ハンターカブの純正タイヤでしばらく走ってたんだけど、サスに手を入れたらどうもタイヤが負けてる感じがするんですよ。そこでタイヤ交換。スーパーカブ90にも装着して、ものすごく良い感じだったMICHELIN ANAKEE STREET(ミシュラン アナキーストリート)をチョイス。
アナキーシリーズは、オンもオフもいけるアドベンチャータイヤ。なんだけど、ロード適性が凄くって、峠の縦溝にも捕まらないのよ。しかもレイン性能も半端ないから、濡れた林道とかでも安心。
というわけで今回は、アナキーストリートの2.75サイズをハンターカブJA55に装着してみるよ。

実走行編はこちら

ミシュラン アナキーストリート

装着するミシュラン アナキーストリートについて。
ミシュランにおけるタイヤラインナップの中でも、アドベンチャータイヤに位置づけられるシリーズ。アドベンチャー、つまり冒険という名前の通り、長距離ツーリングからロード、ダート、レインなど、あらゆる条件でも安定した走破性を持つモデルというイメージが近いと思う。

アナキーシリーズには、アナキーアドベンチャー、アナキーワイルド、アナキーロード、そして今回装着するアナキーストリートなど、人気のシリーズだけに様々なモデルをラインナップしてるよ。

アドベンチャーバイクというと、BMWのGSとかアフリカツインが代表的なだけに、全体的にサイズは大きめ。でも、中・小排気量向けに開発されたアナキーストリートなら、カブ系にも装着できるサイズが揃ってるのよ。

具体的にいうと、17インチの2.25、2.5、2.75あたりがカブ系にオススメ。自分のハンターカブには2.75をチョイス。

ちなみにアナキーストリートには、同一サイズでもチューブ向けとチューブレス向けがラインナップされているので注意してね。
C125や現行スーパーカブ110(JA59)、現行クロスカブ110(JA60)であればチューブレス向け、つまりTLと表記されたタイヤを選んでね。読んで字のごとく。TubeLessの略称じゃないかな、たぶん。
それ以外のモデルはチューブなので、TTという表記になるよ。TTはTubeTypeの略っぽい。

アナキーストリートをハンターカブに結束バンドで簡単装着するよ

さて、タイヤ交換をはじめよう。
ただ、自分はすごくタイヤ交換がヘタクソなのよ。
チューブに穴あけまくって、一度のタイヤ交換でチューブを5-6本使ったことも。

そこで便利なのが結束バンドを使ったタイヤ交換。タイヤをはめる時に結束バンドでタイヤとチューブを締めておいて、ホイールに嵌めるってやり方。

タイヤ交換ヘタクソな自分でも、結束バンドを使えば、ほぼチューブを破ることなく簡単にタイヤ交換できるんですよ。最初に考えた人は天才だと思う。
ほんと失敗知らずでタイヤ交換の敷居が下がるので、今回は結束バンドを使ったタイヤ交換を紹介していくよ。

必要なもの

必要なものは通常のタイヤ交換に使うもの+結束バンド。

まずは井桁(いげた)。
ホイールを直接地面に置くと傷ついてしまうので、かなり重要。ただ、2×4材とかを適当に組み合わせるだけでもOK。最近のホームセンターは工作室も設けられてたりするので、買った材をその場でカットしちゃえば簡単。
ホゾを切って組み立て可能にしたけど、ダボやネジで留めちゃっていいなら凄い簡単に作ることができるよ。

井桁があると便利

井桁があると便利

2*4材をこんな感じでカットするだけ

2*4材をこんな感じでカットするだけ

作るのが面倒な人にはこういう完成品も売ってるよ。

お次はタイヤレバーと結束バンド。
タイヤレバーは3本あると便利。タイヤレバーって結構使い勝手が違うのよ。自分の好みは、なるべく先端が薄くて滑らかなもの。今回は、webikeで買ったホンダ純正タイヤレバーを使うよ。

