絶版車や旧車と付き合う上でもっとも厄介な鉄サビ。素材の表面を塗装で保護してもいつの間にか進行するサビを止めるために開発されたのが、水性のサビ転換塗料である「サビキラープロ」だ。常識を覆す画期的な塗料が誕生した経緯やメリットについてレポートする。

●文/写真:モトメカニック編集部(栗田晃) ●外部リンク:株式会社BAN-ZI

「水性だからサビと反応しやすい」という驚きの発想!

空気と水があるかぎり、物質の酸化は避けられない。金属の場合は酸化=サビとなる。塗装やメッキといった表面処理を施しても、年月が経過することで素材表面でサビが進行して塗膜やメッキを浮き上がらせるのはご存じの通り。

サビの処理は“落とす”か“止める”に大別される。サビを止めるのがサビ転換剤の仕事だが、この世界で常識を覆す製品開発を行ってきたのがBAN-ZI(バンジ)である。塗料業界ではなく建築業界からサビ対策の需要性に着目した同社は、既存の油性ではなく水性のサビ転換剤を独自に研究。油性塗料には塗膜が強く金属との密着性が良い利点がある一方で、有機溶剤特有の匂いや引火性があり、サビ以外の塗装面に密着しないという弱点もあった。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

この記事にいいねする

コメントを残す