ステアリングステムベアリングのコンディションはバイクのハンドリングに大きな影響を与える重要な要素です。レースに小さな打痕がつくだけで違和感が生じるため交換が必要ですが、ボールベアリングとテーパーローラーベアリングでは必要な工具が異なる場合があります。テーパーローラーベアリング車の場合、ひとつの工具がないだけで作業がストップすることもあります。

ヘッドパイプに圧入されたレースの内径で打ち抜き時の難易度が変わる

20230123mente01

ハンドルやメーター、トップブリッジを取り外して、トップスレッドナットを取り外すとアッパーベアリングを確認できる。ここに至るまでに、慣性重量の大きなフロントタイヤやフロントフォークなど取り外すことでステムナットのコンディションがより把握しやすくなる。ベアリングレースの打痕が直ることはないが、転倒時のショックなどでトップスレッドが緩み、ベアリングに掛かるプリロードが弱くなってガタが出ることもある。その場合はトップスレッドの増し締めによって違和感がなくなる場合もある。

 

20230123mente03

テーパーローラーが強く押し当てられることでアウターレースが凹んで打痕となる。テーパーローラーがこの部分を乗り越える時に引っかかり、スムーズなハンドル操作を妨げる原因となる。グリス切れによってレースが腐食してもローラーが引っかかるので、転倒などの外因がなくても日常のメンテナンスは重要。

 

20230123mente04

こちらはボールベアリングのアウターレース。外径と内径の差が大きいためヘッドパイプの内側にツバが飛び出し、裏側に鉄パイプやタガネが引っかかりやすい。一カ所を集中的に叩くとレースが傾いてヘッドパイプに食い込むので、円周上をまんべんなく叩くこと。

 

微妙なバランスを取るために、コーナリング時だけでなく真っ直ぐ走行している時にもステアリングは左右に動いています。そのため、転倒や衝撃などでベアリングがダメージを負うと特定のハンドル角度で引っかかり感が出るなどハンドリングに悪影響が生じます。

ステアリングステムベアリングには鋼球使ったボールベアリングと、円錐形のコロを使ったテーパーローラーベアリングの2種類があり、どちらもフレームのヘッドパイプ上下にアウターレースを圧入し、ステムシャフトに付くインナーレースとの間にボールかテーパーローラーを挟み込んだ状態で使用します。

ステムベアリングのダメージの代表例はアウター/インナーレースの打痕です。2つのレースとボールまたはテーパーローラーは適正なクリアランスを設定することでスムーズに作動しています。しかし転倒やウイリーのやり過ぎなどでフロントフォークに過大な力が加わることでロアブラケットを通じてステムシャフトがこじられると、レースとボールが斜め方向に働く強い力でボールやテーパーローラーがレース押しつけられて凹みが生じ、ステアリングを左右に切る時に引っかかり違和感につながります。

一度打痕が付いたレースは自然に直らないので交換しなくてはなりません。そしてステムベアリングはフレームやステムシャフトに圧入されているため、ハンマーによる打撃力が必要です。ここがボルトナットで固定された部品を着脱する一般的なメンテ作業との大きな違いとなります。

フレームのヘッドパイプに圧入されたアウターレースを抜く時は、上側のレースはヘッドパイプ下側から、下側のレースはヘッドパイプ上側から、充分な強度のある鉄パイプや鉄棒などを差し込み、ヘッドパイプ内側に出っ張ったアウターレースの内径を狙って複数ポイントを均等に叩いていきます。一カ所を集中的に叩くとヘッドパイプ内でレースが傾いて食い込み、ヘッドパイプに傷を付けてしまうので注意が必要です。

そしてアウターレース抜き取りの難易度はベアリングのタイプによって異なり、テーパーローラーベアリングの方がボールベアリングより難しい傾向にあります。その理由はレース内径の違いです。

ボールベアリングはレース面をボールが転がるため外径と内径の差が大きく、内径はヘッドパイプの内側に大きく飛び出すため、レースを叩く鉄パイプや鉄棒が引っかかりやすくなります。一方でテーパーローラーベアリングはテーパーローラーの転がり面が斜面上にあるため、外径と内径の差がボールベアリングのレースに比べて少なく、ヘッドパイプ内側に露出するツバも少なくなるため、工具が引っかかりづらいのです。

アウターレースを叩き抜くための工具を掛けやすいよう、ヘッドパイプ内側に切り欠きが設けてある機種もありますが、ツバの量が鉄パイプやタガネが空振りしてしまうほど少ない場合はお手上げです。

 

POINT

  • ポイント1・転倒や衝撃などでフロントフォークからステムシャフトに大きな力が加わると、ステアリングステムベアリングがこじられてアウターレースに打痕が付く
  • ポイント2・フレームのヘッドパイプに圧入されたステムベアリングのアウターレースを取り外す際、テーパーローラーベアリングは打ち抜き工具が掛かりづらいことが多い