結束バンドについては、全長30cm位のリピートタイを使ってる。リピートタイってのは何度も脱着できるタイプの結束バンドね。再利用できた方がお得だし。

ホンダのタイヤレバー

ホンダのタイヤレバー

再使用できるリピートタイが便利

ちょっと脱線して、必須じゃないけど便利なアイテム。
エアバルブプーラーは、タイヤをホイールに装着する際にバルブをリムに通すアシストをしてくれるもの。ないと意外と大変なときがあるのよ。バルブコア外し、いわゆる虫回しとしても使えるし一個持っておくとなにげに重宝するよ。

スイングーアームリフトスタンドは後輪を外す時に便利なのよ。カブ系のバイクって、リアホイールがフェンダーに干渉して外しにくいのよね。少なくとも自分のスーパーカブとハンターカブはそのままじゃ外れないのよ。
そこで、ちょっと車体を傾ける際に便利なのよね、スイングアームリフトスタンド。

DRC エアバルブプーラーはあると何かと便利

スイングアームリフトスタンドは後輪を外すのに便利

スイングアームリフトスタンドは後輪を外す時に真価を発揮

前後ホイールを外すための工具は必須アイテム。ハンターカブの場合は14mmと19mmのメガネレンチ。あと、リアのチェーンアジャスターを外すために、12mmと10mmが必要よ。

あとはビードクリーム。あるとないでは大違いのタイヤ交換便利アイテム。一つ買っておけば相当長い事持つので、良いものを購入しておこう。

 

ラストはエアゲージと空気入れ。これがないと完成しないからね。エアゲージは一個信頼できるものを持っておくと安心感が高まるよ。デイトナの小型エアゲージとエスコのエアゲージがお気に入り。チャック(口金)が90度なので片手で使えるのよね。

タイヤを外すための工具

タイヤを外すための工具

空気入れとエアゲージは必須

空気入れとエアゲージは必須

ホイールの取外し

フロントは簡単

フロントに関しては、アクスルナットを工具で外してアクスルシャフトを抜くだけ。ノーマルアクスルならナット側が19mmでボルト側が14mm。自分のはキタコのクロモリ中空アクスルなので、両方とも17mm。

タイヤを外すよ。フロントは簡単

タイヤを外すよ。フロントは簡単

抜くのも簡単

抜くのも簡単

ホイールの左右に一個ずつアクスルカラーがはまってるので、なくさないようにね。

リアはちょっと大変

フロントは凄く簡単だけど、リアは結構大変。
流れとしてはチェーンアジャスターを外して、アクスルシャフトを抜いたら、チェーンを外しつつ車体からホイールを抜く。なんだけど、そのままだと車体に干渉してホイールが抜けないのよ。

最初にチェーンアジャスターを外そう。スイングアームエンド部分にある10mmと12mmのダブルナットを緩めるよ。

そしたらフロント同様にアクスルシャフトを外そう。

チェーンアジャスターを外すよ

チェーンアジャスターを外すよ

リアアクスルを外すよ

リアアクスルを外すよ

ここまでは簡単なんだけど、問題はホイールを車体から抜く時。自分のスーパーカブ90だとこの時点でドリブンスプロケットとハブが外れるので、車体から抜くだけなんだけどハンターカブはわりとしっかりとドリブンスプロケットがはまってるのよね。

なので、ドリブンスプロケットから優しくチェーンを外して、それからホイールを抜く感じ。なんだけど、慣れてないせいか意外とチェーンが外れなくて四苦八苦した。
どうにも自由度がないので、バルブコアを外して空気を抜いてみたら、ちょっとだけやりやすくなった。

そのままだと抜けない

そのままだと抜けない

バルブコアを外して空気を抜いてみる

バルブコアを外して空気を抜いてみる

仕方ないのでスイングアームリフトスタンドで車体を傾けて、地面との隙間を作ったらなんとか抜けた。
自分はこういう時にスイングアームリフトスタンドを使うけど、傾けると安定性は悪くなるので転倒にはくれぐれも注意してね。

