買ってみた!使ってみた!といったライダー達の“生の声”を集めるWebike「インプレッション」。
Webikeで取り扱うバイク用品・カスタムパーツならなんでも投稿が可能で、投稿してくれた人にはWebikeのお買い物で使えるポイントを最大で500ポイントプレゼントしています。

今回はそんな毎日増え続けているインプレッションから、2020年4月11日~4月17日の期間で“良かった"インプレッションを勝手にピックアップしてきたのでご紹介したいと思います!

今週のピックアップインプレッション

とにかく帽体が小さくて軽い!

評価:★★★★★


マットブラック Lを購入しました。

私自身のスペックは身長162cm、体重57kg、頭の周長57cmです。サイズ選択の参考にしてください。

【フィット感】

頭の周長は57cmなので本来M(57cm)が適正サイズですが、かなりの窮屈さを感じたため1サイズ上のL(59cm)にしました。

Mでは着脱の際に痛く、顎を動かすにもチークパッドの圧迫により妨げられる感覚がありました。

一方Lの場合、1サイズ上といっても首を縦横に振ってもずれることはないし、顎の動きを妨げられる感覚も少なく適度なフィット感です。インカムトークも問題なくできそうです。着脱も楽々というほどではありませんが、痛くはありませんでした。

ちなみにXL(61cm)だと着脱は容易ですが、首を振るとずれてしまいます。

【品質・質感】

外装、内装ともにとても高品質です。

外装に関してはマットの塗装がやや繊細ですが、決して質が悪いというわけではありません。マットカラーの宿命でしょう。作り込みはしっかりしており、ベンチレーションの可動部もきっちりかっちり動きます。

内装も非常に上質で、安っぽさはまず感じないですし、被り心地はもう抜群です。そう簡単にはへたりそうにもありません。

【性能・機能】

帽体が小さく軽いため首への負担が少なく、長時間の走行でも肩こりしません。Z-7の最大の魅力はこの小ささと軽さにこそあります。

シールドの開閉は少し固いですが、その分風切り音が軽減されているのか、静粛性が非常に優秀です。インカムトークやモトブログをやる予定があるのであれば、この静粛性の高さによる恩恵は大きいのではないでしょうか。

あと、付属のピンロックを使用すればシールドの曇りに悩むことはありません。なぜ今までピンロックのないヘルメットで我慢していたのかと後悔してしまうほどです・・・。


【デザイン】

マットブラックが渋くていいです。ブラックと迷いましたが、最終的に光沢のないマットブラックを選びました。

ただ、マットはキズやシミが目立つのと、ヨゴレを落とすのに気を使います。普通に磨くと光沢が出てしまいます。お手入れの簡単さを求めるのであればマット色は避けたほうがいいかもしれません。

それでも私個人的な感想としては、お手入れの簡単さを多少犠牲にしても、マットの落ち着いた格好よさに大満足しております。

【コストパフォーマンス】

他社と比較してしまうと決して安いとはいえない価格かもしれませんが、これだけの品質と性能を考えればコストパフォーマンスは優れていると思います。カラーリング違いでもう1つほしいくらいです。



※写真は開封直後に撮影したものです。(NAGANO RIDERさん)

ヘルメットのインプレをもっと見る

頭部の周長をはじめご自身の体型も詳しく書かれていて、近しい人はとても参考になるインプレなのではないでしょうか。NAGANO RIDERさんは最終的にLサイズのZ-7をチョイスしましたが前後サイズの比較も載っていてとても分かりやすいですね!文句なしの内容でした、ありがとうございます!
(Webikeスタッフ:KJより)

フォグ最高

評価:★★★★☆


この商品とは別に同じくPuigが発売している車種専用ステー(1350N)を購入しTIGER800XRxに取り付けました。

【取付】

最寄りの2輪館で輸入と取り付けをお願いしたので評価はありません。

【品質・質感・形状】

金属製のフィンの付いたがっちりした筐体でとても丈夫そうです。別売りでストーンガードも売ってますので林道などをよく走る人にはおすすめかもしれません。スイッチも安っぽくないのもポイント高いです。



【性能】

純正ヘッドライトがH4バルブ2個でわりと明るいはずなのですがどうにも暗く夜間走る際は不安を感じており、特にハイにすると手前が真っ暗でほとんど見えず恐怖でした。

比較画像を見てもらえばわかると思うのですがヘッドライトより圧倒的に明るく、手前からワイドにはっきり照らしてくれているので夜間どんな道でも不安なく走ることが可能です。

変な方向を照らしたりすることもなく狙った方向に照射するので対向車等に気を使うことなく使用できます。


【総評】

通販サイトを調べると中華製の格安フォグがいくらでも出てきますが、中華製の電装関係は少し心配なのとしっかり正確に照らせるものが欲しかったのである程度ちゃんとしたメーカーのものとと思い購入しました。

専用ステーと合わせて3万5千円ほどでしたが、メーカー純正のものは6万円くらいだったと思いますのでその半額と考えれば良いお買い物だったかなと思います。

アドベンチャーバイクっぽさが増してカッコよくなりましたし夜間安心して走れるようになって大大大満足です!(ゆきさん)

電装パーツのインプレをもっと見る

読ませるインプレには綺麗な画像が添えられていることが多い気がします。ゆきさんのインプレには綺麗な画像はもちろん、Lo/Hiの照射比較画像がとてもわかりやすくとても参考になりました。それとフォグがついたアドベンチャーはかっこいい!(Webikeスタッフ:KJより)

NAGANO RIDERさん、ゆきさん素敵なインプレッションをありがとうございました!
それぞれには、Webikeでのお買い物で使える1000ポイントをプレゼントさせて頂きます!

Webikeではこのような先輩ライダー達の感想・意見を集めたコンテンツ“インプレッション"をご用意しています。
インプレッションを投稿するともれなく貰える最大500ポイントのプレゼントがありますので、みなさんの“生の声"をお待ちしています!

 

この記事にいいねする

コメントを残す