文:後藤 秀之

初期型ホンダ・グロム125(2013~2017年)にキタコの「164ccNEOボアアップKIT」を取り付ける手順を解説する連載の第3回目。前回シリンダーヘッドを取り外したことで、カムスプロケットも取り外されてカムチェーンがシリンダーから飛び出した状態になっている。シリンダーの中にはピストンが入っていて、ピストンはコネクティングロッドを介してクランクシャフトへとつながっている。つまり、シリンダーやピストンを外す際に無理な力をかけてしまうと、クランクシャフトなどに影響が出る可能性がある。また、カムチェーンもクランクシャフトにかかっているので、不用意に動かすとピストンが動いてしまうことがあるので要注意だ。

前回はコチラ!

カムチェーンガイドの取り外し

シリンダーを取り外す前に、シリンダーの内部に取り付けられているカムチェーンガイドを取り外す必要がある。カムチェーンガイドはシリンダーのカムチェーンガイドローラーピンボルトで固定されているので、これを外してガイドローラーを外すとシリンダーを引き抜くことができる。

シリンダーの取り外し

シリンダーを取り外していきます。シリンダーを引き抜く際は、スタッドボルトやピストンにできるだけ負荷をかけないように注意したい。また、カムチェーンは、シリンダーをスタッドボルトから完全に外す前にシリンダーから引き抜いておくこと。

ピストンピンクリップの取り外し

ピストンをコネクティングロッドに取り付けているピストンピンは、ピストンピンクリップで留められている。このピストンピンクリップは張力を使ってピストンにある溝にセットされているので、ラジオペンチなどの先端の細い工具で端を掴んで引っ張り出すようにして外す。

ピストンピンプーラーのセット

ピストンピンは指で押して外れることもあるが、固くはまって抜けない場合がほとんどだ。その場合はピストンピンプーラーという専用工具を使用して、少しずつ引き出していく。まずは、このピストンピンプーラーをピストンにセットしていく。

ピストンの取り外し

ピストンピンを抜いていく時は、無理に力をかけてコネクティングロッドに負担をかけないように注意が必要だ。ピストンピンが抜ければ、そのままピストンはコネクティングロッドから外れる。ピストンが外れれば、ボアアップキットの取り付けにおける分解作業は終了となる。

【KITACO虎の巻】第3回:グロムにボアアップキットを組み付けてみよう!手順詳細解説 【シリンダーの取り外し➤ピストンの取り外し】画像ギャラリー (37枚)

この記事にいいねする

 
今回紹介した製品はこちら
         
コメントを残す

 
今回紹介したブランドはこちら
 

ホンダ グロムの価格情報

ホンダ グロム

ホンダ グロム

新車 250

価格種別

中古車 173

本体

価格帯 35.58~77.74万円

38.83万円

諸費用

価格帯 1.56~3.11万円

2.83万円

本体価格

諸費用

本体

30.54万円

価格帯 22.85~54.79万円

諸費用

3.16万円

価格帯 3.16~3.44万円


乗り出し価格

価格帯 38.7~79.3万円

41.67万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

33.71万円

価格帯 26.01~58.23万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す