 

リアホイールはタイヤ交換作業の前に、ドリブンスプロケットを外しておこう。

ドリブンスプロケットを外すと、ハブにはまってるハブダンパーが露出する。ひょうたんみたいなゴムパーツね。
作業中にハブダンパーが落ちたりしがちなので、ハブダンパーの向きを忘れないようにね。

タイヤの取外し

お次は、外したホイールから古いタイヤを外そう。
ホイールが傷つかないよう、基本的に井桁の上で作業するよ。

まずは虫回しでバルブコアを外しておこう。その時に空気と一緒にバルブコアが飛んでいかないよう、注意してね。
バルブコアの予備をあらかじめ工具箱に入れておくというのも良いよ。劣化してのに気づいてから買いに行くのはめんどくさいからね。
次にバルブ付け根の固定ナットを外そう。工具サイズは10mm。

虫回しでバルブコアを外すよ

虫回しでバルブコアを外すよ

10mmの工具でナットを外そう

10mmの工具でナットを外そう

タイヤをぐいぐい握って、ビードを落としておこう。ビードってのはタイヤの縁でリム部分にはまってるのよ。そのはめ合いを外すのがビード落とし。
でっかいバイクだと人間の力ではビード落ちないけど、カブ系ならポコポコ外れてって気持ち良い。

そしたらタイヤレバーでタイヤ外し。結束バンドでのタイヤ交換と言っても、ここは失敗するとチューブ破れるから細心の注意をはらって優しくいこう。

作業の難易度としては、リアタイヤを抜く時と、古いタイヤを外す時の二ヵ所が気を遣う二大ポイント。
コツとして、タイヤレバーを倒しすぎないこと。90度まで起こしたらそれ以上倒さないようにすると良いらしい。

手でビードを落とすよ

手でビードを落とすよ

そしたらタイヤレバーでタイヤを外そう。チューブを破らないようにね

そしたらタイヤレバーでタイヤを外そう。チューブを破らないようにね

片側が外れたら、ここでチューブを引っこ抜いちゃおう。空気抜けてれば割と簡単に引っ張り出すことができるよ。
チューブがなければこっちのもの。反対側はリムを傷つけない程度にサクサク外そう。

チューブを丁寧に引っ張り出すよ

チューブを丁寧に引っ張り出すよ

無事チューブを取り出し。あとはリムからタイヤを外せばOK

無事チューブを取り出し。あとはリムからタイヤを外せばOK

タイヤを外す時にチューブを破ってるといけないので、外したチューブにバルブコアを取り付けて空気を入れてチェックしておこう。もし破れてたら、修理するかもしくは新品チューブに。

結束バンドでタイヤを取り付け

タイヤを無事に外すことが出来たら後は簡単。結束バンドでアナキーストリートを装着するんだけど、そのまえに下準備。

装着前にリムバンドを外して、リムの清掃。
もしリムバンドがダメージを受けていたら新品に交換しておこう。

自分の場合は、リムバンドじゃなくリムテープを愛用してる。
これはオフロードで使われる、リムバンドのかわりになる厚手のテープ。

リムバンドはそこまでダメージなかったので、個人的にリムテープのが信頼してるので置き換えておくよ。
スポークがチューブに直接接触しないよう、リムテープを張り込むだけ。

リムテープをうまく貼ることが出来たら、バルブを通すための穴を作ろう。
作業は簡単。適当なドライバーをぶっ刺して、バルブ穴の縁にグリグリと回すように押し付けるだけ。
くるっと綺麗に丸い穴が開くよ。

