ウェビックコミュニティ「MOTO HACK 教えて!メンテナンスHACK」キャンペーンに、投稿いただいた中から、参考にしたいメンテナンス方法をご紹介。
もしかしたらマネしたくなるアイデアがあるかも!?

今回は、CB400スーパーフォアに乗る「スライムライダー備忘録日記」さんのメンテナンスHACKをご紹介!

車両とメンテ内容の紹介

車両について

CB400スーパーフォア(NC31)
20年前からの長い付き合いの愛車です。
これからも現行機のお陰で部品供給は暫く心配なさそう。

今回の作業

段差を乗り越えてからフロント周りから速度に比例してコンッコンッと音が……
フロントホイールベアリングを交換します。

作業時間

2時間ぐらい(乗りたい病の進行次第)

作業難易度

簡単

使うアイテム

ベアリングプーラーセット
ブランド:デイトナ

■シール類など純正消耗品

作業について詳しく紹介

1.車体からホイール取り外し
両サイドのシールゴムはホイール本体を傷つけないようにコジッてマイナスドライバーで外しました。(後で組付け前に活用)
ベアリングプーラーは正しく使いましょう(画像は長すぎるビット使ってます)

2.両サイドのシールをはずし、ベアリングを抜き取る
中のカラーはグリスアップして圧入するときに忘れずに組付けましょう。
(古いシールとベアリングを打撃面に乗せて活用)
スピードメーターケーブルの付いている方と左右形状が違うのでベアリング圧入順番と打ち込み過ぎに注意!

3.ベアリングを圧入してシールを取り付ける
両サイドにシールを取付けて、シャフトカラーから溢れない程度にグリスを塗布しました。
ベアリング圧入に問題なければ、車体組付け時にスムーズにアクセルシャフトが入り空転もスムーズになります。

4.車体へ仮組み、トルク締結(ねじロック)
試乗前に回転させてみると今までが嘘の様に回転します。燃費アップに期待できそうです。

アドバイス

・ホイルを外した車体はキッチリ安定させておきましょう。
・ブレーキキャリパーは100均袋でブレーキホースにストレスがかからない様に車体にぶら下げておきましょう。
・廃棄するシールとペアリングを組付け時に有効活用しましょう。
・段取り(部品・ケミカル、オイル汚れの準備)がポイントです。
・ホイールを外した車体はキッチリ安定させておきましょう。

アドバイスとしては、グリース塗布は溢れない程度にケチらない事でしょうか(スピードメーターケーブルのギアにも)

スライムライダー備忘録日記さん、貴重なメンテナンスHACKの投稿ありがとうございました!
今回紹介させていただいた、スライムライダー備忘録日記さんには、ウェビックで使える1,500ポイントをプレゼント!

 MOTO HACK掲載記事は、ユーザー投稿を構成・転載したものとなります。語られる効果・手法に関してはユーザー裁量によるものであり、そこで起きた不具合等に関してウェビックは一切の責任を負いかねます。

この記事にいいねする

 
今回紹介した製品はこちら
         
コメントを残す

 
今回紹介したブランドはこちら
 

ホンダ CB400スーパーフォアの価格情報

ホンダ CB400スーパーフォア

ホンダ CB400スーパーフォア

新車 0

価格種別

中古車 224

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

107.14万円

価格帯 33.98~238.8万円

諸費用

4.9万円

価格帯 3.56~8.48万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

112.05万円

価格帯 42.46~242.36万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す