専用工具のレースリムーバーがあればテーパーローラーベアリングの抜き取りが楽になる

20230123mente05

ヘッドパイプにステムベアリングレースリムーバーを挿入し、先端の爪がアウターレースに引っかかっていることを確認してボルトを回し、2分割構造の本体をアウターレースに押しつける。

 

20230123mente06

ヘッドパイプの反対側から鉄パイプなどを差し込み、レースリムーバー自体を叩く。アウターレースに対する爪の食いつきが甘く、叩くと同時に外れてしまう時には、先端がクサビ状になったタガネなどをリムーバーの隙間に挿入し、叩く力がリムーバー自体を押し広げるようにすると良い。

 

20230123mente07

ステムベアリングレースリムーバー先端の爪がアウターレース内径に引っかかっている様子がよく分かる画像。ヘッドパイプ内部に飛び出すツバの量が少ないと鉄パイプやタガネが引っかからず空振りすることも多いが、全周に渡って掛かる爪なら確実に捉えることができる。

 

20230123mente08

テーパーローラーベアリングのアウターレースは外径に対して内径が大きい。つまりヘッドパイプ内部に飛び出すツバの量が少なくなるため、叩き抜くための工具が掛かりづらい。ステムベアリングレースリムーバーを使わないと抜けない場合、ハンドル周りをせっかくすべて取り外してもそれ以上作業が進められず、打痕付きのレースを目前に泣く泣く復元するか、リムーバーを入手するまでフロント周りを分解したまま待つ羽目になってしまう。

 

20230123mente09

ボールベアリングのアウターレース(中央の2個)は外径に対して内径が小さく、ヘッドパイプに圧入した際に内部に飛び出すツバの量が多くなる。従って鉄パイプやタガネなどの汎用工具でも引っかかりやすく、叩き抜きやすい。

 

20230123mente010

打痕の付いたアウターレースを無事に抜き取り新品部品を圧入する際も、レースが傾かないよう確認しながら作業を進める。最初からベアリングインストーラーを使うとレースの傾きに気づきづらいこともあるので、レースの状態が見えるようタガネなどを当ててハンマーで叩く。

 

20230123mente011

ヘッドパイプに倣って傾かず入り口部分から圧入できたら、途中からはインストーラーを使っても良い。アウターレースの底面がヘッドパイプに当たると、ハンマーを叩く音が甲高くなるので、音の変化を聞き逃さないように注意しよう。

 

ヘッドパイプ内径とアウターレース内径の差が小さく、手近にある道具や工具では抜きづらいテーパーローラーベアリングのアウターレース取り外しに役立つのが、ステムベアリングレースリムーバーです。

この工具は2分割された円柱の間隔をボルトで調節し、先端の爪をアウターレースの僅かなツバに引っ掛けることで固定、ステムパイプの反対側から鉄の棒などを挿入してリムーバー自体を打撃することでアウターレースを叩き抜きます。

アウターレース内径のツバの出っ張りが少なくても、ほぼ全周に爪が引っかかるレースリムバーであればピンポイントでしか当たらない鉄パイプやタガネに比べて打撃力の効率が高まります。二分割の爪をボルトで拡張することでレース内径に押しつけることで、打撃時の工具外れを防止でき、これも打撃力を確実に伝達するのに役立ちます。

ここではカワサキW650でアウターレース取り外しを実践しましたが、リムーバーの爪がアウターレース内径をしっかり捉えて、打撃力が逃げることなく容易に抜き取ることができました。爪の掛かりが浅いと感じられる場合は、打撃力によって爪が拡張するよう爪の隙間にクサビ(サイズの大きなタガネ)を挿入すると良いでしょう。

鉄パイプやタガネが引っかかるタイプのアウターレースでも、レース全周に爪が掛かることで抜き取り時に傾きづらいメリットもあります。ボールベアリングのアウターレース内径はテーパーローラーベアリングに比べて小さい傾向にありますが、工具ショップショップのストレートには対応内径が異なる2種類のリムーバーをラインナップしています。

ただ、一部に存在するアウターレース内径よりヘッドパイプ内径の方が小さい機種では、爪が掛からないためリムーバーは使えません。その場合、バイクショップの中にはテーパーローラーの転がり面に鉄の端材を溶接し、ヘッドパイプの反対側から端材を叩くというテクニックを使うこともあります。そのためには溶接機やそれを使いこなす技術も必要ですが、圧入されたアウターレースをどうしても直接叩けない時には、こうした応用ワザが必要になることも覚えておくと良いでしょう。

 

POINT

  • ポイント1・円柱状の外周に周状の爪を付けたステムベアリングレースリムーバーがあればツバの少ないテーパーローラーベアリングも抜き取りやすい
  • ポイント2・リムーバーの爪が外れる時は本体の隙間にクサビを打ち込み外側に開く力を加えながら叩くと良い

この記事にいいねする

コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら