的に叩いてポジションを保持しながら作業進行
  • ポイント2・調整式ではないフックレンチは部品寸法が限られてしまうので、サイズに合わせた数種類が必要になる。フック幅は薄いものが使い易い

フレームのヘッドパイプに組み込まれる「ステアリングステムベアリング」は、フロント周りを分解しないと交換できない部品である。だから、ステアリング操作に対して、違和感があったり、引っ掛かりがあることに気が付いていても、気が付いても交換しないライダーが意外と多い。現実問題、交換作業はなかなか面倒でもある。しかし、時にはフロントホイールを取り外したり、フロントフォークを三つ又から抜き取るような作業もあるので(フロントフォークシールの交換やフォークオイルの交換などなど)、そんな作業の「ついで」に部品交換してしまおう。ダメージの発生に気がついた時には、あらかじめ交換用純正部品を購入しておいた方が良い。例えば、エンジン下をジャッキアップし、フロントホイールを取り外すときなどは、フリーになったステアリング周りを左右に末切り確認してみよう。単純にステアリング操作が重く感じるだけなら、ステアリングヘッドパイプを締め付ける薄ナットをフックレンチやステアリングステムナットレンチで調整し、抵抗感を最適にすれば良い。

一方、ステアリングを左右に作動させると、ゴロゴロ感や直進ポイントで引っ掛かりがある場合は、部品交換しなくてはいけない。単純な分解洗浄とグリスアップを施しただけでは、作動性の改善にはならないことが多い。

そんなベアリングアウターをヘッドパイプから抜き取る際に、あると便利なのがベアリングリムーバーだ。すり割りを広げてアウター全周に引っ掛けて叩き抜くタイプと、一か所を叩きながら、徐々に全周を叩いて抜き取るタイプがある。使い勝手はモデルや状況によって異なるが、理想的には、何種類かの工具を所有していれば、どんな場面でも涼しい顔で作業進行することができる。

また、ステムシャフトの締め付けによってステアリングの操作感は大きく変わるが、そんな薄ナットの締め付け時にあると便利なのがステアリングステムレンチやフックレンチである。画像ではアジャスタブルタイプの薄型フックレンチを使っているが、許容範囲が広く、片持ちスイングアームにおけるドライブチェーン調整も楽々行うことができるので、工具箱にひとつ持っていると頼もしい味方になる。

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら
 
コメントを残す