バルブを出すための穴を、ドライバーをぶっ刺してぐりぐりして開けるよ

バルブを出すための穴を、ドライバーをぶっ刺してぐりぐりして開けるよ

綺麗にあけれた

綺麗にあけれた

リムのメンテナンスが終わったらアナキーストリートの登場。17インチの2.75でTT。ばっちりですな。

そうそう、アナキーストリートはフロントに付ける場合とリアに付ける場合で取り付け方向が逆になるのよ。

向きを確認したら、装着に入るよ。

まずはチューブをアナキーストリートに入れよう。その際にねじれないようにね。

そしたら結束バンド(リピートタイ)でぎゅっと締めていくよ。
注意点としては、チューブが飛び出さないようにね。

チューブがはみ出さないように結束バンドをつけていって、今回はこんな感じ。
自分は、どこにもチューブが飛び出さないように、こんな感じにしてるけど、実際もっと結束バンドの本数少なくても行ける気がする。

装着前にビードクリームを塗っておこう。普通はビード部分、つまりタイヤの縁に塗るんだけど、結束バンドタイヤ交換の場合は正直なくてもなんとかなる。
あと、塗るときはビードだけじゃなく結束バンドにも塗った方が効果ある気がする。

次に、チューブのバルブコアを抜いて、エアバルブプーラーを取り付けておこう。
バルブ穴を通過してバルブに締結ね。
これをしておくとバルブを通すのがすごく楽になるよ。バルブを見失わなくなるというか。

そしたらバルブ部分からはめていくだけ。

体全体を使って、ホイールに負荷がかからないようゆっくり丁寧にね。
夏場だったり、ビードやサイド部分が柔らかいタイヤならこのまま手ではめれるよ。

作業をした日は気温20度程度だったので、手だけではちょっとしんどかった。
手だけで簡単に入らないということは、それだけサイドの剛性が高いという気もするので、それはそれで嬉しいけどね。装着後の走りが頼もしい。

手ではめきれなかったら、最後はタイヤレバーで優しく入れていくよ。
タイヤレバーを入れる時は、チューブが飛び出してないか注意してね。

無事にタイヤが装着出来たら、結束バンドを抜いていくよ。
結束バンドってギザギザがついてるので、あんまり勢いよく抜くとチューブやリムに良くない気がするので、優しくね。

結束バンドを全部外したら、バルブの位置がリムに対して垂直になるように位置調整して、ナットを締めておこう。

そしたらバルブコアを戻すよ。

車体に取り付ける前に、一度空気を入れてチェックしておくよ。今まで何度も結束バンドタイヤ交換でチューブを破ったことは一度もないんだけど、でも一応念のため、

あとは車体に取り付けて完成。

タイヤの向きをチェック。前輪はちゃんとフロントの矢印が前に向いてる。

後輪もちゃんとリアの矢印が前に向いてる。

まとめ

カブのタイヤ交換で、チューブを破るのが心配な人には、結束バンドタイヤ交換凄くオススメですよ。スーパーカブ90も含めると5-6回タイヤ交換してるけど、失敗知らず。昔は、予備チューブを何本も用意してたことを思うと、便利すぎてたまらない。ぜひリピートタイで快適なタイヤ交換ライフを。

作業の手順は動画でも公開中

画像ギャラリー (49枚)

この記事にいいねする

 
今回紹介した製品はこちら
         
コメント一覧
  1. あま より:

    タイラップを巻くなんて、そんなクソめんどくさい事やらなくても、チューブに少し空気をいれてチューブ全体にビードクリームもしくはシリコンスプレーを塗りたくれば捻じれずにタイヤに入って、タイヤレバーでチューブを咬むこともなくなるのに。

コメントをもっと見る
コメントを残す

 
今回紹介したブランドはこちら
 

ホンダ CT125 ハンターカブの価格情報

ホンダ CT125 ハンターカブ

ホンダ CT125 ハンターカブ

新車 472

価格種別

中古車 116

本体

価格帯 40.6~58.29万円

45.84万円

諸費用

価格帯 2.9~3.72万円

3.07万円

本体価格

諸費用

本体

37.69万円

価格帯 30.85~44.94万円

諸費用

3.36万円

価格帯 3.22~3.59万円


乗り出し価格

価格帯 43.5~62.01万円

48.92万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

41.05万円

価格帯 34.44~48.16万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す