ライダーになったらバイクいじりも楽しいもの。でもまったくの初心者だと“ここをイジっていいの?”、“どうやってやればいいかサッパリ…”なんてことが多いだろう。今回は消耗品の中でも比較的交換頻度の高い、“スパークプラグ”の交換方法について触れる。

レッツ!スパークプラグ交換

まずは一般的なスパークプラグ交換の手順を紹介する。スパークプラグ交換にあたり、周辺パーツの着脱が手間になる車種もあるので注意しよう。

【01】スパークプラグにアクセスする

スパークプラグは、シリンダーヘッドにセットされていて、一部のマシンは何もパーツを外さなくてもアクセスできる。しかし多くはガソリンタンクを外さなければならない。

【02】プラグコードを抜く

プラグに大電流を送るプラグコードを抜く。その際、先端を持って引き抜くこと。コードを持つと断線するリスクがあるからだ。できればプラグホール周辺のホコリなどを飛ばすため、スパークプラグを外す前にエアブローするといい。

→全文を読む

情報提供元 [ タンデムスタイル ]

この記事にいいねする


コメントを残す